劉輯(りゅうしゅう)

【姓名】 劉輯(りゅうしゅう) 【あざな】 ?

【原籍】 涿郡(たくぐん)涿県(たくけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

劉理(りゅうり)の息子

父は劉理だが、母は不詳。劉胤(りゅういん)は兄。

劉輯は武邑侯(ぶゆうこう)だった261年、去る257年に薨去(こうきょ)した甥の劉承(りゅうしょう)の跡継ぎとして立てられ、安平王(あんぺいおう)に封ぜられた。

その後、263年に伯父の劉禅(りゅうぜん)が魏(ぎ)の曹奐(そうかん)に降伏すると、翌264年には劉禅に付き従い洛陽(らくよう)へ移り、奉車都尉(ほうしゃとい)に任ぜられたうえ郷侯(きょうこう)に封ぜられた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

この劉輯が、甥の劉承を継ぐ形で安平王に封ぜられるまでの経緯は、まず244年に安平王の劉理(劉輯の父)が薨去。劉理の息子の劉胤(劉輯の兄)が跡を継ぎ、256年に薨去。続いて劉胤の息子の劉承(劉輯の甥)が跡を継いだものの、翌257年に薨去。

その後、261年に劉禅が詔(みことのり)を下し、先帝(劉備〈りゅうび〉)の任命による(劉理の)安平王家の3代が早死にし、跡継ぎが絶えてしまったことを悼み、武邑侯だった劉輯が跡継ぎとして立てられたということでした。
「蜀の劉氏」収録人物一覧
正史『三国志』(蜀書)に伝や付伝の立てられているすべての人物に加え、そのほかに蜀の劉氏と関わりが深かった人物についても個別の記事を作って採り上げました。姓名の左にあるのは、正史『三国志』の収録状況です。「★」…本紀(ほんぎ。帝紀...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 蜀の劉氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました