吉川版『三国志』の考察 第279話 「中原を指して(ちゅうげんをさして)」

【この記事をシェアする】

諸葛亮(しょかつりょう)は北伐の軍勢をひきいて大路を進む。蜀軍(しょくぐん)が堂々と直進してきたことに、各所に軍勢を分けていた魏軍(ぎぐん)は意表を突かれる。

魏の総大将の夏侯楙(かこうも)では相手にならず、鳳鳴山(ほうめいざん)で敗れたあと、諸葛亮の計略の前に安定(あんてい)と南安(なんあん)の両郡をも失う。

第279話の展開とポイント

(01)沔陽(べんよう)

蜀(しょく)の大軍は沔陽まで進む。ここまで来たとき、「魏(ぎ)は関西(かんぜい。函谷関〈かんこくかん〉以西の地域)の精兵をもって長安(ちょうあん)に布陣し、そこに大本営を置いた」という情報が的確になった。

いわゆる天下の険。蜀の桟道を越えて出てくるだけでも軍馬は一応疲れる。諸葛亮(しょかつりょう)は言う。

「ここには亡き馬超(ばちょう)の墳(つか)がある。いまわが蜀軍の北伐に会うて、地下白骨の自己を嘆じ、懐かしくも思っているだろう。祭りを営んでやるがよい」

こうして馬岱(ばたい)に祭主を命じ、併せてその間に兵馬を休ませていた。

井波版『三国志演義』(第91回)では、馬超は、諸葛亮が南方を平定して都(成都〈せいと〉)へ帰還してから病気でこの世を去ったとある。だが吉川版『三国志』では、馬超の動静が先の第260話(01)以降はうかがえないようだ。

ある日、魏延(ぎえん)が説く。

「丞相(じょうしょう)。それがしに5千騎をお貸しください。このようなことをしている間に長安を壊滅させてみせます」

策によってはだが、と応ずる諸葛亮。さらに魏延は続けた。

「ここと長安とは長駆すれば10日で達する距離です。もしお許しあれば、秦嶺(しんれい)を越え子午谷(しごこく)を渡り、虚を突いて敵を混乱に陥れ、その糧食を焼き払いましょう」

「丞相は斜谷(やこく)から進まれ、咸陽(かんよう)へと伸びて出られたなら、魏の夏侯楙(かこうも)などは一鼓して破り得るものと信じますが……」

しかし、諸葛亮は採り上げない。雑談のように軽く聞き流しただけだった。そして、隴右(ろうゆう。甘粛省〈かんしゅくしょう〉の隴山〈ろうざん〉・六盤山〈ろくばんざん〉以西、黄河〈こうが〉以東の地域)の大路へ出て正攻法を採る。

(02)長安

これは魏の予想に反した。諸葛亮はよく知略を用いるという先入観から、さだめし奇道を取ってくると信じていたのである。ほかの間道へも兵力を分け大いに備えていたところ、意外にも蜀軍は堂々と直進してきた。

夏侯楙は韓徳(かんとく)を呼んで命ずる。

「鳳鳴山(ほうめいざん)まで出て蜀の先鋒を防げ。この一戦は魏蜀の第一会戦だから、以後の士気にもかかわるぞ。十分に功名を立てるがいい」

参考文献に挙げた『三国志演義大事典(さんごくしえんぎだいじてん)』によると、「『鳳鳴山』は山の名。雍州(ようしゅう)南安郡(なんあんぐん)に属す。後漢(ごかん)・三国時代にはこの地名はなかった」という。

韓徳はこのたび魏軍が長安を本営としてから、西涼(せいりょう)の羌兵(きょうへい)8万騎をひきい、何かひと手柄せんと参加した外郭軍の大将だった。

夏侯楙に励まされた韓徳は勇んで発つ。彼には、韓瑛(かんえい)・韓瑤(かんよう)・韓瓊(かんけい)・韓キ(かんき。王+其)という4人の息子があり、みな弓馬に達し力衆に超えていた。

(03)鳳鳴山

韓徳は望み通り蜀軍の先鋒と鳳鳴山の下で出会ったが、その第一会戦で4人の息子たちを亡くしてしまう。相手は蜀の趙雲(ちょううん)だった。

ここは、韓瑤だけ趙雲に生け捕られたことになっていた(後の3人は討ち死に)。だが、原文に「4人の子を亡(うしな)って」とあるので、生け捕られた韓瑤もその後に処刑されたという解釈でいいらしい。なお井波版『三国志演義』(第92回)では、趙雲によって捕らえられた韓瑤が、諸葛亮のもとへ護送されたことが見えた。

この様子を見た父の韓徳は心も萎(な)え、大敗して長安へ逃げ崩れる。蜀のトウ芝(とうし。登+阝)はつぶさに戦況を書き、まずは序戦の吉報を後陣の諸葛亮へ急送しておく。それに反し魏の士気はそそけだった。

夏侯楙は長安の営府を離れ、自ら大軍を擁して鳳鳴山へ迫る。彼は美しき白馬にまたがり、燦爛(さんらん)たる黄金の兜(かぶと)を頂き、誠に曹叡(そうえい)の従兄弟たる貴公子的な風采をもって、日々旗の下から戦場を眺めていた。

そして、いつも趙雲が颯爽(さっそう)と往来するのを見ると大言する。

「よし。明日は予が出て、あの老いぼれを討ち止めてみせる」

後ろにいた韓徳が、とんでもないことだと諫めると、夏侯楙はこう応えた。

「そちの子を4人も討たれたというか。では、なぜ親のお前は見ているのだ」

韓徳は差しうつむき、機会をうかがっているのですがと、ひどく恥じ入った様子。

翌日、韓徳は大きな斧(おの)を引っ提げて戦場を駆け巡っていた。そして趙雲と行き会うや否や、名乗りかけ一戦を挑んだが、10合(ごう)とも戦わぬ間に槍先にかけられてしまう。副将のトウ芝も趙雲に負けない働きをした。

わずか4日間の合戦で、夏侯楙の軍容は半身不随になりかける。そこで退勢を改めるべく、総軍を20里(り)ほど後退させた。

(04)鳳鳴山の近く 夏侯楙の本営

夏侯楙は軍議の席で、「いや、実に強いものだな」と、まるで他人事(ひとごと)のように趙雲の武勇を褒める。曹叡の金枝玉葉だけあり、大まかというのか何というのか……。諸将は彼の顔を眺め合っていた。

それでもまずは趙雲を仕留めねばと熟議し、その計策が整うと、魏軍は再び前進を始める。

井波版『三国志演義』(第92回)では、ここで程イク(ていいく。日+立)の息子の「程武(ていぶ)」を登場させていたが、吉川版『三国志』では使われていない。

(05)鳳鳴山

趙雲が一陣に駆け向かおうとするのをトウ芝は少し変だと諫止したが、彼は猪突(ちょとつ)してしまう。向かうところ敵なきの快勝は得たものの、顧みると退路が断たれていた。

この日の魏軍は神威将軍(しんいしょうぐん)の董禧(とうき)と征西将軍(せいせいしょうぐん)の薛則(せつそく)のふた手に、2万騎ずつを付し深く潜ませていたのだった。

井波版『三国志演義』(第92回)では、夏侯楙が董禧と薛則にひきいさせたのは、それぞれ3万の軍勢。

また井波版『三国志演義』(第92回)では、ここで「潘遂(はんすい)」という部将を登場させていたが、吉川版『三国志』では使われていない。

趙雲はトウ芝とも別れ部下とも散りぢりになり、日の暮れるまで敵に追われ矢風に追われ、なお包囲から脱することができない。駒も疲れ身も疲れ、倒れるように樹下の石へ腰を下ろす。そして、差し昇る月を仰いでひとり泣いた。

すると、たちまち雨とばかりに石が降ってくる。雪崩(なだれ)かとばかりに大岩も降ってくる。趙雲は息つく間もなく、再び疲れた馬に鞭(むち)打って走った。

月明かりの野面を、黒々と一彪(いっぴょう)の軍馬が殺奔してくるのが見える。趙雲はわれを忘れ、張苞(ちょうほう)に手を振った。近づいてきた彼に子細を尋ねると張苞は答えた。

「丞相のご命令です。過日、トウ芝から勝ち戦(いくさ)の報告があるや否や、危うしとばかり、すぐわれわれに救急の命を発せられましたので……」

見ると張苞は左手に首級を持っていた。ここへ来る途中で討ち取った薛則の首だという。

そこへ反対の方角から、一軍が疾風のように駆けてくる。張苞に言われ待っていると、これも味方の関興(かんこう)で、父の関羽(かんう)の遺物(かたみ)である青龍刀を横ざまに抱えていた。

この関興も鞍(くら)にひとつの首級をくくりつけている。ここへ来る途中で道を阻めた董禧を討ち取ったのだという。

趙雲は涙をたたえ、ふたりを励ます。

「頼もし頼もし。この老骨の一命などさしたることではない。董禧と薛則が討たれたと聞こえれば、まさに敵陣は壊滅状態であろう。その虚を逃すべきではない。われに構わず、ご辺(きみ)らは崩れる魏軍を追い、さらに夏侯楙の首をも挙げたまえ」

関興と張苞は別れを告げるや、手勢をひきいまっしぐらに駆け去った。趙雲はふたりを見送っていたが、やがて鞭打って後に続き、なおその老軀(ろうく)を追撃戦の中に働かせる。

トウ芝もどこからか現れて加わり、一時は散りぢりになった蜀兵も、この好転にここかしこからこだまを上げ集まってきた。

夏侯楙はひと支えもできない。父の夏侯淵(かこうえん)とはあまりにも似ない、貴族らしさを多分に持った彼とその部下たちは、逃げ崩れていく姿まで絢爛(けんらん)だった。そして南安城(なんあんじょう)へ入り、諸方の大軍を吸って堅固を頼む。

前の第278話(10)でも触れたが、史実の夏侯楙は夏侯淵の息子ではなく、夏侯惇(かこうじゅん)の次男である。

(06)南安

南安は著名な堅城である。日ならずして、続々とこれへ寄せてきた趙雲・トウ芝・関興・張苞などは四方を囲み力攻したが、昼夜十数日の喚声も石垣の石ひとつ揺るがすことはできない。

その後ようやく諸葛亮も着陣したが、連れてきた軍勢は多くなかった。これへ臨む前に沔陽や陽平(ようへい)、石城(せきじょう)方面にも兵を分け、自身はその中軍だけをひきいてきたからである。

南安は東は天水郡(てんすいぐん)に連なり、北は安定郡(あんていぐん)に通じている険峻(けんしゅん)。

翌日、諸葛亮は子細に地理を見て歩くと、関興と張苞を帷幕(いばく。作戦計画を立てる場所)に招き何事か計を授けていた。また、物慣れた者を選んで偽使者に仕立て、これにも何やら言い含める。こうした準備を終えると南安城への攻撃を再開した。

ここでもっぱら流言を放ち、「柴(シバ)を積み硝薬を用い、火攻めにして陥さん」と、敵にも聞こえるように言わせる。

(07)安定

南安の北に位置する安定城には太守(たいしゅ)の崔諒(さいりょう)がこもっていた。ここへある日、一使者が城門に立ち呼ばわる。

「それがしは夏侯楙駙馬(ふば)の一将にて『裴緒(はいしょ)』と申す者である。火急の事あってお使いに参った。早々に太守に告げたまえ」

「駙馬」については前の第278話(10)を参照。

崔諒が会って来意を尋ねると、裴緒はこのように伝えた。

「南安はすでに危うく、事は急です。よってそれがしを使いとし、天水と安定の両郡に対してかく救いを求められる次第です。急きょ郡内の兵を挙げ、諸葛亮の後ろを襲撃されたい」

「貴軍が後詰めくださる日を期し、城中からも合図の火の手を上げ、内外より蜀軍を撃ち挟まんとの手はずですから何とぞお抜かりなく願いたい」

崔諒に促されると、裴緒は汗みずくな肌着の下から、しとどに濡(ぬ)れた檄文(げきぶん)を出してみせる。これから天水郡の太守へも同様の催促に参らねばならないと言うと、供応も謝し、すぐに馬に鞭打って立ち去った。

偽使者とは夢にも気づかず、崔諒が兵を集め赴援の準備をしていると、2日後にまた一使者が来て城門へ告げる。

「天水太守の馬遵(ばじゅん)は瞬時に発し、はや蜀軍の後ろへ後詰めしておるのに、安定城は何を猶予しておらるるぞ。夏侯駙馬のご命令を軽んじておられるのか」

夏侯楙は魏の帝族である。崔諒は震え上がり発向をあわてた。

井波版『三国志演義』(第92回)では2日も経たないうちに、また早馬が来たとある。

(08)安定の郊外

だが、城を出て70里。夜に迫ると前方に火炎が天を焦がしている。斥候を放ったものの生死も知れず、ただ蜀の関興軍が猛進してきた。崔諒が驚いて退くと、後ろから張苞軍が鬨(とき)を上げてくる。

魏軍は支離滅裂となり、崔諒はわずかの部下とともに小路を迂回(うかい)し安定城へ引き返した。

井波版『三国志演義』(第92回)では、崔諒が関興と張苞の両軍に挟撃されそうになったのは、南安まで50里余りの地点だったとある。

(09)安定

ところが、城を仰げば蜀の旌旗(せいき)ばかり。城頭には魏延が声をからし、乱箭(らんせん。箭〈矢〉が乱れ飛ぶ様子)を励ます姿も見える。今は敵の深い謀(はかりごと)と悟り、崔諒は身をもって逃げるほかなく、天水郡へ落ちていく。

(10)敗走中の崔諒

すると、一彪の兵馬が鼓とともに道を開いた。一叢(いっそう)の森林から、鶴氅(かくしょう。鶴〈ツル〉の羽で作った上衣に)綸巾(かんきん。隠者がかぶる青糸で作った頭巾〈ずきん〉。俗に「りんきん」と読む)の諸葛亮が、四輪車の上に端座し前へ進んでくる。

崔諒は目がくらむ。落馬したように跳び下り、そのまま地に平伏してしまった。諸葛亮は降を容れ、彼を伴い陣地へ帰った。

(11)南安の城外 諸葛亮の本営

数日後、諸葛亮は崔諒を呼び慇懃(いんぎん。丁寧)に尋ねた。

「いま南安には夏侯楙が入り総大将となっているが、前からの太守とご辺とはどのような交わりをなしていたか?」

崔諒は、隣郡でもあるので甚だ親密だと答える。南安太守の楊陵(ようりょう)は楊阜(ようふ)の族弟で、自分とも兄弟のようにしていたとも。

これを聞いた諸葛亮は膝(ひざ)を寄せ、親しく説いた。

「城中に入り楊陵によく利害を説き、夏侯楙を生け捕って降りたまえ。それは貴公のみならず親友のためでもあろう」

崔諒は首を垂れ、沈痛な面色でやや久しく考え込んでいたが、やがて決然と言う。

「参りましょう。高命を果たしてお目にかけます」

諸葛亮は彼の申し入れを認め、ただちに南安の囲みを解き、全軍を20里外へ退けた。

(12)南安

崔諒は秘命を帯びて城へ入り、太守の楊陵と会談。ふたりは親友なのでありのままを告げる。

楊陵がこう応えた。

「馬鹿を言うな。いまさら魏の恩に背いて蜀に降伏などできるものか。むしろきみがそういう秘命を受けてきたことを幸いに、謀の裏をかき、諸葛亮に逆手を食わせてやろうじゃないか」

もとより崔諒もその気なので、ふたりはそろって夏侯楙の前に行く。この話を聞いた夏侯楙も喜び、どういう逆計でひと泡吹かせるのかと乗り気になる。

楊陵が言った。

「ご苦労でも、崔諒にもう一度敵陣へ帰ってもらうことですな。こう言うのです。『楊陵に会い降参を勧めたところ、彼も蜀に降りたい気は大いにあるが、如何(いか)んせん城中では打ち明けてともに事をなす部下の勇士も少ない。これでは警護の厳しい夏侯楙駙馬を生け捕ることができない』と」

「そこで『もし一挙に成就を思し召すなら、丞相ご自身が兵をひきいて城中へ入りたまえ。同時に城中をこう乱し、騒擾(そうじょう)のうちに駙馬をうかがえば、手捕りになること物をつかむごとし』と勧めるのです」

「もちろん、おびき入れてしまいさえすれば、煮て食おうと焼いて食おうと、諸葛亮の運命はもうわが手にありですから」

崔諒は示し合わせ城を出る。そして、諸葛亮をこの手に乗せようと大いに努めた。

(13)南安の城外 諸葛亮の本営

諸葛亮はいかにも信じきったように、崔諒の言葉にいちいちうなずいてみせる。そのうえでこう言った。

「では先に、ご辺とともに蜀軍へ来た100余人の降人がおるから、あれを連れていったらいいだろう。あれならもとからご辺の部下だから、ご辺のためには手足となり、命を惜しまず働くに違いない」

崔諒は承知しながらも、丞相も屈強な一隊をお連れになり、ともに城中へまぎれ入られてはいかがですかと勧める。

すると、諸葛亮はこう応えた。

「虎穴(こけつ)に入らずんば虎児を得ず。私にもそれくらいの勇気はないではないが、まずはわが軍の関興と張苞のふたりを、先にご辺の隊へ加えてやろう。その後、合図をなせば、ただちに私も城門へ駆け入るとするから」

「虎穴に入らずんば虎児を得ず」については、先の第219話(12)を参照。

崔諒は、関興と張苞を連れていくのは少し具合が悪いかとためらう。だが、これを忌避すれば疑われるに違いない。

まずふたりを城中で殺してから諸葛亮をおびき入れ、予定の目的を遂げることにしよう。そう肚(はら)を決め、固く念を押した。

「承知いたしました。では城門から合図があり次第、丞相も必ず時を移さず、開いてある門から突入してください」

(14)南安

日暮れを計り一隊が南安の城下に立つ。かねての約束どおり楊陵は櫓(やぐら)に現れ、いずこの勢ぞ、と怒鳴る。

崔諒も声に応じ、安定から駆けつけた味方の勢だと言い、子細を伝えるとして矢文を射込む。

楊陵がそれを解いてみると、「諸葛亮は用心深く、関興と張苞の二将を目付としてこの隊に付けてよこした。しかし、城中でふたりを殺してしまうのは何でもない。かねての密計はその後で行えるゆえ、懸念なく城門を開きたまえ」としたためてある。

楊陵がこれを見せると夏侯楙は手を打ち、さっそくふたりを殺す用意を命じた。屈強の兵100人に剣槍(けんそう)を忍ばせ、油幕の陰に伏せておき、崔諒、そして関興と張苞のふたりを待つ。

楊陵が中門まで出迎える。すぐその先に本丸の堂閣があり、前の広庭に戦時の油幕が設けられていた。

関興が先に入る。続いて張苞を通そうと思い、崔諒は体をよける。すると張苞も如才なく身をかわし、崔諒の背を前へ押し出した。

そうして抜き打ちに、「崔諒っ。汝(なんじ)の役目は終わった!」と叫んでとっさに斬り伏せる。それとともに関興も先に立つ楊陵へ飛びかかり、不意に背から剣を突き通す。

崔諒が安心して連れてきた100余人の部下も、蜀陣に捕らわれているうち深く諸葛亮の徳になずんでいた。

加うるに、これへ臨む前に恩賞を約されてもいたので、この騒動が勃発(ぼっぱつ)するや否や、言いつけられた通りに八方へ駆け分け、混乱に乗じ火を放つ。

この火の手を見ると、関興と張苞の殺害が終わった合図と早合点し、城門の兵が内から門を開く。すぐそこまで来て待機していた諸葛亮の蜀軍をわざわざ招き入れてしまったのだ。全城の魏兵がせん滅に遭ったことは言うまでもない。

夏侯楙も防ぐに手立てなく、扈従(こじゅう)の一隊を引き連れたのみで、辛くも南門から逃げ落ちた。

ところが、退き口ありと思われた南門の一道こそ、かえって先のふさがっている穴だったのである。行く間もあらせず、久しく待っていた蜀の王平(おうへい)が覆い包んだ。腹心や旗本ことごとく討ち滅ぼされ、夏侯楙も手捕りになる。

諸葛亮は南安へ入城。法を出して民を安んじ、夏侯楙は檻車(かんしゃ)の内に虜囚としておく。また諸将を一閣に寄せ、その戦功を称えた。宴となって祝酒を分かつと、この席でトウ芝が質問する。

「丞相には、どうして最初に崔諒の偽りを見破られたのですか?」

これに諸葛亮が答えた。

「心をもって心を読む。さして難しい理由はない。直観して、この男、真に降伏したものではないと悟ったので、それ幸いにすぐ計に用いたまでにすぎない」

さらに、崔諒の噓(うそ)を利用した経緯を詳しく打ち明け、また自己の戦(いくさ)を評して言った。

「ただ、今度の計でひとつ功を欠いたものがある。それは天水太守の馬遵だ。彼にも同じような計を施してあったが、何としてか城を出てこなかった。ただちに向かって天水も併せ陥し、3郡の攻略を完璧(かんぺき)にしなければならない」

こうして南安には呉懿(ごい)を留め、安定の守りには劉琰(りゅうえん)を遣り魏延と交代させ、全軍の装備を新たにして天水郡へと進発した。

「呉懿」については先の第196話(05)を参照。

また井波版『三国志演義』(第92回)では、(諸葛亮は)呉懿を留めて南安を守らせ、劉琰に安定を守らせることとし、自分の代わりに魏延を派遣して、軍勢を動かし天水攻略に向かわせたとある。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮の言葉。「総じて、敵がわれを謀らんとするときは、わが計略は行いやすい。十中八九は必ずかかるものだ」には含蓄がありました。

これまでの彼の相手にも、計ろうとして計られた例が多く見られます。現代では武器を使わない戦いというのもありますが、こういった傾向は変わっていないと思いました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】