ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第70話 「楊修の死(ようしゅうのし)」

219年、夏侯淵(かこうえん)の戦死を受けて自ら漢中(かんちゅう)攻略に向かった曹操(そうそう)。

ある夜、陣中の合い言葉を聞いた楊修が、みなに帰還の準備を始めるよう勧めたことに激怒し、彼の処刑を命ずる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第70話の展開とポイント

(01)西暦219年 定軍山(ていぐんざん)の戦い

黄忠(こうちゅう)の攻撃を受けた夏侯淵(かこうえん)が、配下の兵士を遣わし曹操(そうそう)に援軍を求める。

(02)曹操の軍営

曹操のもとに夏侯淵からの援軍要請が届く。

曹操は使いの兵士に休息を命じ、準備ができしだい3万の軍勢を付けて徐晃(じょこう)と許褚(きょちょ)を救援に向かわせると告げ、夏侯淵にあと1日死守するよう伝えさせる。

曹操が司馬懿(しばい)に指摘され、定軍山への援軍を約束したことは気休めにすぎないと認める。

ここで曹操が司馬懿に「第一の関を攻め落とされて以来、これで何度目の負け戦(いくさ)となろう」と尋ね、司馬懿が「4度目です」と答えていた。

(03)漢中(かんちゅう) 劉備(りゅうび)の軍営

劉備のもとに黄忠が夏侯淵の首を携えて戻り、定軍山の攻略を報告する。

劉備は黄忠を征東将軍(せいとうしょうぐん)に任じたうえ、天子(てんし)に上奏して爵位を求めると告げる。そして、みなに全軍を挙げて曹操との決戦に臨むと宣言する。

(04)曹操の軍営

曹操のもとに定軍山の陥落と夏侯淵の戦死の知らせが届く。そこへ劉備から挑発する書簡が届き、曹操はその内容に激怒する。

曹操が劉備軍の位置を尋ねると、許褚が、すでに趙雲(ちょううん)と黄忠は渭水(いすい)を渡り、劉備は35万の軍勢をひきいてその後ろに続いていると答える。

同じく徐晃の位置を尋ねられると、許褚が、徐晃は浮き橋を架けて渭水を渡り、西側に砦を築いており、韓信(かんしん)に倣い背水の陣の覚悟と思われると答える。

曹操は「徐晃は兵書を読みあさるが理解が浅い」と言い、背水の陣を敷いた韓信の相手には策略がなかったものの、自分たちの相手は劉備と諸葛亮(しょかつりょう)だと非難する。

さらに曹彰(そうしょう)の位置を尋ねられると、許褚が、曹操の命に従い5万の精鋭とともにこちらに向かっており、現在は斜谷(やこく)まで来ていると答える。

曹操が、今夜の合い言葉を聞きに来た部将に「鶏肋(けいろく)」と伝える。この合い言葉を聞いた楊修(ようしゅう)は配下の者に帰還の準備を命ずる。

曹操はみなが帰り支度をしているのを見て理由を問いただし、楊修の処刑を命ずる。

曹操はみなを集め、翌日、五界山(ごかいざん)で劉備を迎え撃つと宣言する。

(05)西暦219年 漢中の戦い

曹操と劉備が大軍をひきいて対陣し、陣頭に出て言葉を交わす。その後、両軍が真っ向から激突する。

ここで劉備が曹操に「僭越(せんえつ)にも王を自称し、献帝(けんてい)を囲い込み、皇后(こうごう)を殺(あや)め、忠臣を虐殺した……」と言っていた。このドラマでは先の第22話(02)で、曹操が董貴妃(とうきひ)を縊殺(いさつ)させたことだけに触れていたはず。やはり董貴妃を皇后として扱っているようだ。

(06)曹操の軍営

開戦から3日目、曹操のもとに馬超(ばちょう)が1万余りの兵をひきいて現れ、浮き橋を奪われたとの知らせが届く。曹操は徐晃に鉄騎をひきいて迎え撃つよう伝える。

続いて曹操のもとに、魏延(ぎえん)が数千の騎兵をひきいて現れ、兵糧本営を攻め落としたとの知らせも届く。

司馬懿が曹操にまだ趙雲が現れていないと注意を促していたところ、趙雲がこの本陣に突入したとの知らせが届く。これを聞いた曹操は激しい頭痛に襲われて気を失う。

(07)退却中の曹操

曹操から戦況を尋ねられた司馬懿が、失った兵は25~30万、輜重(しちょう)や兵糧もことごとく失い、漢中の城はいずれも劉備の手に落ちたことを伝える。

また、事は急を要していたため、曹操が気を失っている間に程昱(ていいく)・曹彰・徐晃らと相談のうえ撤退命令を出し、許都(きょと)へ引き揚げる途中だとも告げ、越権行為を謝罪する。

曹操は撤退命令を出したことをとがめず、後方の様子を尋ねる。司馬懿は、曹彰が3万の兵をひきいて斜谷に潜んでいると答える。

ここで曹操から策を求められた司馬懿が、やはり孫権(そんけん)に書状を送り、荊州(けいしゅう)を攻めさせるべきだと進言する。

(08)漢中

劉備がみなの労をねぎらい酒宴を催す。この席に劉封(りゅうほう)・孟達(もうたつ)・王平(おうへい)の三将軍が上庸郡(じょうようぐん)一帯を陥し、漢中全域を掌握したとの知らせが届く。

ここで法正(ほうせい)が劉備に漢中王となるよう勧め、張飛(ちょうひ)も賛成するが、劉備は同意しなかった。しかしみなからもに推す声が上がり、諸葛亮も賛意を示す。そのため劉備も王位に即くことを承諾する。

(09)荊州 襄陽(じょうよう)

関羽(かんう)のもとに、劉備が漢中を攻略し漢中王に即位したとの知らせが届く。

関羽は樊城(はんじょう)攻めを口にし、馬良(ばりょう)に諫められる。

ここで馬良が関羽に「(樊城を守っている曹仁〈そうじん〉は、)5年前には周瑜(しゅうゆ)をあとひと息で仕留めるところまで追い詰めました」と言っていたが……。

関羽は馬良の諫言を聞き入れず、傅士仁(ふしじん)と糜芳(びぼう)に2万の精鋭を預け、翌日の出立を命ずる。まずはギジョウ(宜城?)を取り、関羽自らがひきいる大軍を待って樊城を取るのだと。

ところがその夜、傅士仁と糜芳の軍営で失火があり軍営の半分が燃えてしまう。関羽は傅士仁と糜芳を斬るよう命ずるが、助命を求めた馬良の顔を立てて命は助ける。

しかし、関羽は大きな板でふたりを40回叩かせたうえ3等降格とし、糜芳は南郡(なんぐん)を、傅士仁は公安(こうあん)を、それぞれ守るよう命ずる。

関羽は改めて関平(かんぺい)と廖化(りょうか)を先鋒とし、翌日の出立を命ずる。

(10)許都

曹操のもとに、関羽がギジョウを陥し、さらに樊城を包囲したとの知らせが届く。曹仁が救援を求めているとも伝わる。

曹操はみなが関羽と戦うことに尻込みしたため、于禁(うきん)を大将に指名する。

于禁が先鋒の武将を付けてほしいと求めると、名乗りを上げた龐徳(ほうとく)が2階級昇進のうえで起用される。

于禁と龐徳は8万の軍勢をひきいて樊城へ向かうことになり、曹操も20万の軍勢をひきいて後方支援に回ると告げる。

みなが退出したあと、ひとり残った于禁が曹操に、龐徳がもともと馬超の部下だったことなどを挙げて起用を危ぶみ、別の武将に代えてほしいと頼む。

曹操は龐徳を呼び先鋒の取り消しを伝え、馬超らが劉備に仕えていることへの不安を話して聞かせる。

龐徳は額を床に打ちつけて忠誠を表し、その様子を見た曹操は改めて先鋒として認める。

管理人「かぶらがわ」より

夏侯淵の戦死と楊修の処刑。魏王曹操に対抗して漢中王を名乗る劉備。ようやくそれっぽくなってきました。

正史『三国志』によれば、于禁は当初から無能な将軍だったわけではありません。ただ、この樊城への救援では失態を演じてしまいましたね。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました