ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第41話 「苦肉の策(くにくのさく)」

周瑜(しゅうゆ)は黄蓋(こうがい)と示し合わせ、わざと軍議の場で激しく対立してみせたうえ、黄蓋を棒で100回叩くよう命ずる。

その後、長江(ちょうこう)北岸の烏林(うりん)に陣を構える曹操(そうそう)のもとへ、黄蓋から投降する旨の密書が届く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第41話の展開とポイント

(01)赤壁(せきへき) 周瑜(しゅうゆ)の軍営

周瑜が投降してきた蔡兄弟(蔡中〈さいちゅう〉と蔡和〈さいか〉)を受け入れる。

軍議の場で、黄蓋(こうがい)が周瑜の方針を批判したうえ罵る。周瑜は諸将の懇願に免じて死罪は許すが、黄蓋を棒で100回叩くよう命ずる。

ここで程普(ていふ)が周瑜に、「黄将軍は齢60近い。100回も叩いては死に追いやるも同然。ここは何とぞ、恩情をかけてくださらぬか?」と言っていた。ここから黄蓋の年齢設定がうかがえる。

また、黄蓋が棒で叩かれていたとき、諸葛亮(しょかつりょう)の姿はあったが、魯粛(ろしゅく)は柴桑(さいそう)から赤壁へ向かっていた途中だったので、その場に居合わせていなかったという設定になっていた。

魯粛が赤壁へ戻り諸葛亮を訪ねる。魯粛は黄蓋を見舞ってきたことを話し、周瑜を諫めなかった諸葛亮を責める。

諸葛亮が、黄蓋の一件は周瑜の苦肉の計であるとの見立てを語ると、魯粛は策だと見抜いていたならそれこそ諫言すべきだったと応ずる。

魯粛は、諸葛亮が周瑜を止めてこそ策の成功の証しだと言い、この策の痛ましさが一段と増すことで真実味を帯び、周瑜の知謀を助けることになったはずだと話す。そのことについては諸葛亮も認める。

ここで魯粛が諸葛亮に「曹操(そうそう)を倒そうと主君同士が手を組み半年……」とも言っていた。

(02)烏林(うりん) 曹操の軍営

曹操のもとに黄蓋から投降する旨の密書が届く。曹操は苦肉の計だとして、黄蓋の使いの者を処刑するよう命ずる。

このドラマでは黄蓋の密書を届けた男は闞沢(かんたく)ではなく、普通っぽい密使という設定になっていた。

続いて曹操のもとに蔡中と蔡和から密書が届く。曹操は不満の色を見せているという甘寧(かんねい)らと密かにつながりを持たせ、戦(いくさ)の際にともに寝返るようにとの返答を伝えさせる。

曹操は11月15日の正午に文官と武将を帯同させ、ともに閲兵に臨むことを決める。

その後、閲兵中の曹操が于禁(うきん)に「挙兵し20年余り……」と言っていた。この時点(208年)では曹操の挙兵から20年は経っていないと思うが……。

閲兵を終えた夜、曹操が酒宴を催し、みなの前で詩(曹操の作と伝えられる「短歌行〈たんかこう〉」)を吟ずる。

このときの酒宴は船上ではなく、陸で催されたという設定になっていた。

またこの宴席では、曹操がこれまでの戦いについて振り返っていた。

自分が54歳になることに始まり、黄巾(こうきん)の平定、呂布(りょふ)・袁術(えんじゅつ)・袁紹(えんしょう)の討伐と続き、遼東(りょうとう)への遠征にまで触れたもの。この曹操54歳(208年時点)については正史『三国志』とも合っている。

ドラマでは描かれていない遼東遠征の話も出てきたが、確かにいつの間にか郭嘉(かくか)がいなくなっている。

(03)赤壁 周瑜の軍営

その夜、周瑜が外に出て対岸にある曹操の軍営を眺めていたところ、にわかに風が吹く。その風向きを見た周瑜は突然倒れる。

諸葛亮が魯粛に促され周瑜を見舞う。諸葛亮は処方と称し、周瑜の憂いごとが火攻めに適した東(東南)の風を欠いていることだと書き示す。

諸葛亮は周瑜に、自身が伝授された「鬼門遁甲術(きもんとんこうじゅつ)」を用いれば、雨や風を操ることができると話す。

諸葛亮は魯粛に、南屏山(なんぺいさん)に七星壇(しちせいだん)を築くよう頼む。諸葛亮は周瑜に、11月20日に風を起こして22日に風をやませることを提案し、周瑜の同意を得る。

この日は11月15日という設定になっていた。曹操が閲兵したあと酒宴を催した日と同日だということになる。

(04)南屏山

諸葛亮が七星壇に登り、風を呼ぶための祈とうを始める。その一方、周瑜は諸将を集めて命を下す。

程普は5千の兵をひきい、曹軍の旗を掲げて江北(こうほく)の烏林へ行き、蓄えてある敵の兵器や兵糧を焼き払うよう命ぜられる。

甘寧は3千の兵をひきいて黄州(こうしゅう)の境へ行き、敵の援軍を断つよう命ぜられる。

太史慈(たいしじ)は3千の兵をひきい、1日置いて烏林の程普の援護に向かい、東からの敵の援軍を断つよう命ぜられる。

凌統(りょうとう。淩統)は3千の兵をひきいてカイシュ(?)を取るよう命ぜられる。

董襲(とうしゅう)は3千の兵をひきいて漢陽(かんよう)を取るよう命ぜられる。

潘璋(はんしょう)は3千の兵をひきいて曹軍の旗を掲げ、1日置いて漢陽へ行き、董襲を援護し西北の敵の退路を断つよう命ぜられる。

ここまでが歩兵と騎馬兵の戦略。以下が水軍の戦略で、6つの部隊に分かれると。

韓当(かんとう)が第1部隊の隊長。周泰(しゅうたい)が第2部隊、蔣欽(しょうきん)が第3部隊、陳武(ちんぶ)が第4部隊、丁奉(ていほう)が第5部隊、徐盛(じょせい)が第6部隊の、それぞれ隊長。

この6人が300艘(そう)ずつをひきいる。東南の風が吹いてから半時(はんとき)のち、帆を揚げて北岸に攻め入る手はず。そして周瑜は南屏山の西の頂に指揮台を置き、攻め入るときに号令を下すと伝える。

これらの周瑜の命令の中には、時代(後漢〈ごかん〉時代)に合わない地名も使われているため全容を把握するのが難しかった。

(05)赤壁 周瑜の軍営

諸葛亮が祈とうを始めて3日経った11月20日。いまだ東南の風は吹かず。

呂蒙(りょもう)は周瑜に、ふた時(とき)経ったら兵を動かすと告げる。周瑜は呂蒙に、今日のうちに東南の風が吹かなかった場合はもちろん、七星壇に着いたあとで風が吹いた場合も諸葛亮を斬るよう命ずる。

(06)南屏山

東南の風が吹いたあと諸葛亮が七星壇から姿を消す。

その後、途中で待っていた小喬(しょうきょう)が、諸葛亮を自分の馬車に同乗させて燕子磯(えんしき)まで送る。

(07)燕子磯 ※渡し場

諸葛亮が、2日前から待機させていた趙雲(ちょううん)の小舟に乗り帰途に就く。

(08)赤壁 周瑜の軍営

呂蒙が周瑜に諸葛亮を取り逃がしたことを伝える。

ここで呂蒙が周瑜に、趙雲の舟は3日前から停泊していたと報告していた。前の(07)の話と1日食い違うようだが……。

周瑜は小喬に剣を突きつけ、諸葛亮を逃がしたのかと問い詰める。そのことを小喬が認めたため、周瑜は小喬にすぐに出ていくよう言い放つ。「もう二度と、私の前に現れるな」とも。

管理人「かぶらがわ」より

季節外れの東南の風がビュービューと。諸葛亮が神を思わせる活躍をしていた第41話。黄蓋がビシバシ叩かれていた印象が薄まったほどでした。

ひねくれて申し訳ないのですけど、諸葛亮が祈とうで風を吹かせたというのは史実ではありません。火攻めのときに強い東南の風が吹いていたこと自体は史実なのですけど……。

小喬が赤壁までついてくるという展開には不満を感じていましたが、まさか諸葛亮を救う役だったとは――。ここまで考えてあったのなら、ドラマだし、こういう設定もアリなのかなぁと、ちょっとだけ見方を改めました。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (3) 赤壁大戦
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました