ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第80話 「陸遜、大都督となる(りくそん、だいととくとなる)」

富池口(ふちこう)での敗報に接するや、呉(ご)の孫権(そんけん)は幽閉していた陸遜を呼び出し、彼を大都督に任じ蜀軍(しょくぐん)の迎撃を命ずる。

蜀の劉備(りゅうび)は馬良(ばりょう)から陸遜の経歴を聞き、その力量を試すべく敵陣への攻撃命令を下す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第80話の展開とポイント

(01)富池口(ふちこう)

韓当(かんとう)と周泰(しゅうたい)が黄忠軍(こうちゅうぐん)の反撃に遭い進退窮まる。

しかしそこへ程普(ていふ)が兵をひきいて駆けつけたため、みなで包囲の突破にかかる。だが程普は矢を受けて落馬し、そのまま亡くなってしまう。

周泰は既出だが、字幕での紹介があったのは初めてかも? また、ここでの程普の字幕が「程晋」となっていた。これは誤りだろう。

関興(かんこう)が劉備(りゅうび)に戦況を報告。富池口に入った呉軍(ごぐん)は8万ほど。韓当と周泰は残った兵1万をひきいて逃げたが、ほかは壊滅したようだと。

また、傅士仁(ふしじん)と糜芳(びぼう)が窮地に陥り、呉の守将の馬忠(ばちゅう)を伴い投降を申し出てきたとも。

劉備は傅士仁と糜芳の処刑を命ずる。

さらに関興は劉備に、韓当と周泰の援軍に来た程普が、沙摩柯(しゃまか)の矢に当たって即死したそうだとも伝える。

ここで関興が劉備に「5万の異民族兵をひきい、手柄を立てた沙摩柯に褒美をお与えください」とも言っており、劉備も承諾していた。

(02)黄忠の軍営

重傷を負い瀕死(ひんし)の黄忠のもとに劉備が駆けつける。黄忠は劉備から大勝利を収めたことを聞いたあと陣中で息を引き取った。

ここで劉備が黄忠に「呉軍が失った兵は、およそ7万……」と言っていた。

また、ここで劉備がみなに「もはや朕(ちん)は五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)を3名も失ってしもうた。いずれも孫権(そんけん)との戦(いくさ)で散ってしまった……」とも言っていた。

この時点で亡くなった五虎大将軍は、関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)・黄忠の3人。そして、生き残っているのは趙雲(ちょううん)と馬超(ばちょう)のふたりということになる。

劉備は全軍に夷陵(いりょう)の攻略を厳命する。

(03)柴桑(さいそう)

13日間にわたって幽閉されていた陸遜(りくそん)が孫権に呼ばれる。孫権は富池口での大敗を伝えたうえ、大都督(だいととく)として劉備の迎撃にあたるよう命ずる。

ここで孫権が陸遜に、富池口で10万いた精鋭の大半を失ったことや、程普・甘寧(かんねい)・潘璋(はんしょう)・馬忠が死んだことも伝えていた。

またここで孫権が陸遜に、闞沢(かんたく)が一族の命を懸けても、陸遜に大任を担ってほしいと言ったことにも触れていた。これは『三国志演義』(第83回)に登場するエピソードである。

(04)陸遜の軍営

孫権が韓当と周泰に大敗の責任を問い、死罪を申し渡す。しかし諸葛瑾(しょかつきん)が助命を乞い、陸遜も武勲をもって罪を償わせるよう進言したため孫権も同意。

このときの軍営の場所がはっきりしなかった。この時点では夏口(かこう)か? 以下この第80話では軍営の場所がはっきりしないケースが目立った。

(05)視察中の劉備

劉備が関興の案内で、この10日間のうちに築かれたという呉の軍営の様子をうかがう。

ここでも劉備が視察していた場所がはっきりしなかった。

ここで敵将として陸遜の名が出たところで、馬良(ばりょう)が劉備に陸遜についての情報を伝えていた。

陸遜は皖城(かんじょう)の校尉(こうい)で、あざなを伯言(はくげん)という。生まれは呉郡で、陸紆(りくう)の孫、九江郡都尉(きゅうこうぐんとい)の陸駿(りくしゅん)の子にして、前の呉侯である孫策(そんさく)の婿だと。

また、3年前は呂蒙(りょもう)の副都督(ふくととく)として武器や兵糧を管理していたが、ふた月足らずで孫権に罷免された。その後はいかなる軍職にも再任されず、読書ざんまいだったと。

さらに馬良は劉備から陸遜の年齢を尋ねられ、27歳だと答えていた。陸遜が孫策の娘を娶ったことは、『三国志演義』はもちろん正史『三国志』にも出てくる。それにしては、みなからの陸遜への敬意がイマイチな感じ。若さだけが理由ではないのかも?

劉備は陸遜の才を試すとして、関興に、陸遜が10日間で築いたという軍営を5日間のうちに攻略するよう命ずる。そして馬良には、呉の軍営を陥したあと全軍を挙げ猇亭(おうてい)まで進み、その地に駐屯するよう命ずる。

(06)韓当の軍営

韓当のもとに、蜀軍(しょくぐん)による5度目の攻撃が始まったとの知らせが届く。何度退けても屍(しかばね)を踏み越えて進軍してくるとも。

続いて韓当のもとに、関興らに南の壁を破られ、ソウ将軍(?)が戦死したとの知らせも届く。さらに韓当のもとに、蜀軍が放った火矢のため、軍営の後方に火の手が上がったとの知らせも届く。

周泰は韓当に、出撃して蜀軍に不意討ちをかけたいと進言。しかし韓当は、陸遜から戦うなとの命令を受けていたため周泰を制止する。

そこへ韓当のもとに、陸遜から軍営を捨てて30里(り)後退せよとの命令が届く。韓当は陸遜が20日間、軍営を守るよう命じたことを挙げ、10日も経たないうちの後退命令を非難する。それでも韓当と周泰は後退の命令に従った。

(07)劉備の軍営

関興が劉備に、10日間のうちに25の呉の軍営を討ち破り、呉軍に2千余りの死者が出たことを報告。韓当と周泰が西へ逃げたことも伝える。劉備は兵士たちを数日休ませるよう命じ、そののち再び全軍で進攻すると告げる。

ここで馬良が劉備に偵察兵からの情報として、30里先の山の斜面に呉の陣屋が20ほど見えると伝える。劉備は関興らとともに様子を見に行く。

(08)視察中の劉備

劉備が関興に3万の精鋭を預け、30里先に見える呉の軍営を迂回(うかい)して、さらに30里先にある軍営を攻め取るよう命ずる。

(09)陸遜の軍営

張苞(ちょうほう)が夷陵城を攻めているが、陸遜は援軍を送らず、孫桓(そんかん)に死守を命じたことが伝わる。諸将の間には連敗を喫した陸遜への不満が広がる。

陸遜が遅れて入ってきたフシュン(?)を棒叩き40回の刑に処す。なおもフシュンが暴言を吐いたため、棒叩きの回数を80回に増やす。

ここで陸遜が韓当と周泰に「フシュンは、われらが主君の奥方さまの弟……」と言っていた。

陸遜が韓当と周泰に、30里先に築いた20の陣屋からなる第三の軍営を、5日間だけ守るよう命ずる。今回も出撃しないよう言い付け、5日間を過ぎてから蜀軍が攻撃してきたら後退するよう伝える。第四の軍営を50里先に準備するとも。

陸遜は諸将の求めに応じ、最後の防御線として猇亭山を考えていることを明かす。また、蜀軍の猇亭山への到着を2か月後と想定し、いまやるべきことは引き延ばしを図ることだけだとも話した。

(10)成都(せいと)

馬謖(ばしょく)が諸葛亮(しょかつりょう)に劉備から預かった書簡を手渡し、蜀軍が各地で勝利を重ね、順調に進軍していることを報告する。

諸葛亮は、劉備が年内に呉を平定すると言い、遷都の話まで持ち出したと聞き理由なき不安に襲われる。

諸葛亮は劉備への返書をしたため、馬謖に届けるよう命ずる。

(11)建業(けんぎょう)

陸遜が第三の軍営も失ったことが伝わると、彼の更迭を求める声が上がる。しかし孫権は陸遜の解任を完全否定する。

ここで張昭(ちょうしょう)が孫権に「主君自ら夏口の本陣へ行き、指揮をお執りくださいますよう……」と言っていた。ここから、この第80話(04)の軍営が夏口にあるらしいことがわかる。

(12)陸遜の軍営

陸遜が諸将を集め、夷陵山脈に50の陣屋からなる強固な軍営を築いたことを伝える。それが最後の防衛線だとも。

そして陸遜は、軍営と定めをともにする覚悟を促し一同で血の入った酒を飲み、劉備打倒を誓い合う。

(13)劉備の軍営

張苞が劉備に、サエイ(左衛?)の1万の兵で終日、ホウコサイ(ホウコウサイ?)を攻めたものの成果が得られなかったと報告。

「サエイ」もイマイチわからなかったが、攻めたという砦らしき名前もわからず。次の第81話(04)で「跑虎砦(ほうこさい)」というのが出てくるが、同じものだろうか?

ここも「ラクガンヘイ」というのがわからなかった。セリフの聞き取りが間違っている可能性もあるので自信はない。

劉備は諸将に決死隊の組織を命じ、それぞれ諸将自身で統率するよう告げる。翌日、続けて攻撃をかけ、3日以内にすべて攻略するとも。

ここで馬良が1日だけ兵を休ませるよう進言。だが劉備は聞き入れず、各軍営を猇亭の前線へ移せと言い、翌日から交代で攻めるよう命ずる。

管理人「かぶらがわ」より

蜀の黄忠と呉の程普。数々の戦功を立てたふたりの老将の死。

富池口での大敗により陸遜を大都督に起用する孫権。呉の歴代の大都督については筋が通っている感じがします。周瑜(しゅうゆ)、魯粛(ろしゅく)、呂蒙、そして陸遜と。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました