吉川『三国志』の考察 第057話 「小覇王(しょうはおう)」

神亭山(しんていざん)における一騎討ちでは劉繇(りゅうよう)配下の太史慈(たいしじ)と引き分けた孫策(そんさく)だったが、別動部隊を使い劉繇の本拠である霊陵城(れいりょうじょう)を攻略する。

さらに孫策は追撃の手を緩めようとせず、劉繇はわずかな残兵とともに荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を頼って落ちていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第057話の展開とポイント

(01)神亭山(しんていざん)の南 劉繇(りゅうよう)の本営

劉繇の陣前まで攻め寄せた孫策(そんさく)だったが、昨日の一騎討ちで奪われた兜(かぶと)をさらされ太史慈(たいしじ)に笑い返されると、勝負をつけようと馬を躍らせかける。

それを制した程普(ていふ)が太史慈に向かっていく。ところが、まだ戦(いくさ)がたけなわともならないうち、劉繇がにわかに退却を命ずる。

太史慈が引き揚げてきて不満を述べると、劉繇は苦々しげに、孫策軍に本城の霊陵城(れいりょうじょう)を攻め取られたことを話す。

霊陵城については先の第55話(03)を参照。

劉繇は狼狽(ろうばい)し、一夜のうちに陣を引き払い秣陵(まつりょう)へ退こうとする。しかし、途中で露営していたところを孫策軍に夜襲され、ここでも散々に打ちのめされた。

(02)薛礼城(せつれいじょう)

敗走した劉繇軍の一部は薛礼城へ逃げ込み、孫策は城を包囲する。だが、この間に劉繇が手薄の牛渚(ぎゅうしょ)へ攻め寄せたとの知らせを受けると、ただちに駒を返して劉繇軍の側面を突く。

ここで出てきた薛礼城というのがよくわからず。どこにあった城なのだろうか?

なお『三国志演義(1)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第15回)では、陳武が内応して周瑜を曲阿へ迎え入れた後、劉繇が太史慈に「速やかに秣陵へ行き、薛礼や笮融(さくゆう)の軍勢と合流して急ぎ曲阿の救援に向かうのだ」と言っていた。

ここは人名の薛礼を地名と勘違いされた可能性があるのかも? 吉川『三国志』では薛礼を人名として扱っていないように見えるので……。

(03)牛渚

孫策は捨て鉢になってかかってきた于糜(うび。于麋)を生け捕り、鞍(くら)の脇(わき)に抱え悠々と引き揚げる。それを見た劉繇配下の樊能(はんのう)が追ってくると、抱えていた于糜の体を締めつけて殺し、その死体を投げつけた。

孫策は落馬した樊能を馬上から槍で突き殺すと、于糜の胸板にもとどめを与え、さっさと味方の陣へ入ってしまった。

最後の一策として試みた奇襲が惨敗に帰し、頼みとしていた于糜と樊能の二将まで目の前で殺されてしまったため、気落ちした劉繇はわずかな残兵を連れ荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)のもとへ落ちていった。

それでも、大藩である劉繇の部下には降伏を潔しとせず、秣陵城を目指して落ち合い、そこで玉砕を誓った者もいた。張英(ちょうえい)や陳横(ちんおう)などの輩(ともがら)だ。長江(ちょうこう)沿岸の敗残兵を掃討しながら、やがて孫策は秣陵に迫る。

(04)秣陵城

張英は、攻め寄せた敵勢の中に孫策の姿を見つけると、あわただしく一矢を放つ。矢は狙いたがわず左腿(ひだりもも)に当たった。落馬した孫策は起き上がらず、大勢の兵が担ぎ上げ味方の中に隠れ込む。

井波『三国志演義(1)』(第15回)では「城から不意に闇矢が放たれ……」とだけあり、この矢を放ったのが張英であるとは断定していない。

その夜、孫策軍は急に5里(り)ほど陣を退き、随所に弔旗を垂らしていた。陣中では、孫策が急所に受けた矢傷のため息を引き取った、などとささやかれ、城中から探りに来ていた細作(さいさく。間者)はさっそく張英に知らせた。

念のため陳横のほうからも物見を放ってみると、物見はその朝、付近の部落民が恐ろしく頑丈な柩(ひつぎ)を、大勢で重そうに陣門に担ぎ込んでいくのを見た。この報告を受けた張英と陳横は孫策の死を確信する。

(05)秣陵の郊外

ある夜、孫策の葬列が出たことを知った張英と陳横は、突如として烽火(のろし)を打ち上げ葬列を不意討ちした。

ところが孫策は生きており、整然たる陣容の前にたちまち撃退されてしまう。しかも、ほとんど空にしてきた秣陵城もすでに攻め落とされているという。

張英は孫策の姿を見て逃げかけたが、追いつかれ討ち取られる。同じく陳横も討たれてしまった。

陳横については、孫策に討たれたのかイマイチはっきりしない。なお井波『三国志演義(1)』(第15回)では、張英は陳武の槍で、陳横は蔣欽(しょうきん)の矢で、それぞれ討ち取られたとある。また、薛礼は乱軍の中で命を落としたともあった。

(06)秣陵城

こうして孫策は秣陵城に入ると、即日、法令を出して人民を安んずる。そして秣陵に味方の一部を残すと、ただちに涇県(けいけん)へと攻め入った。

このころから孫策の勇名は一時に高くなり、人々はみな江東(こうとう)の孫郎(そんろう)と称えたり、小覇王(しょうはおう)と唱えて敬い恐れた。

この記事の主要テキストとして用いている新潮文庫の註解(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉氏)によると「覇王は、楚漢(そかん)戦争において高祖(こうそ)劉邦(りゅうほう)と争い、西楚(せいそ)の覇王と称された項羽(こうう)のこと。(小覇王は)出身をともにする覇王項羽に次ぐものという意味」とある。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (03) 草莽の巻
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました