ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第54話 「甘露寺に婿を招く(かんろじにむこをまねく)」

劉備(りゅうび)は甘露寺において呉国太(ごこくたい)と対面し大いに気に入られる。

そして、妻となる孫小妹(そんしょうめい)も劉備のことを夫として認めたため、ふたりは晴れて夫婦となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第54話の展開とポイント

(01)南徐(なんじょ)

呉国太(ごこくたい)が孫小妹(そんしょうめい)に、甘露寺(かんろじ)で劉備(りゅうび)を見て気に入ったら吹くようにと言い、孫堅(そんけん)の形見の笛を手渡す。

(02)南徐 劉備の宿

甘露寺への出発直前、劉備の前にカラスの糞(ふん)が落ちてくる。孫乾(そんけん)は吉兆ではないと言い、劉備に甘露寺へ行くのをやめるよう勧める。

だが劉備は孫乾の心配を一笑し、趙雲(ちょううん)に身辺の衛兵だけを連れていくよう伝え甘露寺へ向かう。

(03)甘露寺

劉備が孫権(そんけん)の出迎えを受けたあと呉国太と対面する。その様子を孫小妹が帳(とばり)の陰からうかがう。

この席で趙雲が孫権に伏兵がいる理由を尋ねる。

ここで趙雲が剣を抜いてひと暴れしてしまっていた。大丈夫なのだろうか?

孫権が賈華(かか)に事情を聴いたところ、呂蒙(りょもう)が名乗り出て自分の指示だと答える。孫権は呂蒙の処刑を命ずるが劉備になだめられる。

その後、劉備は呉国太らに漢(かん)の中興にかける思いを語り、もしも自分の言葉を疑っておられるなら斬ってほしいと言い、呂蒙に剣を預ける。

呂蒙が劉備に斬りかかろうとしたところ、孫小妹の笛が聞こえてくる。それでも呂蒙は構わずに剣を振り下ろしたが、これを趙雲が防ぎ止めた。

呉国太との対面を終えた劉備。甘露寺にあった石を見て自らの思いを念じ斬りつける。すると石はふたつに割れた。

このとき劉備は「もし私が無事に荊州(けいしゅう)へ戻り、覇業を成し遂げられるなら、ひと太刀で石よ真っぷたつとなれ……」と念じていた。劉備は覇業を嫌っていたはずだが――。

続いて孫権も自らの思いを念じて同じ石に斬りつける。すると石はさらにふたつに割れた。

このとき孫権は「荊州を取ることがかない、帝業を成せるなら、石は真っぷたつに斬れよう」と念じていた。

(04)南徐

呉国太が劉備を招き盛大な祝宴を催す。

夜も更け、劉備は新婦の部屋へと案内される。ところが部屋の前まで来たところで孫小妹が一騎討ちを挑んでくる。劉備は何とか孫小妹がかぶっていた布を取ることができ、ほどなく夫として認められた。

ここで劉備が孫小妹に「この劉備は取り柄のない男だが、剣術だけは誰にも負けぬ。私を本気にさせないでくれ」と言っていた。クサいセリフには目をつぶるとしても、劉備が剣術に優れていたというのは持ち上げすぎなのでは? これまでにもこの設定をうかがわせるシーンはあったが……。

周瑜が呉国太に、しばらく劉備を南徐に引き止めておくよう進言し承諾を得る。

劉備が趙雲に南徐に留まることを伝える。趙雲は反対するも、劉備から、諸葛亮(しょかつりょう)が荊州をまとめる時間を増やすためだ、と言われて納得する。

(05)周瑜邸

周瑜が呂蒙に、劉備を呉(ご)に留めて豪邸に住まわせ、その大志を失わせるよう命ずる。

(06)南徐 東府(とうふ)

孫乾が劉備に、孫権から今月の手当てとして銅銭4万が届いたことを伝える。

このとき趙雲が劉備に「銅銭4万? 大金です」と言っていた。どうもはっきりつかめないが、設定されている貨幣の価値を量る目安にはなりそう。

管理人「かぶらがわ」より

何やら劉備がうらやましいことになっていた第54話。

そして、周瑜のぜいたく漬け作戦の前に早くも弓の訓練をサボってしまう劉備。何せここまで苦労ばかりの人生でしたので……。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (4) 荊州争奪
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました