吉川『三国志』の考察 第174話 「朝の月(あさのつき)」

劉備(りゅうび)と孫権(そんけん)の妹の婚儀が盛大に執り行われ、宮殿の内外には祝福の声が満ちあふれる。だが孫権は、思わぬ成り行きにひとり悩みを深めていた。

そこへ柴桑(さいそう)で療養中の周瑜(しゅうゆ)から一書が届くと、張昭(ちょうしょう)とも相談して劉備を贅沢(ぜいたく)漬けにする策を採る。この策にまんまとはまり、日々大志を失っていく劉備を見た趙雲(ちょううん)はあることを思い出す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第174話の展開とポイント

(01)呉城(ごじょう。京城〈けいじょう〉?)

7日にわたる婚儀の盛典や祝賀の催しに、呉宮の内外から国中まで「めでたい、めでたい」と千載(1千年)万歳(1万年)を謳歌(おうか)していた。

この第174話で「呉城」としているところは、『三国志演義(4)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第55回)では「南徐(なんじょ)」となっていた。「南徐」については先の第171話(06)を参照。

また井波『三国志演義(4)』(第55回)では婚礼の後、劉備(りゅうび)は孫乾(そんけん)を荊州(けいしゅう)へ帰らせ、(諸葛亮〈しょかつりょう〉らに)結婚の報告をさせたとある。だが吉川『三国志』では、孫乾を荊州へ帰したことに触れていなかった。

ここで出てきた「千載万歳」は、どうもうまくつかみきれなかった。

その中にあって、ひとり密かに鬱憤(うっぷん)のやり場もなく仮病を唱え、一室に耳をふさぎ、目を閉じていたのは孫権(そんけん)。

そこへ柴桑(さいそう)の周瑜(しゅうゆ)から早馬が着き、一書を送ってくる。まだ金瘡(きんそう。刀傷や矢傷)の病は癒えないとのことながら、今後の方策がしたためてあった。

井波『三国志演義(4)』(第55回)では、孫権のほうが柴桑に使者を差し向け、周瑜に今後のことを相談したとある。

孫権は張昭(ちょうしょう)と相談したうえ、周瑜の献策に従い、劉備を贅沢(ぜいたく)の蜜(みつ)漬けにする手配にかかる。

こうして、呉の東府に一楽園が築造された。楼宮の結構は言語に絶し、園には花木を植え、池畔には宴遊船をつなぐ。

廊廂(ろうしょう)には数百の玻璃灯(はりとう)を掛け連ね、朱欄には金銀をちりばめ、歩廊はことごとく大理石や孔雀石(くじゃくせき)をもって張った。

(02)呉城(京城?) 東府

劉備は若い新妻を擁してここに住む。金珠珍宝、ないものはない。綺羅錦繡(きらきんしゅう)、乏しいものはない。食えば飽満の美味、飲めば強烈な薫酒。酔えば耳に猥歌(わいか)甘楽、覚むれば花鳥また嬋娟(せんけん)の美女。

劉備は過ぎてゆく月日を忘れる。世の中の貧乏とか、艱苦(かんく)とか、精進とか、希望とかいうものまでを、いつか心身から喪失していた。

この様子を見た趙雲(ちょううん)は毎日ため息ばかりついていたが、ここで諸葛亮から渡されていたふたつ目の錦囊(ふくろ)を開けてみる。

趙雲が諸葛亮から3つの錦囊を渡されたことについては、先の第172話(04)を参照。

驚く劉備に趙雲は帰国を促す。劉備は帰国する意思を示したものの、妻にも諮ると言い奥へ隠れる。

すでに夫人はおおよその話を察していたが、別れを言いだす劉備に、自分も荊州へついていくと応じた。兄に知れたら大変でしょうけど、母には別に説く道があるとも。

劉備は夫人の考えを聞くと、密かに趙雲を呼び妻の真情を語り、「元日の朝、人目に立たぬよう長江(ちょうこう)の岸へ出て待っておれ」と打ち合わせた。

(03)呉城(京城?)

明けて建安(けんあん)15(210)年、元旦(がんたん)はまだ暁闇深く、朝の月を残していたが、東天の雲には、はや旭日(きょくじつ)の光が差し昇りかけていた。

吉例どおり、呉宮の正殿には除夜の万灯が灯されたまま、堂には文武の百官が居並び、孫権に拝賀をなして万歳を唱え、日の出とともに酒を賜ることになっている。

劉備は夫人とともに母公の宮房をそっと訪い、「では、これから江のほとりへ行き、先祖の祭りをしてまいります」と告げた。

ここで劉備の夫人を「呉氏」としていたのは誤り。彼女は孫堅(そんけん)の娘なので正しくは「孫氏」。ちなみに「呉氏」は生母の姓である。

劉備の父母の墳墓(つか)はすべて涿郡(たくぐん)にあるので、母公は婿の孝心を嘉(よみ)する。また、それに従うのは妻の道であると、機嫌よくふたりを出してやった。

劉備は女房車に夫人を乗せ、美しい鞍(くら)を置いた駒にまたがる。中門から城楼門を出たが、誰も怪しまない。外城門まで出ると、劉備は車を押す者や供の武士たちを顧み、森の中の新泉で垢(あか)を清めてくるよう言いつける。

そして車の中で身支度を整えていた夫人を、従者の置いていった一頭の駒へと移し、瞬く間に長江の埠頭(ふとう)まで来た。このころ日はすでに昇り、揚子江(ようすこう。長江)の水はまばゆいばかり元朝の紅波を打っていた。

(04)長江の埠頭

ここで待っていた趙雲や500の手勢と合流すると、劉備と夫人はまっしぐらに陸路を取り国外へ急ぐ。

(05)呉城(京城?)

このことが孫権の耳に入るまでには、それから半日以上もかかった。

井波『三国志演義(4)』(第55回)では、孫権は酔って眠りこけており、目が覚めたときにはもう五更(ごこう。午前4時前後)になっていたとある。つまり翌日の早朝。

外城門まで夫人の車を押して出た士卒や供の武士が、江辺を捜し回ったり、後難を恐れ、いたずらに上訴の時を移していたためである。いよいよそれと真相が判明したのは、すでに夕方に迫ったころだった。

あわただしい評議を経て、宵の城門から500余りの精兵が駆け出していく。急を聞き登城した程普(ていふ)が孫権に、追手には誰をお遣わしになりましたかと尋ねると、陳武(ちんぶ)と潘璋(はんしょう)を遣ったとの答え。人数は500だという。

それでは駄目です、と言いだす程普。呉妹君(ごまいくん)が劉備に同意して事に及んだと思われる以上、日ごろの気質を考えれば、陳武や潘璋では駄目なのだと。

そう聞いた孫権はいよいよ憤り、蔣欽(しょうきん)と周泰(しゅうたい)を呼ぶ。そしてふたりに自分の剣を授けると、劉備を両断したうえ妹の首をも打ってくるよう命ずる。

管理人「かぶらがわ」より

贅沢漬け作戦の前に腑(ふ)抜けてしまう劉備でしたが、諸葛亮の錦囊のおかげで立ち直りました。

ですがこの短期間で、まだ若い夫人の心を捉(とら)えてしまうとは、オヤジの魅力が爆発したのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
吉川『三国志』 (7) 望蜀の巻
このページをシェアする
かぶらがわをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました