劉理(りゅうり) ※あざなは奉孝(ほうこう)、蜀(しょく。季漢〈きかん〉、蜀漢)の安平悼王(あんぺいのとうおう)

【姓名】 劉理(りゅうり) 【あざな】 奉孝(ほうこう)

【原籍】 涿郡(たくぐん)涿県(たくけん)

【生没】 ?~244年(?歳)

【吉川】 第239話で初登場。
【演義】 第077回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・劉理伝』あり。

スポンサーリンク

蜀(しょく)の劉備(りゅうび)の息子で劉禅(りゅうぜん)の異母弟、安平悼王(あんぺいのとうおう)

父は劉備だが、母は不詳。異母兄に劉禅と劉永(りゅうえい)がおり、ほかに異母姉がふたりはいた。妻は馬超(ばちょう)の娘。

息子の劉胤(りゅういん)は跡継ぎ。劉輯(りゅうしゅう)も同じく息子。

劉理は221年6月に梁王(りょうおう)に封ぜられた。223年4月に劉備が崩ずると劉禅が帝位を継ぎ、230年には安平王に移封された。

244年4月に薨去(こうきょ)。悼王と諡(おくりな)され息子の劉胤が跡を継いだ。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、劉理は劉禅の異母弟で、劉永とも母を異にしていたということです。この三兄弟はみな母が違っていたわけですね。

少し気になったのが、劉理の妻が馬超の娘だったということ。劉理の息子として名が出てくるのは劉胤と劉輯のふたり。ふたりの生母がはっきりしないものの、馬超の娘の可能性もありそう。となると、その容貌や武芸はどれほどのものだったのでしょうね?

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました