ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第78話 「劉備、呉を伐つ(りゅうび、ごをうつ)」

劉備は張飛(ちょうひ)の急死を受け、改めて呉の孫権(そんけん)を討伐する決意を語り、群臣の反対を押し切って自ら東征に赴く。

秭帰(しき)を攻略し勢いに乗る蜀軍(しょくぐん)は、恐るべき速さで荊州(けいしゅう)へと迫り、呉都の建業(けんぎょう)に動揺が広がる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第78話の展開とポイント

(01)蜀漢(しょくかん) 成都(せいと)

張飛(ちょうひ)の弔問の場で、劉備(りゅうび)が秦宓(しんふく)に呉(ご)討伐の檄文の起草を命ずる。しかし秦宓は、先に魏(ぎ)を討伐すべきだと諫言する。

怒った劉備は秦宓の処刑を命ずるが、諸葛亮(しょかつりょう)や趙雲(ちょううん)らが助命を乞うたためひとまずは投獄にとどめた。そしてみなに、自ら呉討伐の檄文をしたためると告げる。

ここでは秦宓の字幕での紹介はなかった。

(02)丞相府(じょうしょうふ)

魏延(ぎえん)が諸葛亮に、劉備が李厳(りげん)を尚書(しょうしょ)に、黄権(こうけん)を蜀郡太守(しょくぐんたいしゅ)に、それぞれ任じ、諸葛亮に代えて李厳を重用するとのうわさを伝える。

諸葛亮は魏延を叱責したあと、馬謖(ばしょく)に劉備への上奏文を書くよう命じ、その中でいくたびも呉の討伐を諫止したことを詫びる。

(03)成都

劉備が大軍をひきい呉討伐のため出陣する。諸葛亮は従軍する馬良(ばりょう)を呼び止め、呉へ入ったら各地で地形や敵情を図面に起こし、夜のうちに成都の自分のもとに届けるよう厳命する。

ここで先の第72話(08)で消息不明になっていた馬良が再登場していた。

(04)建業(けんぎょう)

程普(ていふ)が孫権(そんけん)に、劉備が水陸約70万の大軍をひきい8月8日に成都を発ったようだと報告する。孫権はみなを集め劉備への対応を話し合う。

ここで諸葛瑾(しょかつきん)が孫権に、万策をもって劉備軍を足止めし情勢を見守るよう進言。劉備が恨んでいる范疆(はんきょう)と張達(ちょうたつ)を差し出したうえで和睦を求め、休戦するよう献策する。

だが孫権は諸葛瑾の献策に、戦わずしての和睦など屈辱であり、投降するのと変わらないと応ずる。

ここで程普が孫権に、徹底抗戦して劉備に苦戦を強いたうえ、戦局がこう着し劉備の兵糧が尽きたころを見計らい、和睦の使者を送ればよいと進言。孫権も同意する。

孫権は名乗りを上げた高齢の程普に代え、孫桓(そんかん)を鎮西左都督(ちんせいさととく)、朱然(しゅぜん)を鎮西右都督(ちんせいゆうととく)にそれぞれ任じ精鋭5万を預ける。

孫桓と朱然は孫権から、秭帰(しき)をひと月だけ守り通すよう命ぜられる。これは劉備軍が疲弊するのを待って、孫権が和睦を持ちかけるという計画に沿ったものだった。

(05)秭帰 劉備の軍営

程秉(ていへい)が劉備を訪ね、范疆と張達を差し出して和睦を求める。しかし劉備は范疆と張達に加え、程秉も処刑するよう命ずる。馬良が使者を斬らないよう諫めたものの、劉備は聞き入れなかった。

劉備が張苞(ちょうほう)と関興(かんこう)に、兵をひきいて秭帰城へ向かい、3日のうちに陥すよう命ずる。

ここでは関興の字幕での紹介はなかった。

(06)秭帰城

劉備軍が三時(さんとき)で秭帰城を攻略。張苞が一番乗りを果たし、孫桓は逃走。

ほどなく劉備も入城して手柄を称え、配下の兵士たちへの褒美として肉と酒を与える。校尉(こうい)以上の者にはさらに褒美を遣わすとも。

ここで劉備がみなに「わずか2日で国境(くにざかい)から200里(り)も進んだ。誠に順調である」と言っていた。

また、ここで馬良が劉備に「呉軍は秭帰を取られ、コウジョウ(?)・リョタイ(?)も長くは持ちませぬ。この分なら冬が訪れるまでに荊州(けいしゅう)に入れましょう」と言っていた。「コウジョウ」と「リョタイ」がわからなかった。地名のようだが……。

劉備はコウジョウとリョタイの攻略を関興に任せるが、すでに関興は兵をひきいて出陣していた。

ここでは劉備も馬良も笑っていたが、明らかに関興の軍令違反ではないだろうか?

劉備は城内を見て回り、ウテイ(禹帝?)が祭られた祠(ほこら)の門を焼こうとしていた部将をとがめる。

劉備は馬良に命じ、これより先は攻略した城をすべて蜀の地と見なすとし、寺院や家屋への無断立ち入りを禁ずる。

そしてその地の民、牛馬、田畑、租税のすべてを記録させたうえ、政令も改め、蜀の法に則った新法を発布させる。

(07)建業

孫権のもとに孫桓の敗走と秭帰落城の知らせが届く。孫権はわずか三時の激戦で城を失い、1万近い兵を戦死させたとして、孫桓と朱然のふがいなさに激怒する。

なお、この場に孫桓と朱然が逃げ戻っているわけではない。

諸葛瑾が孫権に、秭帰落城の知らせを受け国内に動揺が広がっていることを伝える。

ここで諸葛瑾が孫権に「江東(こうとう)の建業やカイコウ(?)など、他の国境の街にも混乱が生じています……」と言っていた。「カイコウ」ってどこだ?

前線から戦況報告が届き、孫権はみなの前で読み上げさせる。

蜀軍の先鋒の関興が1万の兵でコウジョウを陥し守将は自害。兵もほぼ全滅。蜀軍は軍令により奪った城内での略奪や殺りくを厳重に禁止しており、役所には新任の役人が遣わされ、田畑や民、牛馬、租税を調べたうえ、呉の政令を廃止したようだというもの。

呉国太(ごこくたい)が孫小妹(そんしょうめい)を呼び、江東の民のため劉備のもとへ戻るよう、孫権とともに頼む。

ここで孫小妹が呉国太に「(劉備は)今年で齢62のはず。さぞ年老いたことでしょう」と言っていた。

また、ここで孫小妹が呉国太と孫権に「(劉備は)5年前、自分から捨てた人です。いまさら合わせる顔などありませぬ」とも言っていた。

孫小妹が呉国太と孫権の頼みを聞き入れ、劉備のもとへ戻ることを承諾する。

(08)劉備の軍営

諸葛瑾が劉備を訪ね、孫権の書簡を差し出す。書簡の中で孫権は、妹(孫小妹)と荊州3郡を返すという条件を提示して和睦を求める。

だが、劉備は孫権の申し入れを拒否し、江東の百官を従えての投降を要求する。

(09)建業

呉国太や孫小妹のもとにも、劉備が和睦を拒んだとの知らせが届く。

管理人「かぶらがわ」より

関羽(かんう)と張飛の仇(あだ)討ちに燃え、東征を強行する劉備。帝位に即いたばかりだというのに、この判断はどうだったのでしょうか? 荊州を取り返すというならまだしも、建業まで視野に入れるのは無理がありすぎます。

それだけ義兄弟の結びつきが強かったと言えば、確かに美談かもしれませんけど――。蜀の民にはどのように映ったのでしょうね……。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました