ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第69話 「曹丕、乱を平らぐ(そうひ、らんをたいらぐ)」

曹操(そうそう)の専横を憂えていた少府(しょうふ)の耿紀(こうき)らは、同志を募って曹操の襲撃を計画する。

そして決行当日、手はず通りに五鳳楼(ごほうろう)の馬小屋から火の手が上がるが、曹操は曹丕や曹彰(そうしょう)らの活躍によって事なきを得た。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第69話の展開とポイント

(01)許都(きょと) 白馬門(はくばもん)

荀彧(じゅんいく)に制止された曹植(そうしょく)が丁儀(ていぎ)に命じて門を突破しようとしたところ、ちょうど曹操(そうそう)がやってくる。

曹操は曹植の頰(ほお)を平手で打つが、曹植ではなく門番を処刑するよう命ずる。荀彧が皮肉を言うと、曹操は許褚(きょちょ)に命じて白馬門を取り壊させる。

曹操らが去ったあと荀彧はその場に倒れ、少府(しょうふ)の耿紀(こうき)に助け起こされる。

(02)丞相府(じょうしょうふ)

曹操が、程昱(ていいく)に果物が入っているという箱を持たせ、病に伏した荀彧を見舞うよう命ずる。

(03)荀彧邸

程昱が荀彧を見舞い、曹操から預かった箱を置いて帰る。

程昱が帰ったあと荀彧が箱を開けてみると、中には果物など入っておらず空だった。これを見た荀彧は曹操の真意を悟り、剣を執って自害する。

曹操が曹丕(そうひ)を伴い荀彧を弔問する。

ここで曹操が荀彧の活躍を振り返っていた。興平(こうへい)元(194)年の陶謙(とうけん)征伐、張邈(ちょうばく)の謀反、建安(けんあん)5(200)年の官渡(かんと)の戦い。この3項目に言及。

また、ここで曹丕が供物を入れてきた箱が例の箱と似ていた。細かいところだが、意図的にそうしたのなら深い設定だと思う。

(04)耿紀邸?

耿紀が同志たちを集め、五鳳楼(ごほうろう)で曹操を襲撃する手はずを整える。

(05)五鳳楼

真夜中、手はず通りに馬のエサ小屋から火の手が上がる。衛兵が火を消している隙に耿紀は同志たちをひきいて突入する。

曹操は許褚の報告を受け無理にこの場を動かないことにし、許褚に五鳳楼を守り抜くよう命ずる。

(06)曹丕邸

曹丕のもとに城内で火事が起きたとの知らせが届く。曹丕は下僕たちを集めて五鳳楼へ向かい、途中で曹彰(そうしょう)と合流する。

(07)五鳳楼

曹丕や曹彰らの活躍によって反乱は鎮圧され、首謀者の耿紀が捕らえられる。

ここで曹操が耿紀に「コウショウキョウ。ひとつそなたに聞かせてほしい……」と言っていた。「コウ」は「耿(耿紀の姓)」だと思うが、「ショウキョウ」のほうの意味がわからなかった。

(08)曹丕邸

司馬懿(しばい)が曹丕を訪ね、その無事を確認する。一方で司馬懿は、五鳳楼へ一番に駆けつけたという曹丕に、曹操が謀反の画策を疑っているだろうと指摘して立ち去る。

五鳳楼へ駆けつけた曹操の息子は曹丕と曹彰のふたり。曹植は文人仲間と酒を飲み、酔っていて駆けつけなかったという設定だった。

(09)丞相府

程昱が曹操に、耿紀に加担した者を全員捕らえて処刑したと報告する。

ここで程昱は耿紀のほかに、司直(しちょく)の韋晃(いこう)、太医(たいい)吉平(きっぺい)の子の吉邈(きっばく)と吉穆(きっぼく)、ほか名家の子弟、キンキ(金禕?)ら50人余りと報告していた。

曹操は程昱に、まだ捕らえていない者もいるとして、ひとり残らず厳しく調べ上げ、残党を見つけ出すよう命ずる。

また曹操は程昱に、五鳳楼へ助けにこなかった曹植に、近衛軍をひきいて鄴城(ぎょうじょう)をエイシュ(?)せよとの命を伝えさせる。

(10)許宮(きょきゅう)

曹操が百官を集め、耿紀や韋晃らが五鳳楼に火を放った際の行動を尋ねる。賊を討とうとした者は赤旗のもとへ、出なかった者は白旗のもとへ行けというもの。

曹操は司馬懿や楊修(ようしゅう)ら、白旗のもとに集まった者たちには金20両(りょう)を与えて職務に戻らせる。

その一方、赤旗のもとに集まった者たちは全員捕らえるよう命じ、ショウガ(漳河?)まで連れ出し首を刎(は)ねさせる。

ここで漳河を持ち出していたが、許宮の近くに漳河があるわけがない。おそらく許都と鄴とを混同している。

『三国志演義』(第69回)では官僚たちを鄴に護送したうえ、赤旗(紅旗)と白旗の展開に持ち込んでいるため、漳河が出てきても矛盾がない。このドラマでは百官を鄴ではなく許宮に集めたことにしたため、こういった矛盾が生じたのだと思う。エピソードだけをつなげることの難しさを表した一例だろう。

また、ここでの曹操の冠には玉飾りが9旒(りゅう)しかなかった。前の第68話(06)の内容と異なっている。

曹操は五鳳楼での行いを見ていたこともあり、曹丕に世継ぎとすることを告げる。

曹操は司馬懿を呼び、曹丕を世継ぎと定めたことを伝えたうえその補佐を頼む。

曹操のもとに漢中(かんちゅう)の曹洪(そうこう)から急報が届く。黄忠(こうちゅう)が2万の軍勢をひきいて要害を攻め取り、甚大な死傷者が出ているというもの。また、堅牢な関所も破られたということで、援軍を求めるとも。

これを聞いた司馬懿が曹操に、「劉備(りゅうび)は何としても王になるつもりです。目下、蜀(しょく)と荊州(けいしゅう)を占め、その兵馬は100万を下らず、将軍も千人を超えます……」と言っていた。

正史『三国志』を見れば、劉備軍が100万などというのはあり得ないことがわかる。赤壁(せきへき)の曹操軍83万と同様、『三国志演義』によるかさ上げがあると理解したうえで、あくまでドラマの設定と割り切って楽しむべきだろう。

司馬懿は曹操に、漢中にて曹仁(そうじん)が10万の軍勢で敵をおびき寄せる隙に、曹操が自ら30万の軍勢をひきいて南下し荊州を取るよう献策する。

曹操は司馬懿の策を評価したうえで手直しし、曹仁のほうが10万の軍勢をひきいて南下し、樊城(はんじょう)に駐屯して荊州を攻め取る。そして自ら30万の軍勢をひきい、漢中で劉備を迎え撃つことを決める。

曹操は司馬懿に漢中への従軍を命ずる。そこで司馬懿は曹操に、孫権(そんけん)に書状を送り、ともに出兵して荊州を取ろうと持ちかけるよう進言。これを曹操が容れる。

ここで曹操が合肥(ごうひ)で孫権を破ったことに触れていた。

(11)益州(えきしゅう) 成都(せいと)

劉備がみなに全軍で漢中へ攻め入ることを宣言する。諸葛亮(しょかつりょう)は荊州での有事を想定し、全軍を挙げての出撃を憂慮したが劉備は聞き入れなかった。

(12)揚州(ようしゅう) 柴桑(さいそう)

陸遜(りくそん)が孫権に、曹操から荊州への出兵を求める書状が届いたことを伝える。そして、劉備からも曹操を攻めてほしいとの書状が届いたとも伝える。

陸遜は孫権に、双方に応じておき兵は出さないよう勧める。孫権は陸遜の進言を容れたうえ、双方に兵糧10万を要求することを決める。

孫権は陸遜を副都督(ふくととく)に任じ、屈強な勇士を召集して騎馬隊1万と歩兵1万を調練し、今後に備えるよう命ずる。また、双方から届くはずの兵糧20万をすべて陸遜に渡すとも伝える。

(13)漢中

黄忠が夏侯淵(かこうえん)の砦を攻める。

管理人「かぶらがわ」より

悲壮な荀彧の死。相手が悪すぎた耿紀の死。そして、とうとう曹丕が王太子(おうたいし)に――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました