ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第74話 「七歩の詩(しちほのし)」

亡き曹操(そうそう)の跡を継ぎ、魏王(ぎおう)となった曹丕(そうひ)。父の葬儀に参列せず、いまだあいさつにも来ない弟の曹植(そうしょく)のもとへ許褚(きょちょ)らを遣わし、その罪を問う。

そしてようやく曹植が魏王府に姿を見せると、曹丕は華歆(かきん)の勧めに従い、7歩進む間に詩を一首作るよう難題を吹っかける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第74話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 宗廟(そうびょう)

献帝(けんてい)が先祖に曹操(そうそう)の死を報告し、その葬儀で叩頭(こうとう)の礼を執らされたことを詫びる。さらに、曹丕(そうひ)が詔(みことのり)を待たずに王位を継いだことに憤り、無念の思いを述べる。

(02)魏王府(ぎおうふ)

曹丕が司馬懿(しばい)を呼び、いまだに姿を見せない曹彰(そうしょう)と曹植(そうしょく)への対応を相談する。

そこへ、曹彰が10万の軍勢をひきいて弔問に来たとの知らせが届く。司馬懿は曹丕に命がけで説得にあたることを告げ、城外に駐留する曹彰のもとへ向かう。

(03)曹彰の軍営

司馬懿が曹彰を訪ねる。曹彰は許都へ攻め込む覚悟を示すが、最終的には司馬懿の説得を受け入れる。曹彰はひきいてきた10万の軍勢を曹丕に引き渡し、軍権も返上する。

ここで司馬懿が曹彰にこう言っていた。「先王のご遺志が天下に告げられれば、樊城(はんじょう)の曹仁(そうじん)、洛陽(らくよう)の徐晃(じょこう)、合肥(ごうひ)の張遼(ちょうりょう)、虎賁将軍(こほんしょうぐん)の許褚(きょちょ)は大いに賛同しましょう……」。このドラマにおける、曹丕体制への移行直後の宿将たちの配置設定を知るうえで参考になる。

(04)魏王府

曹丕のもとに司馬懿が戻り、今度は曹植への対応を話し合う。司馬懿は曹丕に、曹彰が謝罪したことを曹植に伝え、拝謁に来させるよう進言する。

曹丕はこれまでの功績を評価し司馬懿に希望する官爵を与えようとするが、司馬懿は王室(魏王室)の主簿(しゅぼ)で十分だと答える。

ここで曹丕は司馬懿に太尉(たいい)や相国(しょうこく)のポストを提示していた。

曹丕は司馬懿が官爵を求めないため、代わりに静姝(せいしゅ)という美女を贈る。

ここで出てきた静姝は何進(かしん)の孫という設定。ドラマのオリジナルキャラだろう。

(05)司馬懿邸

司馬懿が司馬昭(しばしょう)に曹丕から静姝を賜ったことを話し、曹丕が自分のことを父も同然だと言ったとも伝える。

(06)許宮(きょきゅう)

献帝が詔を下し、曹丕の魏王継承を正式に認める。

また「建安(けんあん)25年」を「延康(えんこう)元年」と改め、賈詡(かく)を太尉に、華歆(かきん)を相国に、王朗(おうろう)を御史大夫(ぎょしたいふ)に、それぞれ任ずること。

亡き曹操に武王(ぶおう)の諡(おくりな)を追贈し、鄴郡(ぎょうぐん)の高陵(こうりょう)に葬り霊廟を建てたうえ、とこしえに祭祀を続けることも併せて認めた。

ここで曹丕の冠の玉飾りは9旒(りゅう)だった。曹操の時に12旒の冕冠(べんかん)を許され、天子(てんし)と礼制が対等だとか言っていたわりに、このあたりの扱いが徹底されていない。

献帝が退出したあと華歆が曹丕に言上し、曹操の葬儀に欠席したうえいまだに曹丕に拝謁に来ない曹植の罪を問う。曹丕は許褚に、曹植を捕らえて刑に処すよう命ずる。

(07)臨淄侯府(りんしこうふ)

曹植が許褚の手で許都へ連行される。

(08)魏王府

卞氏(べんし)が曹丕を訪ね、曹植を殺したら自分も(夫である)曹操の後を追うと告げる。曹丕は卞氏に決して曹植を殺さないと約束する。

ここで出てきた卞氏は曹操の正室。曹操との間に曹丕・曹彰・曹植・曹熊(そうゆう)の4人の息子を儲けた。

卞氏が帰ったあと華歆は曹丕に、それでも曹植は除かなければならないと告げ、翌日、宮殿で曹植の才能を試してみるよう進言する。

翌日、曹植が曹丕に拝謁し曹操の葬儀を欠席したことへの裁きを乞う。

曹丕はこの場で7歩進む間に詩を一首作るよう命じ、「兄弟」という題を与える。

曹植は7歩で見事な詩を作り上げ、その内容に曹丕も思わず涙を流す。

曹丕は曹植の俸禄を500石(こく)減らし、安郷侯(あんきょうこう)に降格。3日以内に任地へ赴くよう命ずる。

司馬懿が曹丕に、孫権(そんけん)への返礼品の目録を差し出して確認を求める。

曹丕は「いささか見劣りする」と告げるが、司馬懿は、このほかに孫権に呉王(ごおう)の位を与えるよう進言する。これは曹丕に漢帝(かんてい。献帝)の廃位を勧める、ということをも意味するものだった。

管理人「かぶらがわ」より

皇帝が亡くなったわけでもないのに改元するなんて――。この一事を見ても、もう漢室(かんしつ)が滅亡寸前であることがうかがえますね。

この第74話で採り上げられていた「七歩の詩」については正史『三国志』では触れられておらず、劉義慶(りゅうぎけい)の『世説新語(せせつしんご)』を出典としたものだそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました