『三国志 Three Kingdoms』の考察 第73話「曹操薨去(そうそうこうきょ)」

曹操のもとに孫権(そんけん)から関羽(かんう)の首が届く。曹操は関羽を手厚く葬らせたものの、彼の墓に酒を捧げたあと激しい頭痛に襲われる――。

スポンサーリンク

第73話の展開とポイント

(01)揚州(ようしゅう) 建業(けんぎょう)

孫権(そんけん)が陸遜(りくそん)に、亡くなった呂蒙(りょもう)の後任の「大都督(だいととく)」として誰を充てるべきか意見を聴く。

陸遜は、しばらく大都督と副都督(ふくととく)を置かず、孫権自ら全軍の整備にあたり、戦(いくさ)となったときに大都督を任命するよう勧める。

孫権はこの意見を容れたうえ、郷里に戻って学問に専念したいという陸遜を許す。

(02)益州(えきしゅう) 成都(せいと)

劉備(りゅうび)の前に亡き関羽(かんう)が現れ、別れを告げる。ほどなく諸葛亮(しょかつりょう)が劉備に荊州(けいしゅう)の陥落を伝える。

劉備はジョウヨウ(襄陽? 上庸?)から来た使者を呼び入れ、関羽・関平(かんぺい)・周倉(しゅうそう)の戦死を知らされたあと倒れてしまう。

(03)許都(きょと)

曹操(そうそう)のもとに、孫権から誕生日の祝いとして関羽の首が届けられる。

曹操は孫権の意図を見抜き、天子(てんし)に上奏して関羽を荊王(けいおう)に追封し、首と香木で作った身体を洛陽(らくよう)の南門の外に手厚く葬るよう命ずる。

また、埋葬の際には文武百官を参列させることを決め、程昱(ていいく)に手配させる。

(04)洛陽の郊外

曹操が文武百官を伴い、関羽の埋葬に立ち会う。

ここで出てきた関羽の墓碑には「漢故寿亭侯関羽君之碑」とあった。荊王に追封したとか言っていたのに反映されていない。また「漢寿亭侯(かんじゅていこう)」と「漢(の)寿亭侯」では意味合いが違う。このあたりの使い分けがあいまいだった。

曹操は関羽の墓に酒を捧げたあと激しい頭痛に襲われ、急いで城内へ戻る。

(05)洛陽

曹丕(そうひ)が侍医から華佗(かだ)を呼ぶよう勧められ、ボウグン(?)に使者を遣わし華佗を連れてくるよう命ずる。

洛陽から200里(り)余り離れているという「ボウグン」がわからなかった。「某郡」という意味ではないと思うが……。

華佗が曹操を診察し、頭痛は風病(ふうびょう)が原因で、病根は脳にあると告げる。

そして、「麻肺湯(まはいとう)」を飲ませ、頭を切開して風涎(ふうぜん)を取り除けば治すことができると言う。

だが曹操は承諾せず、華佗から関羽を治療したことがあると聞くと彼を捕らえるよう命ずる。

曹操のもとに孫権から帝位に即くよう勧める書状が届く。程昱も曹操に新しい冠と百官の勧進(の)表を見せ、帝位に即くよう勧める。

しかし曹操は帝位に即くことを否定し、曹丕を呼ぶよう命ずる。

ここで書状が届いたことを曹操に伝えていた程昱が、孫権を「呉侯(ごこう)」と呼んでいた。こうなると、やはり前の第72話(12)で建業の宮殿の入り口に「呉王宮」という額が掛けられていたのが気になる。呉侯の宮殿ならば「呉王宮」などと呼ばれるはずがない。

曹操は曹丕に曹沖(そうちゅう)の死の真相を明かすよう迫るが、曹丕は自分の仕業ではないと言い張る。

曹操は曹丕の態度を評価し、改めて後事を託したうえ、司馬懿(しばい)を重用するよう伝える。その一方、司馬懿への警戒も怠らないよう注意する。

曹操が重臣たちを集め、みなで曹丕を補佐するよう命ずる。

さらに曹操は彰徳府(しょうとくふ)講武(こうぶ)城外に72か所の偽の墓を造るよう命じ、(自分の死によって)寡婦となる妻たちの去就はそれぞれの判断に任せることを告げる。

こうして遺言を伝え終えた曹操は座ったまま絶命する。

『三国志演義(5)』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま文庫)(第78回)の訳者注によると「彰徳府の講武城は金(きん)代以後の地名。実際には鄴城(ぎょうじょう)」という。

(06)鄴 魏王宮(ぎおうきゅう)

曹操の葬儀が営まれる。

ここでナレーションが入っていた。「建安(けんあん)25(220)年正月、曹操は尽きせぬ夢を抱いてこの世を去った。享年66。傑出した政治家、軍事家、文学者。そして何より類いまれなる策略家であった。三国の世ののちに訪れる国家再統一の礎を、曹操は労をもって築いた」と。

献帝(けんてい)が曹操の弔問にやってくる。

司馬懿は曹丕に、天子(てんし)と魏王の礼制は対等であると告げ出迎えを制止。曹丕は司馬懿の意見に従う。

司馬懿が献帝に、魏王を曹丕に継がせるとの曹操の遺言を伝える。献帝はやむなく曹丕の魏王継承を認める。

さらに華歆(かきん)が献帝に、曹操の霊前で叩頭(こうとう)の礼を執るよう迫り、これにも献帝は従わざるを得なかった。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

希代の実践者であった曹操の死。奸雄(かんゆう)だ何だと言われてはいますが、理屈ではなく実際の行動をもって国家統一を押し進めたことに強く引かれます。

劉備は曹操ほど野心を表に出さないぶん、より狡猾(こうかつ)な一面があると思いますし、孫権は呉王がいいところだと思えます。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました