ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第53話 「孫権、兵符を返す(そんけん、へいふをかえす)」

孫権の許しを得ずに荊州(けいしゅう)へ兵を進めた周瑜(しゅうゆ)。この件で非難されると、彼は大都督(だいととく)の兵符を返上してしまう。

だが、孫権は呉国太(ごこくたい)に諭されて考え直し、自ら周瑜の屋敷を訪ねて謝罪したうえ改めて兵符を手渡す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第53話の展開とポイント

(01)南徐(なんじょ)

孫権(そんけん)から越権行為を非難された周瑜(しゅうゆ)が大都督(だいととく)の兵符を返上する。

孫権は魯粛(ろしゅく)に、巴陵(はりょう)へ兵符を携えた使者を遣わし、荊州(けいしゅう)へ進軍中の部隊に引き返して待機させるよう命ずる。

ここで孫権が魯粛に「呉侯(ごこう)となって10年経つ……」と言っていた。これで少し見えてきた。どうやら孫策(そんさく)から地盤を引き継いだ時点で呉侯になったという設定らしい。

(02)南徐 周瑜邸

周瑜が呂蒙(りょもう)に孫権の判断に対する不満を話す。その一方でメンツを重んずる孫権の弱点を見抜いた諸葛亮(しょかつりょう)への恨みを深める。

この南徐の周瑜邸。先の第38話(02)で出てきた柴桑(さいそう)の周瑜邸と同じものではないのか? やはりドラマでは柴桑と南徐を同一の場所として扱っているようだ。

(03)南徐

孫権のもとに巴陵へ遣わした部将(賈華〈かか〉か?)が戻り、丁奉(ていほう)・徐盛(じょせい)・蔣欽(しょうきん)・甘寧(かんねい)らは撤退命令に従わず、再考を求めていると報告する。

呉国太(ごこくたい)が孫権に、周瑜に兵符を送り返して大都督を続けさせるよう促す。そして不本意ながら、娘を劉備(りゅうび)に嫁がせる考えを伝える。

ここで呉国太が孫権に「18の娘が48の年寄りに仕えることを望む母はおらぬ……」と言っていた。これで劉備と孫権の妹の年齢設定がはっきりした。

(04)南徐 周瑜邸

孫権が周瑜を訪ねて謝罪し大都督の兵符を手渡す。

ここで孫権が周瑜に、かつて兄の孫策が長江(ちょうこう)を渡り劉繇(りゅうよう)を攻めた折、周瑜が身内を連れて従ったことを話していた。

周瑜は兵符を受け取ると、孫権にただちに劉備を捕らえて荊州へ兵を送るよう進言する。そこへ魯粛が巴陵から戻り、荊州へ向かっていた部隊が引き返したことを伝える。

孫権はあくまで劉備との戦(いくさ)を回避しようとする魯粛に腹を立て、賛軍都尉(さんぐんとい)の職を解く。

ここは賛軍校尉(さんぐんこうい)の誤りだと思う。

(05)南徐 魯粛邸

周瑜が魯粛を訪ねる。魯粛は家僕に、自分が着ていた貂(テン)の毛皮を質に入れ、酒と肴(さかな)に交換してくるよう言いつける。

ここで魯粛が質素な暮らしをしている理由として、家僕が、魯粛が昨年の俸禄を赤壁(せきへき)で戦死した兵士の子どもらに分け与えたことを話していた。

周瑜は魯粛に、自分も劉家と手を携えて曹操(そうそう)に対抗するという、魯粛のやり方が正しいと思ったことがあると打ち明けたうえ、それでも天は自分に20年といった長い年月(としつき)を与えてはくれないとも語る。「それゆえ最良の道ではなく、近道を行くほかないのだ……」とも。

ここは周瑜が荊州攻略を急ぐ理由づけがうまくされていたと思う。ポイント高し。

(06)南徐

呉国太が周瑜・張昭(ちょうしょう)・呂蒙を集め、改めて孫権を叱責したうえ劉備を娘婿として迎える考えを伝える。

やむなく周瑜は呉国太に、あす劉備を甘露寺(かんろじ)に招き、密かに小妹(しょうめい。孫権の妹)にその姿を見せ、気に入るか試すよう進言。呉国太も承諾する。

呉国太が孫小妹に、劉備に嫁ぐよう諭す。

ここでも劉備は48歳、孫小妹は18歳という設定であることがうかがえた。

(07)南徐 劉備の宿

魯粛が劉備を訪ね、あす甘露寺で催される宴が周瑜の罠だと伝える。魯粛は脱出の手配まで整えていたが、劉備は南徐に留まると言う。

(08)南徐

孫権が呉国太を訪ね、小妹が劉備を気に入るか心配だと話す。呉国太は心配ないと言い、孫権を安心させる。

(09)南徐 劉備の宿

ぐっすり眠る劉備。趙雲(ちょううん)と孫乾(そんけん)は劉備の肝が据わっていると言い合う。

管理人「かぶらがわ」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (4) 荊州争奪
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました