ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第21話 「吉平、毒を盛る(きっぺい、どくをもる)」

董承(とうしょう)は太医(たいい)の吉平と密談し、献帝(けんてい)をないがしろにする曹操(そうそう)の毒殺をもくろむ。

その後、曹操は頭痛を訴えて吉平を呼ぶ。ここで吉平は毒入りの薬を煎じ、これを曹操に飲むよう勧めるが――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第21話の展開とポイント

(01)行軍中の劉備(りゅうび)

張遼(ちょうりょう)と許褚(きょちょ)が劉備に追いつく。張遼は曹操(そうそう)の命令を伝えるが、劉備は許都(きょと)へ戻ろうとしない。

(02)許都 丞相府(じょうしょうふ)

曹操が張遼と許褚から、劉備が戻らないとの報告を受ける。

(03)袁術(えんじゅつ)を追う劉備

劉備が、とある廟(びょう)に袁術を追い詰める。

劉備は趙雲(ちょううん)に書簡を届けさせて袁術に自決を勧め、許都への連行を避けようとする。劉備の書簡を読んだあと袁術は自害して果てる。

(04)許都 丞相府

朱霊(しゅれい)と路招(ろしょう)が許都に戻り、劉備から預けられた伝国璽(でんこくじ)を曹操に差し出す。

しかし、ひきいていった5万の兵馬は劉備に奪われてしまったとも報告。曹操は激怒してふたりの処刑を命ずる。

曹操は曹仁(そうじん)に命じ、徐州(じょしゅう)の車胄(しゃちゅう)に兵3万を与えて守りを固めさせる。

そこへ、徐州がすでに劉備に占拠され、車胄は関羽(かんう)に討たれたとの報告が届く。これを聞き曹操は倒れてしまう。

伏せって3日目、曹操はそばにいた曹丕(そうひ)と曹植(そうしょく)に声をかける。また吉平(きっぺい)から自身の病状について聴く。

ここで曹操から「最近、良い詩文を作ったか?」と尋ねられた曹植が、「ケイコウや孔融(こうゆう)らと詩を唱和しました」と答えていた。

ケイコウは嵆康を想定していると思うが、だとしたらまったく時代が合わない。この時点(199年)ではあり得ない話。ふたりの生没年は嵆康が223~262年、曹植が192~232年ということなので……。

また、曹丕は187年生まれ、曹植は192年生まれなので、199年時点では13歳と8歳。ドラマでのふたりは史実より年齢が高めに設定されているようにみえ、この点に注意する必要がある。

(05)徐州

劉備が糜芳(びぼう)に書簡を託し、冀州(きしゅう)の袁紹(えんしょう)のもとに遣わす。この書簡は袁紹に献帝(けんてい)の血書のことを伝え、曹操討伐の挙兵を要請するものだった。

(06)冀州

袁紹配下の郭図(かくと)と田豊(でんぽう)の意見が対立。郭図はただちに曹操を討伐すべきだと述べ、田豊は兵を休ませ国力を回復すべきだと述べる。さらに許攸(きょゆう)も出兵を支持したため、袁紹は曹操討伐を決意する。

袁紹は軍師(ぐんし)に許攸と郭図、大将に顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)を指名し、騎兵15万と歩兵15万で黎陽(れいよう)へ進軍するよう命ずる。また、陳琳(ちんりん)には檄文の起草を命ずる。

陳琳が檄文を作るシーン。この中に「司空(しくう)曹操が祖父曹騰(そうとう)は、その昔、宮廷の宦官(かんがん)なり」というフレーズがあった。

ドラマではこの時点(199年)で曹操が丞相に就任しており、ここを司空とすると話が合わなくなる。なお、正史『三国志』では曹操の丞相就任は208年のことで、劉表(りゅうひょう)討伐の南征に取りかかる直前である。

(07)丞相府

曹操が、自身や父祖までを批判した陳琳の檄文を読み「名文だ」と評する。

曹操は文武諸官を集め袁紹への対応を協議する。

和睦すべきとの意見が出たあと、荀彧(じゅんいく)が袁紹の10敗と曹操の10勝についての持論を展開。曹操は5日後に自ら20万の軍勢をひきい、袁紹を討つべく出陣すると宣言する。

(08)許宮(きょきゅう) 内宮(ないくう)

董承(とうしょう)が献帝に、劉備の徐州奪還と袁紹が曹操討伐に起ち上がったことを伝える。また、吉平(きっぺい)を用いた計についても打ち明ける。

内宮について、字幕では「ないぐう」とあった。基本的にはドラマで用いられたルビを使うようにしているが、ここは「ないくう」としておく。

(09)車騎将軍府(しゃきしょうぐんふ)

董承と吉平が曹操を毒殺するべく密談。しかし、ふたりの話を下僕(慶童〈けいどう〉)が盗み聞きする。

この下僕が雲英(うんえい。董承の妾)と密会していたところを家人に見つかる。怒った董承は、翌朝を待ち下僕と雲英を処刑するよう命ずる。ところが、閉じ込められていた下僕は両手を縛っていた縄を焼き切り――。

(10)丞相府

曹操が頭痛を装って吉平を呼ぶ。駆けつけた吉平は薬を煎じる際に密かに毒を盛る。

ここで曹操から「太医(たいい)となって何年だ?」と尋ねられた吉平が、「初平(しょへい)2年に宮中の太医となり、今年でもう13年になります」と答えていた。

初平2年とは西暦191年のことであり、それから太医を務めて13年目だと言っていることになる。単純に考えても(191+13で)200年代に突入してしまい、もうグチャグチャとしか言いようがない。いま何年という設定なのだろう?

つじつまが合うように設定を変えるか、年代が特定されるようなセリフを極力使わないようにするかのどちらかにすべきだったと思う。

さらに曹操が吉平に、初平2年の3月8日に董卓(とうたく)暗殺に失敗したことを話していたが、この設定についても意味がわからない。吉川『三国志』、『三国志演義』、正史『三国志』とも董卓の死を初平3(192)年の出来事としている。

曹操が話したのは、それ(董卓の死)以前に董卓暗殺に失敗したときのことではある。とはいえ曹操が洛陽(らくよう)から逃走し、陳留郡(ちんりゅうぐん)で旗揚げしたのは189年12月。いずれにせよ『三国志演義』や正史『三国志』とも合わない。

曹操は、吉平に薬を先に試すよう言ったあと捕らえさせる。吉平が共謀者を明かさなかったため曹操は拷問にかけるよう命ずる。

曹操が宴と称し、董承を丞相府に招く。そして、その席へ拷問にかけた吉平を連れてくるよう命ずる。

管理人「かぶらがわ」より

袁術の死と劉備の徐州獲り。曹操と袁紹の激突のとき迫る。

吉平が曹操と対峙するシーンなどは見どころのひとつだと思います。ですが、セリフの内容がテキトーだったのは興ざめでした。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました