孫鄰(そんりん)

【姓名】 孫鄰(そんりん) 【あざな】 公達(こうたつ)

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~249年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・孫賁伝(そんほんでん)』に付された「孫鄰伝」あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫賁の息子

父は孫賁だが、母は不詳。

孫安(そんあん)・孫熙(そんき)・孫績(そんせき)は、みな弟。ほかに曹操(そうそう)の息子の曹彰(そうしょう)に嫁いだ姉妹もいた。

息子の孫苗(そんびょう)は跡継ぎ。そのほかに孫旅(そんりょ)・孫述(そんじゅつ)・孫震(そんしん)・孫諧(そんかい)・孫歆(そんきん)という5人の息子がいた。

孫鄰は、わずか9歳で父の代理として豫章太守(よしょうのたいしゅ)の職務にあたり、のち都郷侯(ときょうこう)に封ぜられた。豫章での在任期間は20年近くにも及び、この間に反乱を平定するなどの治績を挙げた。

やがて武昌(ぶしょう)に召還され繞帳督(ぎょうちょうとく)に任ぜられる。その後、孫鄰は夏口(かこう)・沔中督(べんちゅうのとく)に昇進して威遠将軍(いえんしょうぐん)となったが、いずれの職務においても立派な手腕を示した。

249年に死去し、息子の孫苗が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると孫鄰が繞帳督に任ぜられたころ、太常(たいじょう)の潘濬(はんしゅん)が荊州(けいしゅう)を治めていたそうです。

「陳留(ちんりゅう)出身で重安県長(ちょうあんけんちょう)の舒燮(しょしょう)が罪を犯して投獄されると、潘濬は以前に舒燮を見損なうことがあったため、法に従い処刑してしまおうと考えた。多くの者が舒燮のために執り成したが、潘濬は気持ちを変えなかった」

「そこで孫鄰は潘濬に、舒伯膺(しょはくよう)・舒仲膺(しょちゅうよう。舒邵〈しょしょう〉)兄弟が互いにかばい合って自分が死刑になろうとし、天下の人々が美談とした話を持ち出し、『もし天下が統一され、陛下(孫権〈そんけん〉)の車駕(みくるま)が北へ行幸された暁には、中原(ちゅうげん。黄河〈こうが〉流域)の人々は必ずや仲膺どのの跡継ぎはどうしているかと尋ねるでしょう』」

「『しかし、尋ねられた者は潘承明(はんしょうめい。潘濬)どのが舒燮を殺されたのだと答えることになります。それでよろしいのでしょうか?』と言った。孫鄰の言葉で潘濬の気持ちが解け、おかげで舒燮は処刑されずに済んだ」のだと。孫鄰が舒燮を救ったというエピソードですね。

舒兄弟がかばい合った件については本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く張華(ちょうか)の『博物志(はくぶつし)』に説明があり、「兄の舒伯膺の親友が殺された際、弟の舒仲膺(舒邵)が仇(あだ)討ちをした。事が発覚すると、兄弟は互いにかばい合い自分が死刑になろうとし、結局ふたりとも許された」のだとか。で、舒燮はこの舒兄弟の一族なのだそうです。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました