ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第86話 「空城の計(くうじょうのけい)」

227年、馬謖(ばしょく)の失態により、街亭(がいてい)で魏軍(ぎぐん)に大破されてしまった蜀軍(しょくぐん)。

諸葛亮(しょかつりょう)はわずかな兵士とともに西城(せいじょう)に向かい、兵糧を運び出して全軍の撤退に備えようとしたが、ここへ司馬懿(しばい)ひきいる数万の魏軍が押し寄せてくる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第86話の展開とポイント

(01)宛城(えんじょう)

司馬懿(しばい)の命を受け、コウジョウ将軍(?)のゴテイ(?)が歩兵3万5千、リグン将軍(?)のソウリツム(?)が兵馬2万を、それぞれひきいて駆けつける。

ここで出てきたふたりの将軍は、セリフを繰り返し聴いてもよくわからなかった。

続いて魏興太守(ぎこうたいしゅ)の申儀(しんぎ)も司馬懿を訪ね、新城(しんじょう)の孟達(もうたつ)が再び蜀(しょく)に寝返ったことを知らせる。

そして、申儀の友人で孟達の腹心でもある李輔(りほ)から手に入れたという、孟達が諸葛亮(しょかつりょう)に送った書状の写しも手渡す。

司馬懿は申儀に、朝廷には内密にしたうえ、自ら鉄騎兵をひきいて新城へ向かい孟達を討つと告げる。

(02)新城の近郊

司馬懿が申儀らとともに軍勢をひきいて到着。孟達が攻撃を警戒していないことを確認する。

司馬師(しばし)が司馬懿に孟達の使者を捕らえたことを知らせる。

捕らえた使者は孟達の使者ではなく、諸葛亮が孟達のもとへ遣わした使者だったものの、司馬懿はその使者から諸葛亮の書状を手に入れる。

司馬懿は孟達のもとに使者を遣わし、曹叡(そうえい)に目通りするため洛陽(らくよう)へ向かう途中、新城を通りかかったと伝えさせる。また、息子ふたりを連れているが、護衛は数人だとも伝え孟達を城外に誘い出す。

(03)洛陽宮(らくようきゅう)

司馬懿が申儀とともに孟達の首を携え参内。曹叡に孟達を斬首するに至った経緯を説明する。

曹叡は、申儀を冀州刺史(きしゅうしし)に任じたうえ宛城侯(えんじょうこう)に封ずる。さらに司馬懿には剣を授け、洛陽と長安(ちょうあん)の軍の指揮権を預ける。

申儀について『三国志演義』(第94回)では官職が引き上げられたことが記されているのみで、具体的な官爵には触れていないようだ。いずれにせよ宛城侯というのはヘンで、もし使うなら宛侯とすべきだろう。

司馬懿は曹叡から全兵馬をひきいて諸葛亮を討つよう命ぜられ、今後はいかなる機密であっても事後報告で構わない、という特権が認められる。

(04)司馬懿の軍営

司馬懿が諸将を集め戦況を分析。ここで司馬懿は張郃(ちょうこう)に2万の兵で街亭(がいてい)へ向かうよう命じ、自身も大軍をひきいて後ろに続くと告げる。

(05)諸葛亮の軍営

諸葛亮のもとに、司馬懿が征西大都督(せいせいだいととく)として中原(ちゅうげん)の兵馬を掌握した、との知らせが届く。

続いて諸葛亮のもとに、孟達が謀反の企みを司馬懿に知られて斬首され、その部下も全員投降した、との知らせも届く。

さらに続いて諸葛亮のもとに、先鋒大将軍(せんぽうたいしょうぐん)に任ぜられた張郃が48万の大軍とともに西へ向かっている、との知らせも届く。

諸葛亮は諸将に、司馬懿の狙いが街亭であるとの見解を述べて守将を募る。諸葛亮は出陣を熱望した馬謖(ばしょく)を起用し2万5千の精鋭を預け、副将に王平(おうへい)を付ける。

王平は既出だが、字幕での紹介があったのはここが初めてかも?

諸葛亮は馬謖と王平に、五差路に陣を敷き、決して魏軍(ぎぐん)を通さないよう命ずる。そして駐屯したのち、ただちに詳しい地図を描いて届けるよう付け加える。

馬謖と王平が退出したあと諸葛亮は高翔(こうしょう)に1万の兵を預け、街亭の北東にある列柳城(れつりゅうじょう)に駐屯するよう命ずる。これは、街亭で危急の事態が起きた場合に備えるためのものだった。

高翔が退出したあと諸葛亮は、魏延(ぎえん)にも兵馬をひきい街亭に駐屯するよう命ずる。魏延は自身が先鋒将軍に任ぜられていることに触れ、馬謖の加勢役となることへの不満を述べる。

諸葛亮は街亭とその背後にある陽平関(ようへいかん)の重要性を説き、後日の長安攻めの際には大軍を預けると言い、魏延を納得させた。

魏延が退出したあと諸葛亮は趙雲(ちょううん)と鄧芝(とうし)に、箕谷(きこく)への進撃を命ずる。司馬懿の軍勢に遭遇したときの対応は趙雲に一任し、ただ司馬懿を脅すだけでよいと伝える。

(06)街亭

馬謖と王平が2万5千の軍勢をひきいて到着。ここで馬謖は王平の諫言を退け山上に陣を構える。やむなく王平は馬謖から5千の兵を分けてもらい、山のふもとに陣を築く。

司馬昭(しばしょう)が蜀軍の偵察に出向く。

(07)司馬懿の軍営

司馬昭が司馬懿に、すでに蜀軍が街亭の要道を占領していることを伝える。

その一方、五差路には軍営がひとつしかなく、兵も5千に満たないこと。そして、蜀軍の本営は街亭の東のセキ山(?)にあり、大軍で包囲すれば奪えそうだとも話す。

司馬懿は司馬昭に命じ、全軍で街亭の蜀軍を包囲させる。

(08)街亭

司馬懿が軍勢をひきいて到着。自ら敵の布陣を確認し、馬謖を「名ばかりの将軍」と評する。

司馬懿は張郃に、1万の兵をひきいてふもとの王平の陣を攻めるよう命ずる。また、自身は大軍でセキ山を包囲する。

(09)西暦227年 街亭の戦い

馬謖のもとに、およそ10万の魏軍に山を包囲されたとの知らせが届く。馬謖は放っておくよう命じ、正午を過ぎて疲れが溜まったころ一気呵成(いっきかせい)に攻めると告げる。

(10)諸葛亮の軍営

諸葛亮のもとに王平が描いた街亭の地図が届く。諸葛亮は馬謖が逃げ場のない孤山に本営を築いたことに激怒し、蜀軍の敗北を悟る。

諸葛亮が姜維(きょうい)に軍令を伝えさせる。

第一に関興(かんこう)と張苞(ちょうほう)には、3千の兵をひきいて武功(ぶこう)の小道を進ませる。敵に遭遇しても太鼓を叩いて鬨(とき)の声を上げるだけでよい。敵軍の撤退後、陽平関で魏延と合流せよと。

第二に張翼(ちょうよく)は剣閣(けんかく)の道を補修し、全軍が漢中(かんちゅう)へ退く準備をせよと。

第三に趙雲を陣に呼び戻す。状況は危険極まりないと。

(11)馬謖の軍営

魏軍に水源を断たれ、山上の蜀軍が渇きに苦しむ。そこへ魏軍が攻撃を仕掛けてくる。

(12)諸葛亮の軍営

姜維が諸葛亮に、司馬懿が15万の軍勢をひきいて街亭へ行き、兵を3つに分け、張郃に街亭を包囲させ、徐晃(じょこう)に陽平関を攻撃させ、司馬昭に趙雲と戦わせていることを知らせる。

徐晃について吉川『三国志』(第284話)や『三国志演義』(第94回)では、司馬懿の先鋒として新城の孟達を攻めた際、孟達の矢を額に受けたことがもとで戦死したことになっていた。なお、これは228年1月のことという設定。

ちなみに正史『三国志』によると、徐晃は前年の227年に亡くなっており、壮侯(そうこう)と諡(おくりな)されてもいる。なので、徐晃が228年1月の孟達攻めに加わったというのは創作である。

とはいえ司馬懿が孟達を斬ったのは正史『三国志』にも228年1月のことだとある。このあたり、すべてが創作でないところに『三国志演義』の巧さが感じられる。

しかし姜維は、残っている武装兵は300で、老兵と病人を合わせても2千ほどだと応ずる。それでも諸葛亮は全員を召集するよう命じ、西城(せいじょう)へ向かうと告げる。これは西城の兵糧10万石(ごく)を運び出し、全軍の撤退に備えるためだった。

(13)西城

諸葛亮と姜維が到着。城内の民も動員して兵糧の運び出しを急がせる。そこへ諸葛亮のもとに、司馬懿ひきいる数万の魏軍が攻め寄せてきたとの知らせが届く。

諸葛亮は姜維に命令を伝えさせる。旗をすべて隠して城門を開け、民を装った数名の兵士を各門に置き、街道を掃除させよ、というもの。むやみに出入りせず、大声を出してはならないとも。

(14)西城の近郊

司馬懿が軍勢をひきいて西城へ迫る。

(15)西城 城門

諸葛亮が城楼の前で箏(そう。琴〈こと〉)を弾き、司馬懿の軍勢を待ち受ける。

管理人「かぶらがわ」より

電撃作戦をもって孟達を仕留める司馬懿。才能を自負するあまり街亭で致命的なヘマをやらかす馬謖。

このドラマでは登場人物の数に制約があるらしい。申儀は出るが申耽(しんたん)は出ない、みたいな――。

ただ、そういうことまで考慮して話をつないでいくのは難しそうなので、よく考えてあるとは思います。

許褚(きょちょ)は出るが典韋(てんい)は出ない。黄忠(こうちゅう)は出るが厳顔(げんがん)は出ない。まぁ、あれもこれもと望むのは、特に映像作品ではムリがありますね。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (7) 危急存亡
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました