ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第28話 「田豊、死諫す(でんぽう、しかんす)」

官渡(かんと)における初戦で曹操(そうそう)に敗れた袁紹(えんしょう)は、劉備(りゅうび)の助勢もあって命拾いした。

ここで袁紹は先に投獄してしまった田豊のことを思い出し、いったんは彼を迎えに行くよう命ずるのだが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第28話の展開とポイント

(01)江東(こうとう)

孫策(そんさく)のもとに、曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)が官渡(かんと)で一戦を交えているとの報告が届く。孫策は許都(きょと)への奇襲を画策する。

(02)官渡の戦い ※前の第27話からの続き。

袁紹が退却する。その途中、劉備(りゅうび)が5千足らずの兵をひきいて現れ、袁紹を先へと逃がす。

ここで劉備が汝南(じょなん)から駆けつけるというのは地理的に無理がある。曹操の支配下にある兗州(えんしゅう)をどうやって通り抜けたのか? ただ、ドラマでは『三国志演義』の設定を踏襲しているようなので、この描き方は仕方なかったとも思われる。

(03)袁紹の軍営

袁紹が郭図(かくと)の言葉で田豊(でんぽう)のことを思い出し、冀州(きしゅう)で投獄していた田豊を迎えに行くよう命ずる。

しかし、ほどなく袁紹は許攸(きょゆう)の讒言(ざんげん)を信じ、一転して田豊の処刑を命ずる。

袁紹のもとに官渡の敗残兵が再結集し、その数は40万程度になる。袁紹は5日の間に戦(いくさ)に備えるよう全軍に命ずる。

(04)冀州

袁紹の命を受け、田豊が遺書を残して自害する。

(05)曹操の軍営

曹操が曹仁(そうじん)から戦果の報告を受ける。曹操は曹仁に、なお袁紹が4、50万の兵馬を有していることに触れ、自軍の兵糧が10日分ほどしか残っていないことを打ち明ける。

(06)許都

荀彧(じゅんいく)のもとに、曹操から軍の進退についての意見を求める書簡が届く。荀彧は曹操の意図を読み解いたうえ、あえて進軍を勧める返書を届けさせる。

(07)曹操の軍営

曹操のもとに荀彧の返書が届く。曹操は全軍に戦に備えるよう命じ、徐州(じょしゅう)へ密使を遣わして兵糧を調達させる。

(08)曹操の軍営付近

偵察に来ていた許攸が曹操の軍営から出た密使を殺させ、持っていた密書を手に入れる。

(09)袁紹の軍営

郭図が袁紹に現状の兵力について説明。騎馬軍8万、歩兵軍25万、水軍10万、合わせて43万だと。そのうえ兵糧も100日は持つとも。

袁紹は全軍に10日で兵を整えるよう命じ、そののち曹操を滅ぼすと伝える。

出陣前にも水軍について触れていたが、官渡の戦いのどのあたりで使われていたのかはまったく見えなかった。

また郭図は袁紹に、鄴郡太守(ぎょうぐんたいしゅ)からの報告として。許攸の子が横領したため納めるべき兵糧が3万ほど不足し、支障が出たと伝える。さらに、許攸の子が牢内で父親の関知を白状し、横領した兵糧は父親の屋敷の修繕に充てたようだ、とも伝える。

袁紹は戦が終わったあとで精査し重罰に処すことを決める。

ちょうど許攸が現れ、袁紹に曹操の密書を見せたうえ、軍をふた手に分け10万の兵馬で官渡の敵陣を攻め、残り30万の精鋭で許都に奇襲をかけるよう進言する。

しかし郭図が「すべては曹操の狙いである」と言うと、袁紹は許攸の進言を退けてしまった。

そこへ田豊が自害したとの報告と遺書が届けられる。その内容は許攸が曹操と旧知の仲であることを指摘して批判するものだった。

ここで許攸が袁紹に「私と曹操の故郷は2里(り)と離れておりません……」と話していた。

許攸は南陽郡(なんようぐん)の出身なので、沛国(はいこく)譙県(しょうけん)の出身である曹操の故郷と2里と離れていないことはあり得ないと思う。とはいえ「幼いころともに学びましてございます……」については、あり得ないとまでは言えない。

(10)曹操の軍営

曹操のもとに、許攸が訪ねてきたとの知らせが届く。

管理人「かぶらがわ」より

官渡で大敗を喫しても、なお大軍を擁する袁紹。武器や兵糧は後方から補給可能ですし、確かにまだまだ曹操より有利な立場。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました