ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第23話 「関羽、三事を約す(かんう、さんじをやくす)」

下邳(かひ)を守っていた関羽は曹操(そうそう)配下の程昱(ていいく)の策にかかり、劉備(りゅうび)らと合流するべく城を出て芒碭山(ぼうとうざん)へ向かう。

その後、山のふもとを曹操の大軍が取り巻いている様子を見てすべてを悟るが、曹操と3つの約束を交わしたうえで漢帝(かんてい。献帝〈けんてい〉)に降伏するという道を選ぶ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第23話の展開とポイント

(01)徐州(じょしゅう)の郊外

劉備(りゅうび)が許攸(きょゆう)の勧めに従い袁紹(えんしょう)のもとに身を寄せる。

(02)冀州(きしゅう)

袁紹が本陣から10里(り)先まで進んで劉備を出迎える。

(03)徐州

曹操が入城し、投降兵3万の収容と袁紹の援軍が徐州の30里手前で引き返したこと。さらに小沛(しょうはい)も手中に収めたとの報告を受ける。

残るは関羽(かんう)の守る下邳(かひ)だけとなるが、曹操はみなに、関羽を帰順させたいとの意向を伝える。

そこで程昱(ていいく)は曹操に、関羽を一度窮地に追い込んだあと、彼の忠心を逆手に取るという策を献ずる。

(04)下邳

関羽が城内に収容した張飛(ちょうひ)配下の負傷兵たちから、劉備が芒碭山(ぼうとうざん)で援軍を待っているとの話を聞く。

関羽は孫乾(そんけん)の制止を振り切って芒碭山へ向かうが、曹操軍に包囲され身動きが取れなくなる。

(05)芒碭山のふもと

曹操が関羽と親交がある張遼(ちょうりょう)を遣わし、関羽に投降を勧めるよう命ずる。その際、程昱は張遼に、3つの罪を問うことで関羽を説得する策を授ける。

(06)芒碭山中

張遼が関羽に会い、曹操が下邳を奪還したことを伝える。そして関羽に「そなたがここで死ねば、すなわち3つの罪となる」と告げる。

ここで張遼は関羽に「桃園(とうえん)での契りを破ることになる」「劉備から託されたふたりの夫人を守り通せないことになる」「漢(かん)の再興を果たす前に死ぬことになる」というような3つの罪を指摘していた。

また張遼は関羽に「死ぬのは罪だが、生きれば利を得る」とも告げる。

ここで張遼は関羽に「劉備のふたりの夫人の身は安泰になる」「『桃園の誓い』を破らずに済む」「将来、漢を助け、英雄として名を残せる」というような3つの利を指摘していた。

関羽は張遼に、投降にあたり3つの条件を提示する。

ここで関羽は張遼に「曹操ではなく漢帝に降伏するということ」「劉備の夫人たちを手厚く守ること」「長兄(劉備)の行方がわかり次第、辞去するのを許すこと」というような3つの条件を提示していた。

(07)芒碭山のふもと

曹操のもとに張遼が戻り、関羽が提示した3つの条件を伝える。曹操はすべての条件を承諾したうえ軍勢に撤退を命じ、関羽を下邳城へ戻す。

(08)下邳

いったん城に戻った関羽が約束どおり曹操に帰順する。

(09)江東(こうとう)

孫策(そんさく)と周瑜(しゅうゆ)が竹林から聞こえてきた大喬(だいきょう)の箏(そう。琴〈こと〉)の音に引かれる。ふたりは奏者を捜そうとするが、このときは見つけられなかった。

(10)喬国老邸(きょうこくろうてい)

数日後、孫策と周瑜が喬国老を訪ね、娘の大喬・小喬(しょうきょう)姉妹に会う。

この時点で喬国老邸としていたのはいくらかフライングだろう。単に喬氏邸などとしたほうがよかったかもしれない。なお、大喬・小喬姉妹の父が喬国老(喬公)だというのは、『三国志演義』の設定を踏襲していると思われる。

(11)孫策の軍営

孫策が周瑜におのおの大喬と小喬を娶ろうと持ちかけ、周瑜も同意する。こののち大喬は孫策に、小喬は周瑜に、それぞれ嫁ぐことになる。

(12)許都(きょと) 関羽邸

曹操が端午の節句に際して、関羽に金50両(りょう)、玉3つ、銅銭3千両、絹織物20反(たん)、美女10名を贈る。

下邳に一緒にいた流れで、孫乾も関羽とともに許都へ来ていた。吉川『三国志』や『三国志演義』では関羽がひとりで劉備の二夫人を守り、苦労していた感じを出していた。孫乾も同行しているという設定なら、いくらか関羽の心証は削られると思う。

(13)丞相府(じょうしょうふ)

曹操が、自分の飲食していた肉料理や酒も関羽に届けるよう命ずる。

(14)関羽邸

張遼が関羽を訪ねる。関羽は張遼に、曹操の厚遇に対して功を立てておらず心苦しいと打ち明ける。

(15)丞相府

張遼が曹操に関羽の様子を報告する。

(16)許都の郊外

曹操が狩りを催し関羽を招く。

管理人「かぶらがわ」より

曹操に惨敗した劉備は袁紹のもとへ。投降した関羽は曹操のもとへ。「3」にこだわった展開が興味深かったです。あとは大喬と小喬の登場でしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました