ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第83話 「白帝城に孤を託す(はくていじょうにこをたくす)」

夷陵(いりょう)で呉軍(ごぐん)に大敗したあと、白帝城に留まったまま成都(せいと)へ戻ろうとしない劉備(りゅうび)。

そして223年、己の死期を悟った劉備は諸葛亮(しょかつりょう)を呼び、跡継ぎについての考えを話し始める。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第83話の展開とポイント

(01)白帝城(はくていじょう)

船着き場で諸葛亮(しょかつりょう)が呉(ご)へ帰る諸葛瑾(しょかつきん)を見送る。

ここで諸葛亮が諸葛瑾に馬謖(ばしょく)の話として、陸遜(りくそん)が魚腹浦(ぎょふくほ)で数頭の馬を使い、八卦(はっけ)の陣を破ったことに触れていた。このシーンのやり取りだけではよくわからなかったが前の第82話(03)を参照。

劉備は諸葛亮に、劉禅(りゅうぜん)の補佐役が望みならそうしてほしいと言う一方、劉禅が大業を成す器ではないと見極めたときは諸葛亮自身が帝位を継げとも言う。

諸葛亮は忠節を貫くと述べ、劉禅を補佐すると誓う。劉備は劉禅に諸葛亮への拝礼を命じ、今後は彼を父と仰いで仕えるよう諭す。

馬謖が劉備に、大臣たちが外で待っていることを伝える。

馬謖が退出したあと、劉備は諸葛亮に馬謖をどう見ているか尋ねる。諸葛亮は、当代の英才で陸遜にも劣らないと答える。

しかし劉備は、馬謖の言葉が誠に大仰(おおぎょう。大げさ)だとし、大事は任せられないだろうと告げる。

劉備は諸葛亮に外で待っているみなを呼び入れるよう言うが、ほどなく息を引き取る。

亡くなる直前の劉備が、劉禅に「高祖本紀(こうそほんぎ)」の暗唱をさせていた。前よりは少しだけ覚えた劉禅だったが、結局まともに暗唱できず、最期まで劉備を悲しませたという設定になっていた。ここまでやる必要があったのかとも思うが、暗唱のくだりについては先の第76話(08)を参照。

劉備が亡くなったあとナレーションが入っていた。「西暦223年。劉備は大業の半ばで白帝城に崩御(ほうぎょ)した。享年63。劉禅が位を継ぎ、蜀漢(しょくかん)は劉禅の時代となった」と。

(02)建業(けんぎょう) 孫小妹(そんしょうめい)の墓前

諸葛瑾が孫権(そんけん)のもとに戻り、再び蜀との連盟が成立したことを報告する。

ここで孫権は諸葛瑾に、劉備が夷陵で大敗したあと孫小妹が何も食べずに病を発し、そのまま亡くなったことを知らせる。さらに諸葛瑾は孫権に劉備が亡くなったことも伝える。

ここでは孫小妹が亡くなった日を4月25日とし、劉備が亡くなった日を4月24日としていた。

孫小妹(孫夫人)について『三国志演義』(第84回)では、猇亭(おうてい)で蜀軍が敗れたあと、劉備も戦死したという誤報が流れ、それを聞いた孫夫人は長江(ちょうこう)に身を投げて死んだことになっていた。

なので、ドラマではさらに踏み込んだ設定を採っていると言える。なお正史『三国志』では孫夫人の死には触れられていないようだ。劉備の死については、吉川『三国志』、『三国志演義』、正史『三国志』とも223年4月24日ということで一致している。

(03)洛陽(らくよう) 司馬懿邸(しばいてい)

曹丕(そうひ)が司馬懿を訪ね、劉備が白帝城で亡くなったことを伝える。

曹丕は司馬懿に蜀を討伐する考えを示す。司馬懿も賛意を示したうえ、5つの大軍を用いて諸葛亮の動きを封ずるよう献策する。

その第一は曹丕が書状をしたためたうえ、鮮卑(せんぴ)の軻比能(かひのう)に使者を遣わす。金などの賄賂(わいろ)を贈り、精鋭10万を出兵させて西平関(せいへいかん)を取る、というもの。

西平関は『三国志演義』における創作の関名。

その第二は蛮王(ばんおう)の孟獲(もうかく)に恩賞を与え、蛮兵10万を出兵させて益州(えきしゅう)を攻める、というもの。

その第三は蜀から降った孟達(もうたつ)に新城(しんじょう)の兵10万を出兵させて漢中(かんちゅう)を攻める、というもの。

その第四は建業へ使者を遣わして孫権と修交し、成功の折には益州を山分けすると約束。孫権に兵10万を出させてセンキョウ(?)を攻略しフジョウ(?)を取る、というもの。

「センキョウ」はよくわからなかったが、「フジョウ」は「涪城(ふうじょう)」のことかと思われる(イマイチ自信はないが……)。

「涪城」は「フジョウ」とも読めるが、先の第65話(01)などでは「フウジョウ」と読んでいた。こういう揺れがあるとわかりにくい。白帝城(永安〈えいあん〉)の東には「巫(ふ。巫城)」という場所もあるので……。

曹丕は司馬懿の策を称え、大都督の人選について尋ねる。すると司馬懿は自身がその役目を願い出る。だが、曹丕は司馬懿の身を危険にさらしたくないと言って聞き入れなかった。

その代わり司馬昭(しばしょう)を洛陽の主簿(しゅぼ)から中郎将(ちゅうろうしょう)に抜てきし、司馬懿ともども軍議に加わるよう命じた。

(04)成都(せいと)

劉禅のもとに急ぎの知らせが4つも届く。

その第一は鮮卑の軻比能が10万の軍勢をひきい、西平関を攻めている、というもの。

その第二は蛮王の孟獲が10万の蛮軍をひきい、益州南部の各郡を攻めている、というもの。

その第三は蜀から魏(ぎ)に降った孟達が曹丕の命を奉じ、漢中を攻めている、というもの。

その第四は魏の大将軍(だいしょうぐん)の曹真(そうしん)が20万の軍勢をひきい、陽平関に迫っている、というもの。

この知らせを受けた劉禅は、諸葛亮が病と称して朝議に姿を見せないことに動揺する。

(05)丞相府(じょうしょうふ)

劉禅が諸葛亮を訪ね、四方面から攻撃を受けていることを伝える。

諸葛亮は劉禅に、西平関には馬超(ばちょう)を遣わせばよいこと。

孟獲に対しては魏延(ぎえん)を遣わし、左右交互に兵を動かす疑兵(ぎへい)の計を用いること。

陽平関へはすでに趙雲(ちょううん)を遣わし守りを固めていること。

孟達へは生死をともにする契りを交わした李厳(りげん)の書状を届け、利害を説かせたこと。

このような四方面への対応を明かしたうえ、万一に備えて張苞(ちょうほう)と関興(かんこう)に3万の兵を預け、各地の救援を命じてあることも話す。

ここで諸葛亮が劉禅に、陽平関に向かっている曹真の軍勢は15万の精鋭だと言っていた。20万ではなかったのか? なお『三国志演義』(第85回)では、五方面軍いずれも10万ということになっていた。

さらに諸葛亮は劉禅に、連盟を結んでいる孫権にも注意が必要だと話し、魏の使者が呉へ向かっているはずだと推測する。

諸葛亮は劉禅に、呉へ使者を遣わし、孫権に大義と利害を説明させるよう勧める。そのための使者として馬謖を起用し劉禅の許しを得た。

(06)建業

孫権が魏の使者に会うことを引き延ばし、10日以上も宿で待たせる。孫権は張昭(ちょうしょう)に、魏の四方面攻勢の状況を見たうえで進退を判断したいと話す。

張昭は孫権に、(魏から受けている)蜀を討伐するという提案を承諾したように見せかけ、実際の進軍時期は定めないよう進言する。

そこへ孫権のもとに魏の使者からの伝言が届く。本日中に目通りできないときは魏と敵対すると見なし、許都(きょと)へ報告に戻るというもの。

ここでは洛陽ではなく許都の名を挙げていた。曹丕が許都に行幸していたという意味なのだろうか?

孫権は顧雍(こよう)に魏の使者を呼ぶよう命ずるが、ちょうど蜀の使者として馬謖が着いたとの知らせが届く。

孫権は、馬謖が持参したという諸葛亮の書簡に魏の四方面攻勢への防御策が書かれているのを見て、諸葛亮に勝算があることを察する。

張昭は孫権に、この諸葛亮の書簡そのものが疑兵の計かもしれないと言い、馬謖に会って真偽を試すよう勧める。

孫権は張昭の進言を容れ、大きな鼎(かなえ)に油を煮えたぎらせ、屈強な兵士たちを並べたうえ、馬謖を呼び入れ話を聴くことにする。

管理人「かぶらがわ」より

曹操(そうそう)の死から3年余り、ついに劉備も亡くなってしまいました。

しかし、なぜドラマでは呉へ遣わした使者を鄧芝(とうし)ではなく、馬謖ということにしたのでしょう。あとで馬謖がヘマをやるので、ここで異才ぶりを強調しておく意図があるのでしょうか?

確かにドラマの元ネタになっている『三国志演義』自体、正史『三国志』のエピソードからその手柄を別人に付け替えたりする手法が目立ちます。個人的にはまったくの創作よりひどいと感ずるものもあります。

それが、ドラマでも同様の手法が使われるとは――。

特につながりがないと思われる記事が、あとで別の記事とつながっていたりもします。こういう入れ替えは安直だと思います。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました