吉川版『三国志』の考察 第225話 「漢中王に昇る(かんちゅうおうにのぼる)」

【この記事をシェアする】

曹操軍(そうそうぐん)を漢中から退けた劉備(りゅうび)の版図は、今や一大強国と呼ぶにふさわしい広さとなる。

そこで諸葛亮(しょかつりょう)を始めとする群臣は、劉備に「漢中王」の位に即くよう繰り返し勧めるが、なかなかよい返事がもらえない。しかしついに劉備も覚悟を固め……。

第225話の展開とポイント

(01)漢中(かんちゅう)

魏(ぎ)の勢力が全面的に後退したあとは、当然、蜀軍(しょくぐん)がこの地方を風靡(ふうび)した。上庸(じょうよう)も陥ち、金城(きんじょう)も降る。申耽(しんたん)や申儀(しんぎ)などの旧漢中の豪将たちも、みな降人となって出た。

劉備(りゅうび)は布告を発しよく軍民の一致を得、政治・軍事・経済の三面にわたって画期的な基礎を築いた。

こうして彼の領有は一躍、四川(しせん)や漢川(かんせん)の広大な地域をみるに至り、今や蜀というものは江南(こうなん)の呉(ご)、北方の魏に対しても断然、端倪(たんげい)すべからざる一大強国をなした。

諸葛亮(しょかつりょう)は諸臣を代表し法正(ほうせい)を伴うと、改まって劉備に目通りする。そして「漢中王」の位に即くよう勧めた。

しかし、劉備は容易に肯んじない。

いかに臣下や両川(りょうせん。東川〈とうせん〉と西川〈せいせん〉。漢中と蜀のこと)の民が望んでも、天子(てんし。献帝〈けんてい〉)から勅命がない以上は、自称し僭称(せんしょう)するものである。そういうことは私は嫌いだ、と言い、あくまで退けた。

それでも諸葛亮以下、法正・張飛(ちょうひ)・趙雲(ちょううん)もたびたび進言し、劉備の積極性を促す。ついには彼も許容することになり、文官の譙周(しょうしゅう)が表を作った。使いは許都(きょと)の天子に表を呈し、劉備が「漢中王」に即くことを正式に奏した。

建安(けんあん)24(219)年の秋7月、沔陽(べんよう)に式殿と九重の壇を築き、五色の幡旗(ばんき。旗や幟〈のぼり〉)を連ね、群臣参列のうえで即位の典は挙げられた。

同時に嫡子の劉禅(りゅうぜん)が「王太子(おうたいし)」に立てられ、許靖(きょせい)をその「太傅(たいふ)」とし、法正は「尚書令(しょうしょれい)」に任ぜられた。

この説明だと、許靖は劉禅の「太傅(つまり『太子太傅』)」に任ぜられたように見えるが、史実における許靖は「太傅」に任ぜられていた。「太傅」と「太子太傅」では善導する対象者が異なる。

軍師(ぐんし)の諸葛亮がすべての兵務を総督し、その下に関羽(かんう)・張飛・馬超(ばちょう)・黄忠(こうちゅう)・趙雲の五将をもって「五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)」となす旨も発布。魏延(ぎえん)は「漢中太守(かんちゅうのたいしゅ)」に任ぜられた。

「五虎大将軍」については、井波版『三国志演義』(第73回)では「五虎大将」となっていた。

即位後、劉備は再び表をもって、この趣を天子に奏した。先に許都へ捧げた表は諸葛亮以下、蜀臣120人が連署して奉上したものであり、後の表は劉備自身がしたためたものである。表はいずれも長文で辞句荘重を極めていた。

朝廷はその秋ただちに、劉備に対し「漢中王領大司馬(かんちゅうおう・りょうだいしば)」の印綬(いんじゅ。官印と組み紐〈ひも〉)を贈った。

劉備に(漢中王領大司馬の)印綬が贈られたいう話は解せない。曹操(そうそう)の勢力下にあった献帝に、到底このようなことができたとは思えないので……。

(02)鄴都(ぎょうと)

劉備が「漢中王」を称したと聞き、大きな衝撃を受ける曹操。

参考文献に挙げた井波版『三国志演義』の訳者注によると、「(ここで曹操が鄴都にいたというのは、)長安(ちょうあん)にいたの誤り」だという。

大議事堂に満つる群臣の中から、司馬懿(しばい)が立って諫言する。

「否とよ大王。いったんのお怒りに駆らるるは上乗にあらず。すべからく蜀の内部に衰乱の兆すを待って、大挙、軍を向けたまえ」

曹操は、それもよかろうと言うが、なお計を聴く。

司馬懿は、呉へ使いを立て、呉が荊州(けいしゅう)を攻めるなら魏は呼応して援け、また劉備の側面を突こう、と勧めるよう言う。

曹操は進言を容れ、使者として満寵(まんちょう)を選ぶ。満寵はたびたび呉へ行っており、外交官としての聞こえがあった。

(03)建業(けんぎょう)

呉の孫権(そんけん)も遠く魏蜀の大勢を眺め、呉の将来も、決して今日の安泰を明日の安泰としていられないものを自覚していた。魏使が着いたと聞くと、張昭(ちょうしょう)の意見に従い会うことにする。

満寵は、ここ数年の魏呉の戦いの結果、利を得た者は蜀の劉備だったと言う。

そして、魏王(曹操)は呉と長く唇歯の誼(よしみ)を結び、ともに劉備を討たんという意思を抱いていると伝え、携えてきた書簡を呈する。

やがて満寵は歓迎の宴から客館へ退がったが、呉宮の殿堂は深更(しんこう。深夜)まで緊張を呈していた。重臣はみな残り、孫権を中心に、魏の申し出にどう答えるかと、修好不可侵条約の求めに対して検討と評議にかかったのである。

顧雍(こよう)の説はこうだった。

「もちろん魏の大望は天下を統一して魏一国となすにあるので、これは曹操の偽りに決まっている。さればと言って明らかに申し出を拒み、魏の重圧を一方に引き受け蜀の立場を有利にさせ、呉の兵馬を消耗(実は『しょうこう』が正しい音なのだという)してはおもしろくない」

そのほか有力な呉人の国際観も、たいがい同じ見解を持っていた。要するに不和不戦。なるべく魏との正面衝突は避け、ほかをもって戦わせ、その間にいよいよ国力を充実し、立つ機会を十分にうかがうべし、という意見である。

諸葛瑾(しょかつきん)が一策を唱えた。

「ひとまず満寵はお帰しになり、改めて呉からも一使を魏に派遣されてはいかがですか? その間に別の使者を荊州へも送るのです。いま荊州の守りは例の関羽ですが、わが君より彼に書簡を遣わし、大勢を説いて呉に協力させます」

「もし彼が承知して呉に与(くみ)するなら、断然、魏を拒んで曹操と一戦をなすも、決して敗れるものではありません」

張昭が、「もし関羽が断ったら?」と尋ねると、諸葛瑾は答えた。

「その時はただちに魏の申し入れを容れ、相携えて荊州を攻め取るばかり」

さらに諸葛瑾は、協力を取り付けるため、関羽の娘を呉の世子(せいし)に迎えたいと言ってやるよう勧める。

孫権はこの案にうなずき、諸葛瑾を荊州へ遣わすことにした。一方で魏へも使いを立て、まず双方の機変を打診してみたうえで呉の態度を決めようと考えた。

翌日、孫権は満寵にしかるべき礼物と答書を与え、魏へ送り帰した。この魏の船が出ると、すぐ後から諸葛瑾の船が出た。

(04)荊州(江陵〈こうりょう〉?)

関羽は呉の使者として諸葛瑾が来たと聞くと、出迎えもせずに悠然と待って対面した。さっそく諸葛瑾は、お娘御を呉の世子に嫁がせるお心はありませんかと尋ねる。

「ないなあ、そんな気は」と、にべなく答える関羽。

諸葛瑾が重ねて「なぜですか?」と畳みかけると、関羽は勃然(ぼつぜん)と髯(ひげ)の中から口を開き言った。

「なぜかって? 犬ころの子に、虎(トラ)の娘を誰がやるかっ!」

諸葛瑾は首をすくめる。それ以上、口を開くと、たちまち関羽の剣が鞘(さや)を脱してきそうな鬼気を感じたからだ。

管理人「かぶらがわ」より

魏王曹操に対抗して「漢中王」を称する劉備。こうなると、孫権の「呉侯(ごこう)」ではかなり見劣りする感じが……。

ほぼ勢力が三分された状況では、一者がほかの二者を争わせ、その隙(すき)を突こうとするのは当然のこと。諸葛瑾はこういう役が多いですけど、関羽はいつもの関羽でしたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】