『三国志 Three Kingdoms』の考察 第09話「鳳儀亭の貂蝉(ほうぎていのちょうせん)」

王允(おういん)から、貂蝉(ちょうせん)が董卓(とうたく)に郿塢(びう)へ連れ去られたと聞いた呂布(りょふ)は、激しい憤りを覚える。

呂布は董卓の寝所に入り込んで貂蝉と再会したが、朝議を抜け出し鳳儀亭(ほうぎてい)で密会しているところを董卓に見つかってしまう。

スポンサーリンク

第09話の展開とポイント

(01)王允邸

貂蝉が宮中へ向かう。

(02)郿塢

宮中へ向かっていたはずの貂蝉が董卓の屋敷に連れてこられる。

(03)万楽宮(まんらくきゅう)

翌朝、呂布は王允から、董卓が貂蝉を郿塢に連れ去ったことを聞かされて激怒する。

(04)郿塢

呂布が董卓の寝所へ入り込み、貂蝉と再会する。

李儒(りじゅ)は董卓に、貂蝉を呂布に返すよう進言し董卓も納得する。ところが、董卓がこの件を話すと貂蝉に泣かれてしまい、彼女を手放すことを思い直す。

(05)万楽宮

朝議の席で王允が董卓に報告。冀州牧(きしゅうぼく)の韓馥(かんふく)が袁紹(えんしょう)との仲をこじらせ、討伐を願い出ている件。董卓は討伐を許可し、袁紹を倒した者には領地として3郡を与えると告げる。

次に、先月から曹操(そうそう)が青州(せいしゅう)と兗州(えんしゅう)で黄巾軍(こうきんぐん)の鎮圧を行い、敵兵20万を取り込んで青州兵と称し、勢力を増大している件。董卓は曹操への対策に思いを巡らせる。

最後に、この春より続く中原(ちゅうげん。黄河〈こうが〉中流域)の干ばつのため、朝廷に食糧の配給を求める声が後を絶たない件。董卓は民が飢え死にしても仕方ないと言い、配給を認めないばかりか、穀物の種を支給することも認めなかった。

(06)鳳儀亭

呂布が朝議を抜け出して貂蝉に会いに来る。ほどなくその場に董卓も駆けつけ、続いて王允までやってくる。

王允は董卓に、貂蝉を呂布に譲るよう進言する。しかし貂蝉は承知せず、自ら柱に頭をぶつける。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

冴えを増す王允と貂蝉の芝居。その一方で曹操は着実に勢力を拡大していたのでした。

この第9話はツッコミどころが少なかったのですけど、朝議が行われる(長安の)万楽宮と、董卓の私邸(というか城)がある郿塢との使い分けが曖昧だとは感じました。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました