『三国志 Three Kingdoms』の考察 第02話「曹操、亡命す(そうそう、ぼうめいす)」

184年、涿県(たくけん)の楼桑村(ろうそうそん)において劉備(りゅうび)・関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)の3名が義盟を結ぶ。(物語の中で)有名な「桃園(とうえん)の誓い」である。

そして189年、先に董卓(とうたく)暗殺に失敗した曹操(そうそう)は都から逃げ延びたものの、中牟県(ちゅうぼうけん)で県令(けんれい)を務める陳宮(ちんきゅう)に捕らえられてしまう。

スポンサーリンク

第02話の展開とポイント

(01)洛陽(らくよう) 長楽宮(ちょうらくきゅう)

朝臣たちが朝議のために参内し、ほどなく董卓も到着。これにより曹操が董卓の暗殺に失敗したことが知れる。

董卓は各州や郡県に対し、曹操捕縛の詔(みことのり)を下すよう手配させる。

朝臣たちが参内するシーンで、号令係が「丞相(じょうしょう)閣下のお出ましー」と、董卓の到着を告げていた。董卓は相国(しょうこく)という設定なのでは? 役割は同じようなものだが、丞相と相国とを混同したような呼び方は引っかかる。

ただ、そのすぐ後にみなで「相国のお出ましをお待ちしておりました」とも言っていた。丞相と相国の使い分けにこだわりはないらしい。

(02)王允邸(おういんてい)

董卓の命を受けた呂布(りょふ)が兵を連れてやってくる。ここで呂布が貂蝉(ちょうせん)と出会う。

呂布は、王允の家に伝わる七星剣(しちせいけん)があるのを見て疑いを解き、引き揚げる。

ここで貂蝉が呂布に「(自分は)王允の義理の娘」だと言っていた。

(03)西暦184年 涿県楼桑村

劉備・関羽・張飛の「桃園の誓い」。

どこでこのシーンを挟むかは難しい。ここで来たかという感じだが、かなり唐突な印象を受けた。

(04)西暦189年 中牟県

洛陽から逃げてきた曹操が城門で兵士に捕らえられる。曹操は偽名を名乗るが、県令の陳宮は正体を見破る。

陳宮は中牟県令という設定。

ところが陳宮は牢内で曹操の志を聴き、彼の考えに賛同。親や妻子を捨て、曹操とともに中牟県を去ることを決意する。

(05)成皐県(せいこうけん)

曹操と陳宮が到着。曹操の父(曹嵩〈そうすう〉)の義兄弟である呂伯奢(りょはくしゃ)と再会し、屋敷に招かれる。

ここで曹操が呂伯奢に、自分のことを「阿瞞(あまん)」と言っていた。これは蔑称なので、この場面で曹操自身が使うのは引っかかる。

(06)呂伯奢邸

曹操と陳宮は家人が刃物を研ぐ音を聞き、自分たちを殺そうとしているものと誤解。かえって呂家の者を皆殺しにしてしまう。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

第2話も主役は曹操ですね。貂蝉は王允の義理の娘という設定になっていました。

『三国志演義』の貂蝉は、わが子同然にかわいがられていた歌妓(かぎ)という設定なので、ドラマでは格上げっぽい。

陳宮は重要人物だと思います。このドラマでもいい味を出しています。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました