『三国志 Three Kingdoms』の考察 第65話「江を遮り阿斗を奪う(こうをさえぎりあとをうばう)」

劉備(りゅうび)が劉璋(りゅうしょう)の要請を受け入れ益州(えきしゅう)に留まっている間、荊州(けいしゅう)に残っていた妻の孫小妹(そんしょうめい)のもとに、母の呉国太(ごこくたい)が重病との知らせがもたらされる。

孫小妹は劉備の息子の阿斗(あと)を伴い、急いで帰国しようと馬車に乗る。だが、事態を察した諸葛亮(しょかつりょう)の指示により、張飛(ちょうひ)と趙雲(ちょううん)が阿斗の身を取り返して事なきを得た。

スポンサーリンク

第65話の展開とポイント

(01)涪城(ふうじょう)の近郊 劉備の軍営

法正(ほうせい)が劉備に張松(ちょうしょう)から届いた密書を見せ、劉璋が成都(せいと)を離れ、涪城で出迎えることを伝える。

ここで劉備が法正に、「(涪城は)成都からは360里。実に心のこもったもてなしだ」と言っていた。

法正と龐統(ほうとう)は劉備に、この機会を利用し、劉璋を盾として成都へ攻め入るよう勧める。

さらに龐統は、劉璋が到着したら宴席の近くに100人の兵を潜ませておき、杯を投げて合図し、一挙に劉璋を殺害するという策を献ずる。

しかし、ふたりの話を聞いた劉備は怒って立ち去ってしまう。

劉備のもとに、劉璋が20里先まで来ているとの知らせが届く。劉備は魏延(ぎえん)に命じ、軍威を示さぬよう兵を下げさせる。

龐統は魏延を呼び止め、旗を多く掲げたうえ、武具を(前面に)出さないよう助言する。

張任(ちょうじん)ひきいる3千の前軍に続き、劉璋も到着。劉備は挨拶を交わしたあと酒宴を催す。

ここで劉備が劉璋から兵馬について尋ねられ、「こたびは歩兵が2万、騎馬兵が1万。計3万の兵が先駆けとなり、生死をいとわず戦いましょうぞ」と答えていた。

ほかにも劉備が劉璋に、「また劉璋どのが、兵馬を(益州に)置いて帰るようにとおっしゃるのなら、私は全兵馬を劉璋どのに贈り、単身荊州へ戻ります」とも言っていた。劉璋が言葉通りに受け取るはずはないとしても、この発言はあまりに嘘くさい。

龐統が目で合図を送ると魏延が立ち上がり、酒宴の余興にと剣舞を始める。ほどなく張任が魏延の意図に気づき、相手役として剣舞に加わる。やがて双方の武将たちも剣舞に加わり、宴席は騒然となる。

ここで劉備が皆を一喝し、魏延らに剣を置くよう命ずる。劉璋も張任に剣を置くよう命ずる。

(02)成都

劉璋のもとに、張魯(ちょうろ)が2万の兵をひきいて葭萌関(かぼうかん)に攻め寄せたとの知らせが届く。

劉璋は張任の進言を容れ、劉備に迎撃を要請する。この要請を受け、劉備は軍勢をひきいて葭萌関へ向かう。

張任が劉璋に、劉備が軍勢をひきいて葭萌関へ向かったことを伝える。これを聞いた劉璋は、張任に先帝から賜ったという羽織を預け、葭萌関の劉備に贈るよう命ずる。

(03)揚州(ようしゅう) 柴桑(さいそう)

孫権(そんけん)のもとに、劉備が軍勢をひきいて出陣したとの知らせが届く。

程普(ていふ)らは孫権に、手薄になった荊州を攻めるよう進言。しかし呂蒙(りょもう)は、呉国太が荊州への出兵を許さないと述べる。孫権は荊州の防備が緩むのをしばらく待つことにする。

(04)魯粛邸(ろしゅくてい)?

孫権が魯粛を見舞う。孫権は呂蒙を副都督(ふくととく)に抜てきする考えを伝え、魯粛も賛同する。

(05)柴桑

呂蒙が副都督に任ぜられ、江東(こうとう)の水軍を取り仕切ることになる。

(06)荊州 襄陽(じょうよう)

周善(しゅうぜん)が孫小妹を訪ねる。周善は呉国太が重病だと伝え、呉国太から預かったという書状を手渡す。

諸葛亮のもとに、孫小妹が阿斗を連れて城を出たとの知らせが届く。諸葛亮は孫小妹が残した書簡で事態を把握し、趙雲に追わせる。

(07)襄陽の郊外

趙雲が孫小妹の馬車に追いつき、阿斗を取り戻す。

ここで幼児の阿斗が初登場。ただしセリフはなかった。

周善は孫小妹に、あくまで阿斗も連れていくよう主張。そこへ張飛も兵をひきいて駆けつけ、周善を討ち取る。

孫小妹がこの場で自害すると言いだしたため、張飛と趙雲は孫小妹の帰国を承諾する。

(08)涪城

張魯軍を漢中(かんちゅう)へ退けた後、劉備らが戻る。龐統は劉備に、劉璋の待遇が悪くなっていることを伝える。

これまでは毎月、兵糧3万石(ごく)と軍禄5万銭を成都から送ってきていたが、張魯を撃退した後は兵糧が減っており、先月は2千石のみで軍禄はなし。今月は兵糧も皆無だと。

これを聞いた劉備は龐統に、自ら劉璋に書状を書いて求めると答える。

劉備のもとに、孫小妹が帰国したとの知らせが届く。

大酒をあおる劉備に、龐統は上中下の3つの計を献ずる。

上計は、劉璋と反目する前に魏延と黄忠(こうちゅう)に2万の精鋭をひきいさせ、成都に夜襲をかけるという計。

中計は、劉備が荊州への凱旋(がいせん)を装って雒城(らくじょう)の将軍を見送りにおびき出し、機会を逃さず捕らえ、雒城を足場にして成都を取るという計。

下計は、夜を徹して白帝城(はくていじょう)へ退き、荊州へ引き揚げるという計。

劉備はいずれの計を採るとも言わず、なお劉璋に兵糧を求めるだけにし、その出方を見極めようとする。一方で蜀取りへの強い意欲も示す。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

劉璋と顔を合わせ、下心がないことを雄弁に語る劉備でしたが――。

この第65話では、タイトルに含まれる「江を遮る」シーンがなかったですね。張飛も趙雲も馬で孫小妹に追いついていましたし……。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました