ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第66話 「落鳳坡(らくほうは)」

劉備(りゅうび)は龐統(ほうとう)の進言を容れ、劉璋(りゅうしょう)との間で戦端を開く決断を下し、雒城(らくじょう)の攻略に乗り出す。

しかし、劉備とふた手に分かれて進軍中、龐統は劉璋配下の張任(ちょうじん)ひきいる伏兵に遭遇し無念の戦死を遂げる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第66話の展開とポイント

(01)益州(えきしゅう) 涪城(ふうじょう)

劉備(りゅうび)が龐統(ほうとう)に蜀(しょく)取りへの強い意欲を示す一方、出陣する正当な名分がないとも話す。龐統は劉備の思いに感じ入り、「名分ある出陣にしてみせる」と請け合う。

龐統が魏延(ぎえん)を呼び、成都(せいと)の張松(ちょうしょう)への返書を信頼できる者に届けさせるよう命ずる。

この際に龐統は一計を案じ、張松ではなくわざとその兄の張粛(ちょうしゅく)に返書を届けさせるように、とも付け加えた。

(02)成都

劉璋(りゅうしょう)のもとに劉備の書簡が届き、兵糧10万石(ごく)を要求される。黄権(こうけん)は劉備への兵糧提供に反対するが、張松は賛成する。結局、劉璋は劉備に3万石の兵糧を提供することにした。

(03)成都 東大路(ひがしおおじ) 張粛邸

張粛のもとに龐統が張松にあてた返書が届けられる。弟の内通に驚いた張粛はこの書簡を劉璋に差し出す。

劉璋は張任(ちょうじん)や黄権の進言を容れ、劉備の討伐を命ずる。

(04)涪城

劉備のもとに劉璋から張松の首が届けられる。劉備は龐統の進言を容れ、雒城(らくじょう)を取るべく出陣する。

(05)雒城の郊外

劉備が軍勢をひきい雒城から30里(り)ほどの地点に到着。ここで雒城の東門へ通ずる街道と西門へ通ずる小道とに道が分かれていた。劉備は龐統と相談し、兵を分けずにみなで小道を進むことを決める。

龐統が魏延とともに2千の兵をひきいて前軍となる。劉備は中軍、劉封(りゅうほう)が後軍という編成。

ここで出発しようとした龐統が馬から振り落とされる。龐統は願い出て劉備の乗馬である「的驢(てきろ)」を借りる。

(06)落鳳坡(らくほうは)

龐統は魏延を制して先行するが、張任ひきいる伏兵に遭遇して射殺される。

魏延が劉備に龐統の戦死を伝える。龐統が持っていた書状から、張松を陥れたのが龐統だったことや、伏兵の存在を予測しつつ龐統が自ら死地へ赴いたことがわかる。

龐統の意をくんだ劉備は全軍の将兵に蜀攻めを宣言する。

(07)荊州(けいしゅう) 襄陽(じょうよう)

諸葛亮(しょかつりょう)が星を見て、数日中に敗戦の知らせが届くことを予想する。

諸葛亮のもとに関平(かんぺい)が着き、劉備からの急ぎの書簡を届ける。

諸葛亮が蜀への出陣にあたり、荊州を関羽(かんう)に任せる。この際、諸葛亮は関羽に「北は曹操(そうそう)を防ぎ、東は孫権(そんけん)と和す」との戒めを与える。

(08)成都

劉璋のもとに、諸葛亮が張飛(ちょうひ)や趙雲(ちょううん)とともに3万の鉄騎兵をひきいて攻め入ってきたとの知らせが届く。諸葛亮らは3日前に涪城を通過、道中の劉璋軍は次々と城を捨てて逃げたとも。

劉璋は黄権の進言を容れ、仇敵の張魯(ちょうろ)に救援を求めることを決める。

ここで劉璋がみなに「2年前は張魯に対抗するために劉備を呼んだ。こたびは劉備に対抗するため張魯を呼び寄せろと?」と言っていた。劉備が蜀に入って2年ほど経ったことがうかがえる。

(09)漢中(かんちゅう)

黄権が楊松(ようしょう)を訪ね、益州への救援を求める。黄権は救援成功の見返りとして蜀の西部10県の割譲を提示する。しかしこの条件に楊松が難色を示したため、結局、黄権は20県を割譲することで合意した。

ここで楊松は張魯の軍師(ぐんし)という設定になっていた。黄権が、張魯に割譲する予定の地域を地図上に線引きするシーンを入れていたのはよかった。

楊松が張魯に劉璋からの救援要請と20県割譲の条件を伝え、張魯が承諾する。張魯は馬超(ばちょう)に3万の兵を授け葭萌関(かぼうかん)への攻撃を命ずる。

(10)涪城

劉備が合流した諸葛亮と話していたところへ、張魯が馬超軍を葭萌関に送り込んだとの知らせが届く。

この時点で葭萌関の守将が孟達(もうたつ)ということになっていた。何だかいきなりな感じ。孟達が劉備に仕えるに至った説明が足らないのでは?

(11)葭萌関

関に攻め寄せていた馬超軍の横手から、劉備が張飛とともに軍勢をひきいて到着する。張飛は一騎討ち挑んできた馬岱(ばたい)を軽くあしらい、馬超に伝えるよう言い放つ。

ここで馬岱が再登場。先の第61話(04)で馬騰(ばとう)が曹操に処刑された際、許都(きょと)に随行していた馬岱が生き延びたことについても説明不足だと思う。

管理人「かぶらがわ」より

張松の気の毒な感じの死と龐統の壮絶な死。落鳳坡に至るまでの過程は『三国志演義』をさらにアレンジしたものでしたが、なかなか深いものがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました