ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第87話 「泣いて馬謖を斬る(ないてばしょくをきる)」

街亭(がいてい)における蜀軍(しょくぐん)の大敗後、諸葛亮(しょかつりょう)は苦心の末に漢中(かんちゅう)への帰還を果たす。

やがて街亭の敗戦を招いた馬謖も戻ってくるが、諸葛亮は彼の才能を惜しみながらも、諸将の命乞いを聞き入れることなく処刑した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第87話の展開とポイント

(01)西城(せいじょう) 城門

司馬懿(しばい)は城楼の前で箏(そう。琴〈こと〉)を弾く諸葛亮(しょかつりょう)の様子を見て、城外の山中に伏兵がいると考える。

司馬昭(しばしょう)は突入を勧めるが司馬懿は許さず、撤退を命ずる。

司馬懿が軍勢を退いたあと諸葛亮は姜維(きょうい)に、すぐに兵糧をまとめて西城を発つと告げる。

(02)司馬懿の軍営

司馬昭が司馬懿に、民を捕らえて問いただしたところ、西城には老兵が1千ほどいただけだったことがわかったと伝える。司馬懿は「かの神のごとき妙計。父は到底かなわぬ」と嘆く。

(03)漢中(かんちゅう) 丞相府(じょうしょうふ)

魏延(ぎえん)が諸葛亮に、陽平関(ようへいかん)へ攻め寄せた徐晃軍(じょこうぐん)3万を撃退したことを伝える。

このシーンは「漢中の丞相府」ということになっていたが、軍営のようにしか見えなかった。まぁ軍営であっても、丞相が政務を執る場は「丞相府」だと言えるが……。

ここで魏延が諸葛亮に「一斉に矢を放ち、敵数千を射抜きました。聞けば徐晃も矢を受け、死にかけていると……」とも言っていた。徐晃の死については前の第86話(12)を参照。

鄧芝は諸葛亮に、趙雲が殿(しんがり)を務め、追撃してきた敵将3人を討ち取ったことを伝える。そのため敵軍は恐れをなして追撃不能となり、兵や武器を失うことなく引き揚げることができたのだとも。

諸葛亮は趙雲を称え、褒美として金500と絹1万を与えようとする。しかし趙雲は受け取りを辞退し、将来の功臣に与えてほしいと応ずる。

ほどなく馬謖(ばしょく)と王平(おうへい)も戻ってくる。

諸葛亮は王平から街亭(がいてい)での敗戦についての経緯を聴く。続いて諸葛亮は馬謖を呼び入れ、街亭陥落の責任を問う。趙雲や魏延らが命乞いしたものの、諸葛亮は涙ながらに馬謖を死罪とする。

(04)蜀漢(しょくかん) 成都宮(せいときゅう)

劉禅(りゅうぜん)のもとに諸葛亮から自身の罷免を求める上奏文が届く。

劉禅は李厳(りげん)の進言を容れ、諸葛亮を丞相から右将軍(ゆうしょうぐん)に降格したうえで、軍権はそのまま預けることにする。

(05)曹魏(そうぎ) 洛陽宮(らくようきゅう)

曹叡(そうえい)が司馬懿を召し、このたびの蜀軍撃退の功績を称える。

ここで曹叡が司馬懿に「太祖(たいそ。曹操〈そうそう〉)と先帝(曹丕〈そうひ〉)もおっしゃった。兵略を知るは司馬懿のみであると……」とも言っていた。先の第85話(08)では曹操のことを「高祖(こうそ)」と呼んでいたが、ここでは「太祖」と呼んでいた。やはり、先に「高祖」と呼んでいたのは誤りらしい。

また出てきた驃騎大将軍。驃騎将軍に大が付くのか? という点は相変わらず謎のまま。加えて、大司馬と驃騎大将軍の兼任というのも微妙な感じ。

驃騎大将軍については范曄(はんよう)の『後漢書』に数多くの用例があったので、将軍号として通用することがわかった。(2016/2/18追記)

一方で曹叡は司馬懿に、この意向に百官が異を唱えているとも話し、西城で諸葛亮を取り逃がした件が問題になっていることを伝える。

司馬懿は曹叡から、自身に謀反の疑いまでかける者がいることを聞かされ、すべての官爵の辞退を申し出る。曹叡は司馬懿をしばらく休ませることにし、洛陽に新たな邸宅を与える。

ここで司馬懿が曹叡に「故郷の宛城(えんじょう)に戻りたく存じます……」とも言っていた。司馬懿の出身地については先の第85話(16)を参照。

(06)司馬懿邸

静姝(せいしゅ)が司馬懿にあつもの(野菜や肉を入れた熱い吸い物)を作って運んでくる。そこへ司馬昭がやってきて、屋敷の周囲に虎賁営(こほんえい)の兵士が置かれていることを知らせる。

司馬昭は軟禁されたのだと腹を立て、曹叡に対する不満を口にする。司馬懿は司馬昭を平手打ちし、それ以上言ったら(曹叡の御前に)引きずり出すと告げる。

ここで司馬昭が司馬懿に「父上に初めて手を上げられました」と言っていた。

司馬懿は司馬昭に「焦らず過ごせばよい」と言い、遠からず朝廷から迎えが来る、と吐き捨てる。

(07)洛陽宮

司馬懿が曹叡に召され、玉階(ぎょっかい。天子〈てんし〉の宮殿につながる階段)を上って参内する。このとき司馬懿は付き添いの内侍(ないし)に、自身の体力の衰えを強く印象づけてみせる。

このシーンの冒頭にナレーションが入っていた。「この言葉はまもなく現実のものとなった。大都督(だいととく)曹休(そうきゅう)が鄱陽太守(はようたいしゅ)周魴(しゅうほう)の偽装投降の計にかかり、石亭(せきてい)にて陸遜(りくそん)に大敗し、しばらくして世を去ったのである」と。

曹叡は司馬懿に、曹休が敗れ水軍の半分を失ったことを話す。曹叡は自ら50万の兵をひきいて呉(ご)を討ちたいと言い、司馬懿の意見を求める。

司馬懿は曹叡に、呉の陸遜より蜀の諸葛亮のほうが大患だと述べ、いずれ蜀は再び攻めてくるとも話す。

司馬懿は曹叡に陳倉(ちんそう)の重要性を説きながらも、老いて病気がちであることを理由に、自身への復帰要請をかわす。

そして、司馬懿は曹叡から守将を推挙するよう言われると、曹真(そうしん)やその息子の曹爽(そうそう)の名を挙げたあと郝昭(かくしょう)を推薦する。

ここで司馬懿が曹叡に「大将軍(だいしょうぐん。曹真)の長子、コウ将軍(後将軍?)の曹爽どのを」と言っていた。

曹叡は司馬懿の推薦を容れ、郝昭を征西大将軍(せいせいたいしょうぐん)に任じて陳倉の守りにあたらせる。

(08)漢中 右将軍府

魏延が諸葛亮に、この半年のうちに蜀で15万の新兵を募り、漢中も兵が12万に増え、2万の馬に武器や兵糧も整い、各陣営が充実していることを伝える。諸葛亮は魏延に徴兵を任せ、武器や兵糧を優先的に補給するよう言い渡す。

続いて蒋琬(しょうえん)が諸葛亮に、この秋は豊作で収穫が例年より2~3割多かったため、李厳の指示で50万石(ごく)の兵糧を斜谷(やこく)へ送ったことを報告する。

また、蒋琬は諸葛亮から魏呉の戦況を尋ねられ、樊城(はんじょう)からの知らせとして、魏の大都督の曹休が偽装投降の計により石亭一帯で陸遜に大敗し、水軍の多くを失ったことを伝える。曹休がこの直後に憤死したそうだとも、併せて伝える。

この時期、樊城が魏領だったのか呉領だったのか? イマイチはっきりせず。

さらに魏延が諸葛亮に、雍涼(ようりょう)の守りを固めているのは曹真で、征西大将軍に起用された郝昭が陳倉を守っていることを伝える。

言い終えた魏延は諸葛亮に、第2次の北伐では陳倉から進軍する考えなのか尋ねる。

ここで魏延が諸葛亮に、郝昭についての情報も伝えていた。郝昭はあざなを伯道(はくどう)と言い、太原郡(たいげんぐん)の出身で30歳前後。もとは徐晃の部下で、のちに司馬懿に付いたのだと。

管理人「かぶらがわ」より

箏をもって司馬懿の大軍を退けた諸葛亮。次代のホープと目されていた馬謖の斬首。ただでさえ蜀は人材不足なのに……。

このドラマや『三国志演義』(第95回)では、馬謖は王平とともに2万5千の兵をひきいて街亭へ向かったことになっています。正史『三国志』では「大軍」とありましたが、2万5千という数には触れていないようです。

でも、この兵力でホントに魏の大軍を防ぎきることができたのでしょうか? そもそも諸葛亮が預けた兵も少なすぎたのでは?

確かに馬謖のヘマには違いないでしょうが、関羽(かんう)の華容道(かようどう。ただし、これは創作の話)や劉備(りゅうび)の東征失敗などに比べれば大したことはない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (7) 危急存亡
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました