ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第29話 「夜、烏巣を襲う(よる、うそうをおそう)」

曹操(そうそう)は、袁紹(えんしょう)を見限って自陣へとやってきた旧友の許攸(きょゆう)を裸足で出迎える。

そして、彼から袁紹軍の輜重(しちょう)や兵糧が烏巣に貯えられており、その守りが手薄であることを聴く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第29話の展開とポイント

(01)曹操(そうそう)の軍営

曹操が訪ねてきた許攸(きょゆう)を裸足で出迎える。

このとき許攸が曹操に、「南陽(なんよう)の旧友許攸が、孟徳(もうとく。曹操のあざな)どのに拝謁いたします」と言っていた。やはり許攸は南陽郡の出身という設定らしい。前の第28話(09)を参照。

許攸は投降すると告げたうえ、曹操に残りの兵糧を尋ねる。しかし曹操は、もはや兵糧が1日分もないことをなかなか明かそうとしない。

ここでの曹操と許攸のやり取りがおもしろかった。

許攸が曹操に、袁紹(えんしょう)の輜重(しちょう)や兵糧がすべて烏巣(うそう)に貯えられていることを打ち明けたうえ、その守りも手薄であると伝える。

曹操は烏巣の奇襲を即決し、自ら猛将10名と精鋭5千をひきいることを告げる。さらに許攸は袁紹の考えを読み、烏巣襲撃後に袁紹が曹操の本陣に攻め込むことを指摘する。

曹操は、一隊を本陣の近くに伏せておくとの許攸の計では生ぬるいとし、逆に官渡(かんと)の袁紹の本陣を奪う手はずを整える。

(02)烏巣

曹操が兵をひきいて到着。火を放たせる一方、袁紹軍の軍用車を使い一部の兵糧を運ばせる。

(03)袁紹の本陣

寝ていた袁紹のもとに、烏巣で火の手が上がっているとの知らせが届く。袁紹は烏巣を捨て、手薄とみた曹操の本陣を攻めるよう命ずる。

(04)曹操の本陣

翌朝、袁紹は自ら兵をひきいて攻め込むが、これに備えていた曹仁(そうじん)の反撃に遭い退却する。

(05)退却途中の袁紹

袁紹のもとに、官渡の本陣が曹操軍に攻め込まれ、もう戻ることができないとの知らせが届く。これを聞いた袁紹は血を吐いて落馬する。袁紹は決戦を求める息子たちの意見を退け、冀州(きしゅう)への撤退を命ずる。

その道中、袁紹の前に許攸が現れる。許攸は高覧(こうらん)や張郃(ちょうこう)らに投降を勧めたうえ、袁紹と息子たちを罵る。袁紹は許攸のいる山を攻めるよう命ずるが、ここでも伏兵の反撃を受けて兵を失う。

川のほとりにたどり着いた袁紹は、無念の思いを口にしたあと自害しようとする。息子たちが制止したところ、袁紹は再び血を吐いて倒れる。

ここで袁紹がみなに、「半年前に70万の大軍をひきいて出征した。それが今や100騎にも満たぬのか……」と言っていた。それにしてもひどい負けっぷり。

(06)劉備(りゅうび)の軍営

劉備のもとに、袁紹が曹操に大敗したとの知らせが届く。劉備は劉表(りゅうひょう)のもとに身を寄せようと考え、劉表の意向を探るべく孫乾(そんけん)を遣わす。

(07)荊州(けいしゅう) 襄陽(じょうよう)

劉表が孫乾と会い劉備の申し出を聴く。蔡瑁(さいぼう)は反対したが、劉琦(りゅうき)は賛成する。結局、劉表は劉備を荊州に迎えることを決める。

劉備らが到着し劉表の出迎えを受ける。

劉表が劉備や劉琦と3人で酒を酌み交わす。この席で劉備は劉表に曹操討伐の決起を促し、精鋭部隊をひきいて許都(きょと)を急襲するよう勧める。しかし劉表はその意思がないと応ずる。

ここで劉表が劉備に「わしは齢60を超え……」と言っていた。また「この荊州9郡を治めて、かれこれ十数年になる」とも。

劉表が劉備に新野(しんや)への駐屯を要請し、劉備が快諾する。

管理人「かぶらがわ」より

許攸の言葉。「曹操にそれほどの力はない。凡人の中にある恐れこそがそなたの強さを助長している。強い曹孟徳像を完成させているのだ」。これはまさに名言でしたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました