ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第40話 「草船で矢を借りる(そうせんでやをかりる)」

周瑜(しゅうゆ)は自陣に置いている諸葛亮(しょかつりょう)を警戒し、軍法を利用する形で彼を処刑してしまおうと考える。

諸葛亮は周瑜の軍令を受け、曹操軍(そうそうぐん)との決戦に備えて3日のうちに10万本の矢を用意することを請け合う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第40話の展開とポイント

(01)赤壁(せきへき) 周瑜(しゅうゆ)の軍営

蒋幹(しょうかん)が、周瑜の机の上に置かれていた蔡瑁(さいぼう)らの名が記された書簡を盗む。

周瑜は呂蒙(りょもう)を使って江北(こうほく)から密使が来たように装い、眠ったふりをしていた蒋幹を信じ込ませる。

翌朝、蒋幹は急いで江北へ戻ろうとし、呼び止めた小喬(しょうきょう)に周瑜への礼を述べて立ち去る。

このとき蒋幹が小喬に「ただいま、呉(ご)と曹軍(そうぐん)は戦(いくさ)を始めようとしております……」と言っていた。ここに限ったことでないが、この時点で「呉」と呼んでいるのは引っかかる。

(02)烏林(うりん) 曹操(そうそう)の軍営

蒋幹が曹操のもとへ戻り、周瑜の説得には失敗したことを伝えたうえ、周瑜の軍営から盗んできた書簡を手渡す。これを読んだ曹操は蔡瑁と張允(ちょういん)の処刑を命ずる。

ふたりの処刑後、曹操は周瑜に謀られたことに気づくが、改めて于禁(うきん)と毛玠(もうかい)を正副の都督(ととく)に任ずる。于禁はすべての船を鎖でひとつなぎにするよう進言し、曹操の許しを得る。

この連環の計について、ドラマでは于禁を発案者としていた。吉川『三国志』(第158話)や『三国志演義』(第47回)ではこの役を龐統(ほうとう)が担っている。

蔡中(吉川『三国志』では「蔡仲」)と蔡和について、吉川『三国志』や『三国志演義』では蔡瑁の甥だったり舎弟(弟や従弟というニュアンス)だったりしているが、このドラマではふたりとも「蔡瑁の弟」として登場させていた。

ちなみに吉川『三国志』や『三国志演義』に登場する蔡壎(さいくん。「蔡勲」とも)のほうは、ドラマに登場していなかった。また、この蔡瑁がらみの3人(蔡中・蔡和・蔡壎)はいずれも正史『三国志』には見えない。

曹丕はふたりに、蔡瑁の密書は周瑜が偽造したものだったと明かし、すでに蒋幹が処刑されたことを伝える。

そして曹操が天子(てんし)に上奏し、蔡中をジョウチュウ侯(?)に、蔡和を新野侯(しんやこう)に、それぞれ封じ、チュウグン将軍(?)として黄金1万両(りょう)ずつを授けることになったとも話す。

曹丕はさらなる官爵の引き上げをちらつかせ、周瑜への投降を装うよう伝える。ふたりはこれに従い、周瑜のもとへと向かった。

(03)赤壁 周瑜の軍営

魯粛(ろしゅく)が周瑜を訪ね、謀(はかりごと)が成功し、曹操が蔡瑁の首を刎(は)ねさせたことを知らせる。蔡瑁の後任には于禁と毛玠が指名されたことも伝える。

ここで魯粛がやってきたとき、笛を吹いていた周瑜と箏(そう。琴〈こと〉)を弾いていた小喬。おーい、ここは戦場(しかも最前線)なんですけど――。この夫婦のぶっ飛び具合は何なのだろうか? 魯粛にしてもふたりの音色を褒めているようじゃダメだろ。

望外の成功を喜ぶ周瑜だったが、すぐに諸葛亮(しょかつりょう)のことを思い出す。そこで魯粛に、今回の蒋幹を用いた計略について諸葛亮の反応を確かめるよう頼む。

魯粛が諸葛亮を訪ねると、やはり諸葛亮はすべてを察しており、魯粛にお祝いを述べる。しかし諸葛亮は、自分が今回の計略を見抜いていたことは周瑜に言わないよう頼む。

周瑜は魯粛に声をかけ、諸葛亮に会ったか尋ねる。魯粛は諸葛亮が今回の計略を見抜いていたことを話してしまい、これを聞いた周瑜は改めて諸葛亮の殺害を口にする。

ここで周瑜が魯粛に、諸葛亮を殺す方法として軍法を利用する考えを話していた。「主君の定めた7つの禁令を犯した者は斬られる。軍においては絶対だ。私さえ例外ではない。さような掟なのだ」とも言っていた。ようやく「江東(こうとう)7か条54項」が見えた気がする。

周瑜がみなを集めて軍議を開き、諸葛亮も同席する。

ここで周瑜が諸葛亮に、「孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)どの、水もぬるみ春が近づいた。そろそろ開戦も間近だ。その時はよろしく頼むぞ」と言っていた。どうも開戦の時期がしっくりこないが……。

この場で諸葛亮は周瑜の軍令に従い、3日のうちに10万本の矢を用意することを請け合う。

ここで周瑜が「紙を持て。(諸葛亮に)押なつさせる」と言っていた。やはり紙も使われているようだ。

魯粛が諸葛亮を訪ねたところ、諸葛亮は魯粛に船を20艘(そう)貸してほしいと頼む。さらにそれぞれの船に30人ずつ兵士を乗せ、1千体の藁人形(わらにんぎょう)を船の両側に並べるよう伝える。

周瑜との約束の期限である3日目の卯(う)の刻。諸葛亮は魯粛を伴い、20艘の船団をひきいて曹操軍に近づいていく。

(04)烏林 曹操の軍営

曹操に敵の襲来が伝えられる。曹操は濃霧を見て、敵を相手にせずひたすら矢を放つよう命ずる。

(05)赤壁 周瑜の軍営

諸葛亮が魯粛とともに、両側にびっしりと曹操軍の矢が刺さった船団をひきいて無事帰還。周瑜のもとには12、3万本の矢が届けられた。

周瑜は諸葛亮を訪ね、曹操軍を撃破するための計を手のひらに書いて見せ合う。ふたりの手のひらには「火」の一字が書かれていた。

そこへ呂蒙(りょもう)が姿を見せ、蔡瑁の弟ふたりが投降してきたことを伝える。

管理人「かぶらがわ」より

予想通りヘマをしてしまう蒋幹。これをすぐには見破れず、周瑜に謀られる曹操。

そして諸葛亮の草船借箭(そうせんしゃくせん)の計。『三国志演義』では有名なエピソードですし、こうドラマで描かれると「お見事」としか言いようがなかったです。ですが、この元ネタは『三国志演義』ではなく実は正史『三国志』のほう。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』には、213年に曹操が濡須(じゅしゅ)で孫権と対峙した際の話として。孫権が大型船に乗り偵察にやってくると、曹操が弓や弩を激しく射かけさせたことが書かれています。

「その矢が孫権の船に突き刺さり、一方だけが重くなって転覆しそうになった。そこで孫権は船の向きを変えさせ、もう一方の面で矢を受けさせた」のだと。「こうして両面に刺さった矢で船が安定を取り戻したところで、孫権は自軍へ引き揚げた」ということです。

(『三国志演義』の撰者とされている)羅貫中(らかんちゅう)がうまく逸話を拾ったということなのでしょうが、どうもこの手の手柄の付け替えっぽいのは好きになれません。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (3) 赤壁大戦
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました