ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第68話 「単刀会(たんとうかい)」

劉備(りゅうび)が益州(えきしゅう)を領したことが伝わると、さっそく孫権(そんけん)はかねてからの懸案である荊州(けいしゅう)返還問題の決着を迫る。

劉備から荊州の軍政を委ねられていた関羽(かんう)は、この件で孫権配下の魯粛(ろしゅく)との会談に臨むことになるが、あえて周倉(しゅうそう)ひとりだけを随行させた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第68話の展開とポイント

(01)益州(えきしゅう) 成都(せいと)

諸葛瑾(しょかつきん)が諸葛亮(しょかつりょう)を訪ね、孫権(そんけん)が一族38人を投獄し、荊州(けいしゅう)の返還を求めに行くよう命じたことを話す。諸葛亮は劉備(りゅうび)に頼んでみると請け合う。

劉備が諸葛瑾と会い、荊州返還の第一段階として長沙(ちょうさ)・零陵(れいりょう)・桂陽(けいよう)の3郡の返還を決める。また、漢中(かんちゅう)を取ったのち残りの郡もすべて返還するとも述べた。

(02)荊州 襄陽(じょうよう)

諸葛瑾が関羽(かんう)を訪ね、3郡の返還を命ずる劉備の軍令状を見せる。しかし関羽は3郡の返還を拒否し、諸葛瑾を追い返す。

その一方、関羽は関平(かんぺい)に命じ、水軍を派遣して沿岸に陣を構えさせ、呉(ご)が3郡を奪いにくるのを防がせる。さらに、呉の役人が長沙に赴任しようとしたらみな追い返すようにとも付け加えた。

ここまでも何度か採り上げてきたが、まだこの時点でも孫権の勢力を「呉」と呼ぶのは早すぎると思う。

(03)揚州(ようしゅう) 柴桑(さいそう)

孫権の命を受けたフウタイシ(?)が零陵に赴任しようとしたが、江上で関羽の軍勢に追い返されて戻る。

「フウ」は姓(馮?)だろうが「タイシ」は「大使」か? それとも「フウ太守(ふうたいしゅ)」と言っているのか? ここはうまく聞き取れなかった。

呂蒙(りょもう)が賈華(かか)を連れ、関羽に会うため荊州へ向かう。

(04)襄陽

関羽は呂蒙では相手にならないと退け、魯粛(ろしゅく)を連れてくるよう言う。

呂蒙は関羽に、魯粛は病が重いため遠出はできないと答える。すると関羽は自分が陸口(りくこう)の河岸まで出向くと伝える。

(05)陸口

魯粛が病を押して軍営に到着し、呂蒙に水軍を20里(り)後退させるよう命ずる。その夜、呂蒙はこれまでの恩義に感謝し、魯粛の足を洗う。

翌日、関羽は周倉(しゅうそう)ひとりを伴い魯粛を訪ねる。

酒宴の席で魯粛は、関羽に改めて荊州3郡の返還を求める。

ここで周倉が「天下の土地は徳ある者の手に。呉の独り占めはならぬ」と言い、関羽は周倉をその場から下がらせる。

そのあと魯粛が立ち上がり、関羽に伏兵がいることを耳打ちし、自分を盾にして逃げるよう促す。関羽は魯粛の態度に感じ入り、荊州3郡の返還を認める。

魯粛は関羽を見送ったあとで倒れ、危篤に陥る。

魯粛は呂蒙に、返還が決まった3郡へ最初は兵を派遣せず、文官を数人だけ赴任させるよう伝える。

魯粛と呂蒙が話しているところへ、曹操(そうそう)が20万の精鋭をひきいて漢中を攻め取ったとの知らせが届く。張魯(ちょうろ)は投降し、漢中12郡がすべて曹操の手中に収まったとも。

漢中に12も郡があったのだろうか? また、このあたりの戦いの様子がバッサリ切られていたのは残念だった。

魯粛は呂蒙に、曹操と劉備の勢力を見極めたうえ、状況に応じて手を組む相手を変えるよう伝える。こうして魯粛は呂蒙に後事を託すと、孫権への書簡をしたためようとしつつ亡くなる。

(06)許都(きょと)

百官が入朝したあと曹操が現れる。

曹操・荀彧(じゅんいく)・程昱(ていいく)・許褚(きょちょ)など、みないっそうの老け設定になっていた。

ここでの曹操は剣を帯び履物のままで入朝。これに加え、名乗ることも無用という待遇になっていた。

ひとりの文官が献帝(けんてい)に上奏し曹操の功績を称え、王に封じて九錫(きゅうせき)を授けるよう請願する。

続けてふたりがこれに賛成する意見を述べたものの、曹操は献帝に、爵位の昇格を望まないと伝える。

ここで荀彧が意見を述べ、曹操を王に封ずることに反対する。これに程昱が反論し、曹操を王に封ずることに賛成する。

百官が献帝に曹操を魏王(ぎおう)に封ずるよう懇願する中、ひとり荀彧は嘆きながら退出する。

献帝は董昭(とうしょう)に詔(みことのり)の起草を命じ、丞相(じょうしょう)の曹操を魏王とし、12旒(りゅう)の冕冠(べんかん)を授けることを決める。

また、乗り物に6頭立ての金根車(きんこんしゃ)を用い、朝廷への出入りには天子(てんし)と同じ装束と儀仗(ぎじょう)を許す。

ここで名が出た「トウショウ」は「董承」ではなく「董昭」でいいはず。

先の第22話(01)を改めて見てみると、曹操のもとに董承の府で見つかったという血判状が届けられたあと、董承が「フン」と言って曹操の前から立ち去っていた。このあと董承は処刑されたということだろう。董承の娘である董貴妃(とうきひ)の縊殺(いさつ)シーンはあったのだが、董承についてはわかりにくかったかも?

(07)白馬門

曹植が守将に迫って城門を開けさせたところ、荀彧が現れて制止する。

管理人「かぶらがわ」より

いったんは荊州3郡の返還を拒否するも、魯粛の態度を見て考えを改めた関羽。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました