ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第55話 「計りて虎穴を脱する(はかりてこけつをだっする)」

周瑜(しゅうゆ)らの計により呉(ご)の地で贅沢三昧の日々を送るうち、もはや劉備(りゅうび)は荊州(けいしゅう)へ帰る気を失いつつあった。

それでも、趙雲(ちょううん)から渡された諸葛亮(しょかつりょう)の書状を見て志を取り戻し、密かに南徐(なんじょ)を抜け出す手はずを整える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第55話の展開とポイント

(01)南徐(なんじょ) 東府(とうふ)

孫乾(そんけん)が劉備(りゅうび)に、孫権(そんけん)から今月の手当として銅銭6万(先月より2万の増額)が届いたことを伝える。

ところが劉備は「6万では到底足りぬ」と言いだし、孫乾に命じて孫権の使いの者にさらに銅銭2万の増額を要求させる。孫乾は劉備に反論しようとするが思い直して下がる。

趙雲(ちょううん)は孫乾が年の瀬だと言ったことで、諸葛亮(しょかつりょう)から渡されていた錦の袋のことを思い出す。そこで趙雲はふたつ目の錦の袋(白色)を開けてみる。

ここは残念だった。先の第52話(05)で諸葛亮は、錦の袋を赤→黄→白の順に開けるよう伝えていた。それなのにここで白色を開けているのはどうしたことか? これは吹き替えのセリフのほうに誤りがあるのかも……。

ちなみに、錦の袋に入っていた諸葛亮の策は紙に書かれていたようだ。これは先の第52話(07)で趙雲が開けていたひとつ目の袋と同じ。

(02)周瑜邸(しゅうゆてい)

呂蒙(りょもう)が周瑜に、劉備が使いの者を通じ、手当が足りないと言ってきたことを伝える。また、劉備が趙雲を荊州へ追い返したことも伝える。

周瑜は呂蒙から、孫権が対応を任せると言ったことを聞き。劉備が要求した銅銭2万を銅銭4万に増額し、合わせて月に銅銭10万を渡すよう命ずる。

ここで呂蒙が周瑜に「このまま劉備への出費が続けば、財政は行き詰まるものと……」と言っていた。銅銭10万の価値がイマイチ見えてこない。そこまでの大金なの?

(03)襄陽(じょうよう)

諸葛亮が趙雲に、主君を見捨てて帰ってきたとし棒叩き30回の罰を与える。

関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)は趙雲から劉備の近況を聞き、呉(ご)に出兵して劉備を助けると言いだす。諸葛亮は許さなかったが、ふたりには真意がつかめず無礼な言葉を吐く。

趙雲が再び呉へ戻っていく。

(04)周瑜邸

周瑜が呂蒙から荊州の様子を聞き、関羽と張飛が諸葛亮と不和になっていることを知る。そこで周瑜は荊州へ人を遣り、自分と諸葛亮が裏で手を組んでいるとのうわさを流すよう命ずる。

(05)南徐 東府

趙雲が劉備のもとに戻り、諸葛亮から預かった書状を手渡す。劉備は荊州の充実ぶりや関羽らの行いを知り、諸葛亮に苦労をかけていることを改めて自覚する。

劉備は趙雲に陸路を使って呉から脱出する考えを伝える。

劉備が孫小妹(そんしょうめい)に、曹操(そうそう)の大軍の来襲を口実に荊州へ帰る決意を語る。孫小妹は曹操軍来襲の話が口実と見抜き、劉備から事実を聴いたうえで荊州へついていくと答える。

ここで劉備が孫小妹に「私は30年代、命がけで戦ってきたが、言わば根なし草であった……」と言っていた。「30年代」のところ「30年来」の誤りだろうか?

(06)南徐

孫小妹が呉国太(ごこくたい)に、翌日が劉備の父の命日であることを告げ、川岸から北の方角へ祈りを捧げたいと頼む。呉国太は娘との別れを悟りながらも城外へ出ることを許す。

ここで孫小妹が髪を切り、呉国太に残すシーン。いいシーンながら、現代でも使えそうなデザインのはさみが登場していていくらか気になった。

そのあと呉国太は周泰(しゅうたい)を呼び頼みごとをする。

ここでは頼みごとの内容までは明らかにしていなかった。

(07)襄陽

酔った張飛が再び諸葛亮に暴言を浴びせる。張飛が去ったあと諸葛亮は思わず声を荒らげ、馬謖(ばしょく)に無念の思いを話す。

ここで諸葛亮が馬謖に「かつて晴耕雨読の生活を南陽(なんよう)で送っていたころの私は高潔な人間であったはずだ……」と言っていた。「南陽で」のところは『三国志演義』の踏襲だと思うが、史実と異なっている。諸葛亮が晴耕雨読の生活を送っていたのは南陽ではなく、襄陽郊外の隆中(りゅうちゅう)。

(08)南徐

呉国太が孫権らを集めて酒宴を催す。

(09)南徐 東府

劉備らが城外へ出る。

このとき先に出ていった一団は囮(おとり)ということらしい。

(10)南徐

酒宴に出席していた呂蒙のもとに、劉備の馬車が館を出て長江(ちょうこう)へ祈とうに向かったとの知らせが届く。呂蒙は賈華(かか)に500の兵をひきいて追わせる。

酒宴で酔いつぶれた孫権が目を覚ましたあと、張昭(ちょうしょう)が、劉備と孫小妹が城外へ出たことを伝える。

そこへ賈華が戻り、周瑜が兵を遣って劉備の船を止めたものの、その船に劉備が乗っていなかったと報告する。

孫権は激怒し、周泰と蔣欽(しょうきん)に500の兵をひきいて追跡するよう命ずる。

ここで賈華が周瑜の見立てとして話していた、キンセンダッコクの計というのがわからなかった。

このドラマとは直接関係はないのだが、BSフジで2014/7/7に放送された『項羽と劉邦 King’s War』(第25話)「偽りの敗戦」の中で金蝉脱殻(きんせんだっかく)の計というのが出てきて、「密かに抜け出して相手をあざむく計略」との字幕説明があった。「ダッコク」ではなく「ダッカク」だったのか――。

(11)陸路を急ぐ劉備

劉備らの前に一団の兵が姿を現す。

管理人「かぶらがわ」より

ぜいたく漬けから己を取り戻す劉備。張飛に罵られる諸葛亮。呉国太と孫小妹のせつない別れ。まぁこちらはそう遠くない将来、出戻ることになるわけですけど……。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (4) 荊州争奪
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました