ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第64話 「張松、地図を献ず(ちょうしょう、ちずをけんず)」

荊州(けいしゅう)の劉備(りゅうび)は、許都(きょと)から益州(えきしゅう)への帰途にあった張松を引き留め、3日間にわたって手厚くもてなす。

張松は劉備の人柄にすっかり魅了され、もともと曹操(そうそう)に献ずるつもりで携えてきた蜀(しょく)12郡の地図まで見せたうえ、劉備に入蜀するよう懇願した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第64話の展開とポイント

(01)荊州(けいしゅう) 襄陽(じょうよう)

劉備(りゅうび)が張松(ちょうしょう)を3日間にわたって手厚くもてなす。

酒宴の席で張松が劉備に蜀(しょく)を取るよう勧める。しかし、劉備は同族の劉璋(りゅうしょう)から益州(えきしゅう)を奪うことはできないと拒む。

張松は劉備らを招き、持ってきた蜀12郡の地図を見せる。ところが劉備は見ようとせず、張松の入蜀の懇願を退けて立ち去る。

劉備と諸葛亮(しょかつりょう)が立ち去ったあと、龐統(ほうとう)は張松に良策があると持ちかける。

(02)益州 成都(せいと)

張松が劉璋のもとに戻り、曹操(そうそう)は益州を狙っていると伝えたうえ、荊州の劉備を迎えるよう進言する。

劉璋は李厳(りげん)と黄権(こうけん)の反対を退け、劉備を迎えるための使者として法正(ほうせい)を荊州へ遣わす。

ここで張松が李厳に「昨年、張魯(ちょうろ)が攻めてきた際、そなたは主君に堀と砦で境を閉ざすように進言した」と指摘したうえ、「その結果はどうだ。ウキョウ(?)で負け、領土を割譲した」と言っていた。

「ウキョウ」は地名なのだろうが、よくわからなかった。また「負け」のところは「分け」とも聞こえ、負けたのか分け(引き分け)たのか、こちらもはっきりせず。

(03)襄陽

法正が劉備を訪ね、劉璋の書状を差し出す。そして、劉備に兵をひきいて蜀へ入り、張魯に対抗するよう求める。また、必要となる兵糧はすべて劉璋が供給することも伝え、劉備は承諾の意思を示す。

続いて法正は劉備に張松の書状も差し出す。劉備は書状に目を通したあと、蜀に行って張魯への抵抗は助けるが、それ以上の考えはないと話す。

関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)がふたりで飲んでいたところへ龐統が顔を出す。龐統はふたりの前で劉備の真意を読み解いてみせ、蜀へ入るなら必ず蜀を取ると話す。

そして、入蜀には魏延(ぎえん)と黄忠(こうちゅう)を随行させ、関羽・張飛・趙雲(ちょううん)は荊州に残すとの考えを伝える。

(04)成都

劉璋のもとに劉備が入蜀を承諾したとの知らせが届く。

劉璋は、またも李厳と黄権の反対を退けたうえ張松の進言を容れ、涪城(ふうじょう)まで劉備を出迎えに行くことを決める。

(05)成都 楡橋門(ゆきょうもん)

益州従事(えきしゅうじゅうじ)の王累(おうるい)が劉璋に、劉備を迎え入れないよう諫言する。この諫言が聞き入れられないとみた王累は、自ら剣で首を斬りつけたあと城門から飛び下りて死ぬ。

(06)張任(ちょうじん)の軍営

黄権が張任を訪ね、劉璋から指示された精鋭3千ではなく、3万の兵をひきいて涪城へ行くよう勧める。

管理人「かぶらがわ」より

張松を手厚くもてなすことで入蜀の勝算を高めた劉備。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました