ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第26話 「古城に再会す(こじょうにさいかいす)」

数々の困難を乗り越えて、ようやく古城県で再会を果たした劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)。

ここで劉備は、冀州(きしゅう)の袁紹(えんしょう)のもとへは戻らず、荊州(けいしゅう)の劉表(りゅうひょう)を頼りたいとの考えを話す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第26話の展開とポイント

(01)河北(かほく)へ向かう関羽(かんう)

張角(ちょうかく)を名乗った男を斬り殺した男が「周倉(しゅうそう)」と名乗る。

この周倉が関羽に仕えたいと願い出る。関羽は劉備(りゅうび)の二夫人の許しを得て、周倉ひとりという条件で随行を認める。

ここで周倉は一味を解散して砦も焼き払ったうえ、単身で関羽に随行したという設定になっていた。

(02)古城県(こじょうけん)

張飛(ちょうひ)のもとに、周倉が関羽を伴って現れ、城外で大声を張り上げているとの知らせが届く。張飛は城外へ飛び出し関羽に襲いかかる。

関羽が張飛に曹操(そうそう)に帰順した理由を説明していたところへ、蔡陽(さいよう)が兵をひきいてやってくる。

ここで蔡陽が関羽に、「甥の秦琪(しんき)を殺したのはお前か!」と尋ね、関羽が「いかにも。この関羽が殺(あや)めた」と応じていた。このドラマでは関羽が秦琪を討ち取ったシーンはなく、わかりにくかったと思う。

関羽は蔡陽を討ち取り、張飛の誤解を解く。

(03)冀州(きしゅう)

袁紹(えんしょう)のもとに、関羽が曹操のもとを去ったとの報告が届く。

袁紹は劉備に、関羽が汝南(じょなん)に着いており、張飛も一緒にいると伝える。劉備は袁紹の命を受けて汝南へ向かう。

許攸(きょゆう)は劉備の意図を見抜き、出発しようとしていた劉備を城門で呼び止める。

許攸は、落ちぶれた劉備がなお曹操と戦おうとしている様子を見て、兄弟(関羽と張飛)と再会したあとすぐに劉表(りゅうひょう)に会い、曹操を討つよう説得してほしいと頼む。

劉備は許攸に同じ考えを持っていたことを告げる。許攸はこのまま劉備を行かせることにし、彼に見送られて劉備が出発する。

(04)冀州へ向かう関羽・張飛の一行

関羽と張飛らが道中の関定(かんてい)の砦で趙雲(ちょううん)と再会する。

ここで趙雲が関羽と張飛に「徐州(じょしゅう)で敗れたのち、主君が見つからなかったゆえ、仕方なく幽州(ゆうしゅう)へ戻り、公孫瓚(こうそんさん)の兵馬を3千ほどひきい、戻って参った」と話していた。

(05)関定邸

関羽が関定の申し出を受け入れ、関定の息子の関平(かんぺい)を養子として迎える。

糜芳(びぼう)が関定邸を訪ね、劉備が冀州を出て汝南へ向かったことをみなに知らせる。

(06)古城県

劉備が関羽や張飛らと再会する。劉備はみなに、このあと荊州(けいしゅう)の劉表に会いに行く考えを話す。

ここで劉備が関羽・張飛・趙雲に、「10年前、われら三兄弟は桃園(とうえん)で契りを交わし、今日(こんにち)、われら四兄弟、古城の桃園で相まみえた……」と言っていた。

先の第2話(03)では「桃園の誓い」を184年の出来事として設定していた。それから10年経ったのなら194年ということになるはず。

しかし、先の第24話(06)では白馬(はくば)の戦いを199年の出来事としていたので、この一事だけ見るとまったく時代が合わない。

とはいえ、劉備がみなと再会する場所として古城の桃園を設定し、「桃園の誓い」を想起させたのは新味。この設定自体は魅せていたと思う。

(07)江東(こうとう)

韓当(かんとう)が孫策(そんさく)に、呉郡太守(ごぐんたいしゅ)の許貢(きょこう)から入手したという曹操あての密書を披露する。孫策は許貢の首を取るよう命ずる。

(08)冀州

袁紹のもとに、劉備が汝南でみなと再会したあと(冀州へは戻らず)そのまま数千の兵をひきいて西へ向かったとの知らせが届く。

袁紹は郭図(かくと)に命じ、5千の騎兵で劉備を追わせようとしたが、許攸になだめられ思いとどまる。

そこへ袁譚(えんたん)が10万の兵をひきいて青州(せいしゅう)より、袁熙(えんき)が15万の兵をひきいて幽州より、袁尚(えんしょう)が15万の兵をひきいて幷州(へいしゅう)より、それぞれ駆けつけたとの知らせが届く。

ここでは袁譚が青州刺史(せいしゅうしし)、袁熙が幽州刺史、袁尚が幷州刺史という設定になっていた。

『三国志演義』では幷州刺史として高幹(こうかん。袁紹の甥)を登場させていたが、このドラマでは袁尚を充てていた。袁紹の3人の息子たちを並べて登場させようという意図だろうか?

袁紹が軍議を開く。この席で3人の息子たちがそれぞれ先鋒を願い出る中、袁紹は自ら先鋒を務め、2日後の正午に曹操討伐のため出陣することを宣言する。

ここで袁尚が袁紹に「兵糧を始め、城を攻めるために必要な兵器をすべて、官渡(かんと)から数十里(り)の烏巣(うそう)に運びました」と言っていた。この設定はどうなのだろうか?

管理人「かぶらがわ」より

再会、また再会の第26話。結局、袁紹は劉備にうまくかわされてしまいましたね。

このドラマでは『三国志演義』や正史『三国志』の設定をだいぶ変えているようなので、しっかり見ていかないと訳がわからなくなります。イジり方が複雑な部分もあるのでかなりややこしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました