吉川『三国志』の考察 第016話 「故園(こえん)」

代州(だいしゅう)の劉恢(りゅうかい)の屋敷を出た劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)の3人は、しばらく別れて身をかくすことにした。

劉備は楼桑村(ろうそうそん)の実家に帰ったものの、気丈な母から意外な叱責を受ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第016話の展開とポイント

(01)代州(だいしゅう) 劉恢邸(りゅうかいてい)

翌日、劉備(りゅうび)らは劉恢邸から去ることになる。

劉恢の厚意により、ここへ来たとき連れていた20人の兵や下僕(しもべ)たちは預かってもらえることになった。そのうえで劉備・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)の3人は思い思いに別れ、一時、身を隠すことにした。

(02)州境の道標

劉備はひとまず郷里の涿県(たくけん)へ行くと言い、8月にこの五台山(ごだいさん)下での再会を約束すると、関羽と張飛もそれぞれ三方の道へと別れていった。

(03)涿県 楼桑村(ろうそうそん) 劉備の家

数年ぶりに帰ってきた劉備。母の姿を見て無沙汰を詫びるが、かえって心の弱さを叱責されてしまう。劉備は母の叱咤(しった)激励を受けて気持ちを入れ替え、ひと晩だけ実家に泊まることを許された。

ここで母が「もうそなたも30に近い男児」と言っていた。先の第1話(01)から3、4年ほど経ったことをうかがわせるが、いまだ西暦などで言うところの何年の設定なのかはっきりしない。

管理人「かぶらがわ」より

この第16話はつなぎ的な役割のようです。劉備の母さんも苦労続きのわりには意外と元気。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(01) 桃園の巻 吉川『三国志』
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました