ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第79話 「黄忠、矢に当たる(こうちゅう、やにあたる)」

秭帰(しき)の陥落に続き、夷陵(いりょう)が蜀軍(しょくぐん)に包囲されていると聞かされた呉(ご)の孫権(そんけん)は、10万の軍勢を夷陵へ向かわせる。

この知らせがもたらされると、蜀将の黄忠は劉備(りゅうび)の許しを得て富池口(ふちこう)へ向かい、自ら呉軍をおびき寄せるための囮(おとり)になった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第79話の展開とポイント

(01)建業(けんぎょう)

諸葛瑾(しょかつきん)が孫権(そんけん)のもとに戻り、劉備(りゅうび)が和睦を拒んだことを報告する。

孫権が次の策を尋ねると、諸葛瑾は曹丕(そうひ)への投降を進言。いったん腹を立てた孫権だったが、しばらく考えさせてほしいと応ずる。

(02)魯粛墓(ろしゅくぼ)

孫権が張昭(ちょうしょう)に、諸葛瑾が曹丕への投降を進言したことを話す。

魯粛の墓の右にもうひとつ同じような墓があった。誰の墓だろうか?

張昭も諸葛瑾に賛同し、そのための使者として趙咨(ちょうし)を薦める。孫権は趙咨の派遣を認めた。

(03)曹魏(そうぎ) 洛陽(らくよう)

趙咨が曹丕に謁見し、孫権の投降を申し入れる上奏文を差し出す。その一方、趙咨は曹丕の前で孫権の聡明さを語り、使者として高く評価される。

ここで趙咨が曹丕に、かつて濡須口(じゅしゅこう)で曹操(そうそう)が孫権と対峙した際、曹操が「孫権のごとき息子がほしい」と言った話を持ち出していた。ただ、このとき趙咨が孫権のことを「わが呉侯(ごこう)」と称していた。すでに呉王っぽい設定を見せていたのに、どうも混乱があるようだ。

曹丕は孫権の降伏を受け入れ、呉王に封じて九錫(きゅうせき)を授ける。

なお、ここでは趙咨の字幕での紹介がなかった。

(04)洛陽宮(らくようきゅう)

司馬懿(しばい)が曹丕から尋ねられ、今回の戦いは蜀(しょく)が呉に勝つだろうとの見立てを話す。

曹丕は蜀を攻めず、呉も救わず、座して眺め、機を見て動くという方針で臨む。司馬懿もこの方針を称える。

(05)敗走中の孫桓(そんかん)

秭帰城(しきじょう)で大敗した孫桓が、朱然(しゅぜん)とともに残兵をひきいて夷陵城(いりょうじょう)へ向かう。

(06)秭帰

劉備のもとに、孫権が曹丕に投降して呉王に封ぜられ、九錫を授けられたとの知らせが届く。続いて劉備のもとに、孫桓が4万の残兵をひきいて夷陵城へ入り、守りを固めているとの知らせも届く。

劉備は張苞(ちょうほう)に3万の兵を預け、夷陵城を攻めるふりをするよう命ずる。その狙いは呉の援軍を夷陵へ引き寄せることにあった。

(07)建業

孫権のもとに曹丕の詔(みことのり)が届く。呉王に封じ九錫を授けるというもの。ところが漢中(かんちゅう)を攻める話には触れられておらず、孫権を失望させた。

続いて孫権のもとに、孫桓から血でしたためた書状が届く。この書状の中で孫桓は、秭帰城を失ったことを謝罪したうえ、4万の兵をひきいて夷陵城を守り、城と定めをともにする覚悟を述べる。

また諸葛瑾が孫権に偵察兵からの情報として、張苞が夷陵城を厚く包囲し数万の軍勢で攻め続けているが、城は陥せていないと伝える。

孫権は韓当(かんとう)を大将、周泰(しゅうたい)を副将とし、先鋒を潘璋(はんしょう)、甘寧(かんねい)と凌統(りょうとう。淩統)を後詰めに、総勢10万の援軍を夷陵へ向かわせる。

ここで程普が孫権に、秭帰よりもろいはずの夷陵が何日経っても陥されないのは、きっと何かの企みだと進言。しかし孫権は聞き入れず、改めて夷陵への援軍派遣を宣言する。

(08)柴桑(さいそう)

出陣の準備を進めていた韓当のもとに、陸遜(りくそん)が川辺で髪を振り乱して泣いているとの知らせが届く。

陸遜はみなに「こたび出立したら、二度と戻っては来られぬであろう……」と訴えていた。様子を見に来た韓当は陸遜を捕らえて孫権に引き渡す。

(09)秭帰

劉備のもとに、孫権が10万の兵を夷陵へ向かわせたとの知らせが届く。

黄忠(こうちゅう)が劉備に呉軍を富池口(ふちこう)へおびき寄せるよう進言し、自分が囮(おとり)になると申し出る。初めは難色を示した劉備だったが、黄忠の思いを聴き進言を容れる。

ここで劉備が黄忠に「そなたは齢75……」と言っていた。

(10)行軍中の呉軍

周泰が程普も病を押して従軍していることに気づき、自ら彼が乗る馬車の御者を買って出る。

(11)柴桑

幽閉された陸遜が、食事を運んできた兵士に孫権の所在を尋ねたものの、何の返答も得られなかった。

(12)黄忠軍

黄忠が南の砦への攻撃を命ずる。韓当が周泰の進言を容れ砦から出撃する。

黄忠は呉軍に押されているとの報告を聞き撤退を命ずる。

(13)劉備軍

劉備のもとに、黄忠が呉軍を砦からおびき出し富池口へ向かっているとの知らせが届く。

(14)富池口付近

黄忠が馬を止め、先鋒の部隊に呉軍が追いつける速さで進むよう命ずる。

(15)富池口

韓当が周泰に伏兵の可能性を指摘し、黄忠の追撃をやめる。

(16)富池口付近

黄忠のもとに、呉軍が追うのをやめ、今は矢を放っているだけだとの知らせが届く。黄忠は軍旗を掲げさせ、富池口へ引き返すよう命ずる。

(17)富池口

黄忠は何本もの矢を受けるが、呉軍への攻撃を続ける。韓当は黄忠が負傷しているのを見て、周泰とともに突撃。そのとき谷の両側から伏兵が現れ、木や石を落とし始める。

管理人「かぶらがわ」より

劉備の猛攻を受けてついに曹丕に降る孫権。本心からではないにせよ、これはかなりの屈辱ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました