吉川版『三国志』の考察 第238話 「草喰わぬ馬(くさくわぬうま)」

馬忠(ばちゅう)に捕らえられた関羽(かんう)は、同じく朱然(しゅぜん)や潘璋(はんしょう)に捕らえられた関平(かんぺい)ともども孫権(そんけん)の前に引き据えられる。

孫権は降伏を勧めるが、あくまでふたりはこれを拒み、ついに並んで首をはねられた。馬忠は褒美として関羽の愛馬たる「赤兎馬(せきとば)」を与えられたものの、喜びもつかの間、赤兎馬は草を喰わず、水も飲まなくなってしまう……。

第238話の展開とポイント

(01)麦城(ばくじょう)の城外 孫権(そんけん)の本営

関平(かんぺい)も父の姿を捜し求めているうち、朱然(しゅぜん)や潘璋(はんしょう)の軍勢に生け捕られる。そして、荒縄を掛けられ孫権の陣へ引かれていく間も父の名を叫び、無念無念と繰り返していた。

翌日、孫権は早暁に帳(とばり)を出て馬忠(ばちゅう)に関羽(かんう)を引かせ、すがすがしげに眺めて言う。

「わしはかねてより将軍(しょうぐん)を慕い、将軍の娘をわが子息へ迎えようとすらしたことがある。なぜ足下(きみ)は、あの時わが懇志を退けられたか?」

このあたりのことについては先の第225話(03)を参照。

関羽は黙然たるのみ。孫権は語を続ける。

「将軍は常に天下無敵の人と思っていたが、なぜ今日わが軍の手に捕らわれたのか? われに降って呉(ご)に仕えよと、天がご辺(きみ)に諭しているものと思われる」

関羽は静かに眸(ひとみ)を向け、容(かたち)を正す。

「思い上がるをやめよ、碧眼(へきがん)の小児、紫髯(しぜん)の鼠輩(そはい)。まず聞け、真の将の言葉を」

そしてこう言った。

「劉皇叔(りゅうこうしゅく。天子〈てんし〉の叔父にあたる劉備〈りゅうび〉)とこの方とは、桃園に義を結んで天下の清掃を志し、以来、百戦の中にも百難の間にも、疑うとか背くなどということは夢寐(むび)にも知らぬ仲である」

「桃園の義」については先の第9話(01)を参照。

「今日、誤って呉の計に陥ち、たとえ一命を失うとも、九泉(あの世)の下、なお桃園の誓いあり。九天(高い天)の上、なお関羽の霊はある。汝(なんじ)ら呉の逆賊どもを滅ぼさずにおくべきか。降伏せよなどとは笑止笑止。はや首を打て」

それきり口をつぐみ、再び物を言わない。さながら巌(いわお)を前に置いているようだ。孫権は左右を顧みてささやく。

「一代の英雄をわしは惜しむ。何とかならんか?」

すると、主簿(しゅぼ)の左咸(さかん)が意見した。

「おやめなさい、おやめなさい。むかし曹操(そうそう)もこの人を得て、3日に小宴、5日に大宴を催し、栄誉には『寿亭侯(じゅていこう)』の爵を与え、煩悩には10人の美女を贈り、日夜機嫌を取って引き留めたものでした」

「ですがついにその下に留まらず、五関の大将を斬り、玄徳(げんとく。劉備のあざな)のそばへ帰ってしまった例もあるではありませんか」

たびたび曹操が関羽のために宴会を開いたことについては、先の第99話(07)を参照。

「『寿亭侯』の爵」については、先の第104話(01)を参照。

曹操が関羽に10人の美女を贈ったことについては、先の第99話(07)を参照。

関羽が(曹操配下の)五関の大将を斬ったことについては、先の第108話を参照。

孫権は言葉もない。左咸は続けた。

「失礼ですがあの曹操にしてすらそうでした。いわんや呉の国へどうして居着くものですか。苦杯をなめた曹操も後に大きな悔いを抱きました。いま彼を殺さなければ、後には呉の大害になるに決まっています」

なお孫権は唇を結びしばらく鼻腔(びこう)で息をしていたが、やがて席を突っ立つや否や、われにも覚えぬような大声で言った。

「斬れっ。斬るのだっ! それっ、関羽を押し出せ!」

武士たちは固まり合い、関羽を陣庭の広場まで引き立てる。そして、養子の関平と並べてその首を打ち落とした。

時は建安(けんあん)24(219)年の10月。この日、晩秋の雲は低く麦城の野を覆い、雨とも霧ともつかぬ濛気(もうき)が冷ややかに立ち込めた。

井波版『三国志演義』(第77回)では「建安24(219)年の冬12月」とある。

孫権は馬忠への褒美として、関羽が乗っていた「赤兎馬(せきとば)」を与える。また潘璋には、これも関羽の遺物(かたみ)となった「青龍の偃月刀(えんげつとう)」を与えた。

「名将にあやかりたい」は誰もの心理とみえ、敵人ながら関羽の遺物は、片袖(かたそで)やひと筋の紐(ひも)まで呉の将士に欲しがられた。

そういう意味で、馬忠はみなから羨望(せんぼう)の的になったが、4、5日もするとひどく悄気(しょげ)てしまう。拝領の赤兎馬は、関羽の死んだ日から草を喰(く)わなくなった。

秋日の下に引き出し、いかに香しい飼料をやっても、水辺にのぞかせても、首を振っては悲しげに麦城のほうへ向かっていななくのみ。

麦城には、まだ100余人が籠城(ろうじょう)していた。しかしその後、呉軍が迫ると、すでに王甫(おうほ)も関羽の死を知ったとみえ、櫓(やぐら)の上から飛び降りて死ぬ。関羽の片腕と言われた周倉(しゅうそう)も自ら首を刎(は)ねて憤死した。

(02)関羽の死後に語られたうわさ

関羽の死後にはいろいろな不思議が伝えられた。彼の武徳と民望が、深く惜しみ嘆く庶民の口々に醸され、いつか神秘を加えて説話を作り、それが巷(ちまた)に語られるのだろう。とにかく種々(くさぐさ)なうわさが生まれた。

荊州(けいしゅう)の玉泉山(ぎょくせんざん)に「普静(ふじょう)」という一老僧がいる。彼はもとシ水関(しすいかん。氵+巳)の鎮国寺(ちんこくじ)にいた僧で、関羽とは若い時代から知っていた師であり心友だったという。

関羽と普静(普浄)とのつながりについては、先の第108話(04)を参照。なお、そこでは「シ水関」ではなく「沂水関(ぎすいかん)」、また「普静」ではなく「普浄」となっていた。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(『玉泉山』は)湖北省(こほくしょう)当陽県(とうようけん)西にある山。ふもとに『玉泉寺』があり、後漢(ごかん)の建安年間(196~220年)に創建されたという言い伝えがある」という。

近ごろこの普静和尚(おしょう)が、月の白い晩に庵(いおり)の中でひとり寂坐(じゃくざ)していると、空中から自分を呼ぶ声がする。そして「還我頭来(わがくびをかえしきたれ)。還我頭来」と、二度まで明らかに聞こえた。

仰いで見ると、雲間に関羽の顔がありありと現れ、右に周倉、左に関平、そのほかの将士も従っている。

普静は声を上げて尋ねた。

「雲長(うんちょう。関羽のあざな)、いまどこにあるか?」

すると空中の声は、いとも無念そうに答えた。

「呂蒙(りょもう)の奸計(かんけい)に陥ち呉の殺に遭えり。和尚、わが首を求めてわが霊を震わしめよ」

普静は庭に出て言った。

「将軍。何ぞそれ迷うの愚を悟らざるか? 将軍が今日まで歩み経てきた山野の跡には、将軍と恨みを等しゅうする白骨が累々とあるではないか? 桃園の事はすでに終わる。今は瞑(めい)して九泉に安んじて可なりである。喝!」

払子(ほっす)で月を搏(う)つと、たちまち関羽の影は霧のように消え失せてしまった。

しかし、その後も月の夜や雨の夜に庵を叩(たた)き、「師の坊。高教(おしえ)を垂れよ」と、たびたび人の声がする。玉泉山の郷人(さとびと)たちは相談して一宇の廟(びょう)を建て、関羽の霊を慰めたという。

井波版『三国志演義』(第77回)では、玉泉山で霊験を現し、住民を庇護(ひご)するようになった関羽の徳に感謝して土地の者が山頂に廟を建立。春夏秋冬に祭祀を執り行ったとある。

また孫権は、荊州戦の後に大宴を開き将士をねぎらった。ところが呂蒙の姿が見えない。使いを遣ると恐縮した呂蒙がすぐに来た。

孫権は杯(さかずき)を挙げ、彼を称えながらその杯を取らせる。だが、呂蒙はやにわに杯をなげうつと、孫権をにらみつけて大喝した。

「碧眼の小児、紫髯の鼠賊(そぞく)。思い上がるをやめよ!」

ここでは「紫髯の鼠賊」とあり、この第238話(01)の関羽の言葉(紫髯の鼠輩)と微妙に異なっている。

満座の人々は総立ちになり、呂蒙をほかへ連れていこうとする。しかし、呂蒙は恐ろしい力で振り放ち、驚き騒ぐ人々を踏みつけると、ついに上座を奪ってしまう。さらに物の怪(け)に憑(つ)かれた目を怒らし、吠(ほ)ゆるがごとく言った。

「われ、戦場を縦横すること30年。いったん汝らの偽りに落ちて命を失うとも、必ず霊は蜀軍(しょくぐん)の上にあり、呉を滅ぼさずにはおかん。かく言うわれは、すなわち漢(かん)の寿亭侯関羽である」

孫権も諸人もみな震え上がり、別の閣へ逃げてしまった。それでも、灯(ひ)が消えて真っ暗になったそこから呂蒙は出てこなかった。後で諸人がそっと灯をともして行ってみると、彼は自分の髪の毛をつかんで悶(もだ)え死んでいた。

これも当時、流布された巷の話のひとつである。もとより真相に遠いことは言うまでもなかろう。けれど荊州占領の後、幾ばくもなくして呂蒙が病で世を去ったことだけは事実だった。

管理人「かぶらがわ」より

さすがに関羽が斬られると、何だかぽっかり穴の開いた感じがした第238話でした。

関羽死後の赤兎馬の話。初めて触れたときには、人と馬とのつながりを超えたものがあっていい話だなぁとなりますけど……。こう振り返ってみるとやはり疑問も出てきます。「いったい赤兎馬は何歳なの?」というような。

このあたりのことは、北方版『三国志』ではうまく解決されていたと思います。

北方版『三国志』については参考文献でご確認ください。

ここで語られていたうわさのほうも同様で、「何で呂蒙だけ悪役にされるかなぁ」と、一方的な関羽への思い入れだけを持てないのです。みな武勇と知恵の限りを尽くして戦い計り合う。これは、あくまでその結果なのですから……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】