ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第91話 「諸葛亮、軍を返す(しょかつりょう、ぐんをかえす)」

蜀軍(しょくぐん)の兵糧輸送の任にあたっていた苟安(こうあん)が予定の期日から大幅に遅れて到着。

諸葛亮は彼の怠慢を厳しくとがめたものの、死罪は免じて棒刑にとどめる。こうして苟安は帰途に就いたが、道中で魏軍(ぎぐん)に捕らえられてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第91話の展開とポイント

(01)西暦231年 キ山(きざん。ネ+阝。祁山)の戦い

司馬懿(しばい)は、諸葛亮(しょかつりょう)が敷いた陣を奇門八卦(きもんはっけ)の陣だと言い当てる。

すると諸葛亮は司馬懿に、もしこの陣を破ることができたら、自分は漢中(かんちゅう)へ引き揚げ二度と出てこないと告げる。

司馬懿は戴陵(たいりょう)・張虎(ちょうこ)・楽綝(がくしん?)を呼び、諸葛亮が敷いた陣の破り方を指示する。

ここで司馬懿は、楽綝(がくりん。がくちん)のことを「ガクシン」と呼んでいたようだった。ただ、セリフの聴き取り違いかもしれないので断定はできず。楽綝は楽進(がくしん)の息子。正史『三国志』によれば楽進は218年に亡くなっているので、この場面で出てくるはずはないか……。

ここでの司馬懿の指示は、まずは真東にある生門(せいもん)から突入。続いて西南の休門(きゅうもん)の方向に進み、そこから出る。そののち素早く北へ向かって開門(かいもん)より突入。それでこの陣は破れる、というものだった。

3人は司馬懿の指示に従い兵をひきいて突入するが、諸葛亮が巧みに陣形を変化させたため陣から出られなくなる。

しばらくして諸葛亮から司馬懿への贈り物ということで、捕らえられた3人が送り帰されてくる。

司馬懿は腹を立て、司馬昭(しばしょう)の制止を聞かず蜀軍(しょくぐん)への総攻撃を命ずる。

諸葛亮は山上から司馬懿の敗走を見届ける。

姜維(きょうい)は追撃を願い出るが諸葛亮は許さず、自軍の兵糧が尽きたことを明かす。10日前に届くはずだった兵糧がいまだに届いていないとも。

(02)司馬懿の軍営

司馬懿は全軍を50里(り)後退させて砦へ入るよう命じ、勝手な出陣を禁ずる。

(03)諸葛亮の軍営

兵糧の運搬にあたっていた苟安(こうあん)が期日から15日も遅れて到着。

諸葛亮はその怠慢を厳しくとがめるが、苟安が初めての任務であったことを考慮し80回の棒刑にとどめる。この苟安は李厳(りげん)の甥でもあった。

(04)帰途に就いた苟安

苟安が道中のモウ山(?)の小道で、孫礼(そんれい)ひきいる魏軍(ぎぐん)に捕らえられる。

(05)司馬懿の軍営

司馬懿は捕らえた苟安が李厳の甥だとわかると、命を助けたうえ一計を授ける。

(06)蜀漢(しょくかん) 成都(せいと)

苟安が李厳に、兵糧を届けるのが幾日か遅れたため、諸葛亮から80回の棒刑を受けたことを話す。

そして苟安は李厳に、帰りの道中で魏の役人から手に入れたという、司馬懿が曹叡(そうえい)にあてた密書を手渡す。

この密書には、諸葛亮が司馬懿から大金を受け取り両軍撤退の密約を結び、渭水(いすい)を境に互いに侵犯しないことを約束した旨が書かれていた。

李豊(りほう)は司馬懿の離間(りかん)の計を疑うが、李厳はその可能性があるとは認めながらも、この件を劉禅(りゅうぜん)に知らせることにする。

ここでは李厳が字幕どおり成都にいたのかがはっきりしなかった。ちなみに『三国志演義』(第100回)では、李厳は永安城(えいあんじょう)にいたことになっていた。

また、苟安が退出したあと李厳が李豊に、「馬の用意を。成都に参る」と言っていたのも気になった。もし成都にいるなら、「成都に参る」などと改めて言うのはおかしいと思うので……。

(07)成都宮(せいときゅう)

李厳が劉禅に司馬懿の密書を差し出し、諸葛亮が許可なく密約を結んだことを問罪。劉禅は李厳に不安を煽(あお)られ、諸葛亮を呼び戻す詔(みことのり)を下した。

(08)諸葛亮の軍営

諸葛亮のもとに劉禅直筆の詔が届く。諸葛亮は、劉禅が理由として持ち出した呉軍(ごぐん)の侵攻は偽りだと見抜くが、自身は成都へ戻ることにする。

諸葛亮は魏延(ぎえん)と王平(おうへい)に全軍の指揮を任せ、各陣は動かずに撤退しないことを決めたうえ、自身は姜維と50人の兵を伴い成都へ向かう。

(09)成都

李豊のもとに諸葛亮が10里ほどまで来ているとの知らせが届く。李豊は諸葛亮が姜維と数十人の兵しか連れていないと聞き、100里四方に軍勢がいないか探らせる。

(10)成都宮

諸葛亮が劉禅と会い、自分を呼び戻した理由を尋ねる。劉禅は返す言葉に詰まり、李厳に促されて司馬懿の密書を取り出し諸葛亮に手渡す。

諸葛亮は司馬懿の計だと断じ、李厳に密書の入手経緯を尋ねる。

李厳は諸葛亮に「都尉(とい)の苟安が、成都に戻る道中に魏の使いから取り上げたそうだ」と答えるが、肝心の苟安がこの場にいないことを追及される。

諸葛亮は姜維に命じ、劉禅に苟安が魏に捕らえられていたことなどを報告させる。

それでも李厳は判断を誤ったことを認めず、代わって李豊が諸葛亮の無実を証言。怒った李厳は李豊を平手打ちする。劉禅は諸葛亮に詫びたうえ、李厳の投獄を命ずる。

(11)成都 牢獄

諸葛亮が李厳を訪ね、蜀への思いを述べ合う。

ここで李厳が諸葛亮に、諸葛亮への恨みはないが、国を挙げて北伐することには反対だと言っていた。

(12)成都宮

劉禅がみなに、李厳がキ山の軍営に送る兵糧を集められなかったため、呉が侵攻してきたとの偽情報を流したことを伝える。

そのうえで劉禅は、長年の功績と諸葛亮の執り成しを考慮し、李厳を庶民に降格し二度と登用しないとの処分にとどめる。

諸葛亮は劉禅から李厳の後任について尋ねられ、命を懸けて李豊を推挙。劉禅も起用を許す。

(13)成都

諸葛亮は李豊から、李厳が故郷の梓潼(しどう)に向かったことを聞く。

李厳の故郷が梓潼だというのはドラマのオリジナル設定か? 正史『三国志』によると李厳は南陽郡(なんようぐん)の出身。ここでの梓潼郡はあくまで流刑地という扱いになっていたが――。

また、ここで諸葛亮が李豊に「忌憚(きたん)なく申さば、李厳がうらやましい。私も南陽に帰って、山中で余生を送りたいものだ……」と言っていた。これも諸葛亮の場合、帰るとしても襄陽(じょうよう)郊外の隆中(りゅうちゅう)に帰るのでは? 南陽にこだわるのは『三国志演義』の踏襲だと思うが、話としては合わない。

続いて諸葛亮は李豊から、北伐中に劉禅が自分のために大きな屋敷を建てさせたことを聞く。諸葛亮は李豊に命じてこの屋敷を封鎖させ、洛陽(らくよう)を陥すまでは(屋敷に)入らないと告げる。

諸葛亮は姜維に、2日後にキ山の軍営へ戻ると伝え、準備を整えておくよう命ずる。

管理人「かぶらがわ」より

諸葛亮に馬鹿にされ、怒りの突撃を仕掛けるも敗走する司馬懿。

司馬懿の計にハマったことで失脚する李厳。ですが、李厳の考え方には見どころもあったと思います。

劉備(りゅうび)への盲目的な忠誠より、蜀の民のことに思いを致した結果と言うべきなのではないでしょうか?

確かに蜀から打って出なくても、いずれは魏に滅ぼされていたかもしれません。それでもあくまで北伐にこだわる諸葛亮の考え方が、すべて正しいとも思えないのです。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (7) 危急存亡
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました