ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第20話 「劉備、命を受ける(りゅうび、めいをうける)」

曹操(そうそう)の凱旋(がいせん)に付き従う形で許都(きょと)へやってきた劉備。

人目につかぬよう内宮(ないくう)の厠(かわや)で献帝(けんてい)に拝謁した際、これまでの無念な思いを聞かされる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第20話の展開とポイント

(01)許宮(きょきゅう) 宮門

劉備(りゅうび)が衛兵に通行を拒まれたものの、一喝して通る。

(02)許宮 内宮(ないくう)

劉備が厠(かわや)で献帝(けんてい)に拝謁する。献帝は劉備にこれまでの無念な思いを打ち明ける。

内宮について、字幕では「ないぐう」とあった。基本的にはドラマで用いられたルビを使うようにしているが、ここは「ないくう」としておく。

ここで(曹操〈そうそう〉の手の者に話を聞かれる危険がない)安全な場所として厠が出てきたのは新味。

ここで献帝が劉備に「董承(とうしょう)の機転で、やっとの思いで逃げ延びて長安(ちょうあん)にたどり着いたが……」と言っていた。

だが、そのとき献帝は李傕(りかく)と郭汜(かくし)から逃げ延びたわけだから、たどり着いたのは長安ではなく洛陽(らくよう)のほうだろう。

(03)許宮 宮門

劉備が再び衛兵に呼び止められ、身体検査を求められる。劉備はまた一喝するが、衛兵に懇願されてやむなく従う。

(04)許宮 内宮

献帝が自らの血をもって密旨(みっし)をしたため、董貴妃(とうきひ)に命じて玉帯(ぎょくたい)に縫い込ませる。

(05)功臣閣(こうしんかく)

献帝が董承を伴い先祖に拝礼する。この動きはすぐに丞相府(じょうしょうふ)の曹操に伝えられる。

献帝は礼拝を終えるとその場に玉帯を残して立ち去り、気づいた董承が持ち帰る。

董承の帰り際に曹操が現れ、自身の拝礼に同席を求める。

その場で曹操は、董承が献帝から玉帯を賜ったことを聞き玉帯を見せてもらう。曹操は玉帯を譲ってくれと言いだし、やむなく董承も応ずるが、曹操は笑って玉帯を返す。

このシーンでは董承が玉帯を身に着けていたが、これは無礼な行為なのでは? 曹操も玉帯を着けていたが、それは別の意図を表すものなので……。

(06)左将軍府(さしょうぐんふ)

劉備が畑仕事をしていたところに董承が訪ねてくる。董承は劉備に献帝の血書を見せる。

董承が帰ったあと(別の日か)、曹操が許褚(きょちょ)らを遣わして劉備を招く。

(07)丞相府

曹操が劉備と梅を愛で、酒を酌み交わす。

このとき曹操は劉備に、袁術(えんじゅつ)討伐の折に兵士たちの喉(のど)の渇きを忘れさせた梅林の一計の話や、自身が寝ながら人を殺せるとのうわさを流した話などをしていた。

曹操が劉備に天下の英雄について問う。

劉備は、袁術・袁紹(えんしょう)・劉表(りゅうひょう)・劉璋(りゅうしょう)・孫策(そんさく)・馬騰(ばとう)・張繡(ちょうしゅう)・韓遂(かんすい)の名を挙げる。

曹操はそれらの人物をみな退け、「天下の英雄は、そなた劉備と曹操だけ」と言い切る。

このドラマでは張繡について具体的に触れていないようだ。ここで名を挙げても大丈夫なのだろうか?

また、ここで曹操は連合軍時代の話もしていたが、「われらは西涼(せいりょう)の勇将華雄(かゆう)に攻められ、連合軍は将軍3人を失った」と言っていた。

しかし華雄に討ち取られたのは、先の第3話(03)の袁術配下の兪渉(ゆしょう)と続く第4話(01)の韓馥(かんふく)配下の潘鳳(はんほう)のふたりだけ。

このふたりが討ち取られたあと、関羽が出て行き華雄を討ち取っていた。曹操は失った将軍は3人だと言っていたが、3人目は誰のことなのだろうか?

ここで荀彧が曹操に、公孫瓚(こうそんさん)が袁紹に敗れたことを知らせる。荀彧は劉備に尋ねられ、公孫瓚の最期についても話す。

(08)許宮

献帝が曹操の上奏を容れ、袁紹をゴコク侯(?)に封じて九錫(きゅうせき)を授けたうえ大都督(だいととく)に任ずる。

その朝議の場に報告が届く。袁術が袁紹に伝国璽(でんこくじ)を贈って帝位を譲るようだというもの。すでに袁術は伝国璽を手に冀州(きしゅう)へ移動中だとも。

劉備が献帝に袁術討伐を願い出て許され、曹操は劉備に5万の兵馬を貸す。ただし、この兵馬は自分の配下である朱霊(しゅれい)と路招(ろしょう)の管轄下に置くことも付け加えた。

(09)許都

劉備が徐州へ向け出陣する。董承は郊外で劉備を見送り、献帝の意向を伝える。

(10)丞相府

曹操が程昱(ていいく)に諫められ、張遼(ちょうりょう)と許褚に500の騎兵を預け、劉備を連れ戻すよう命ずる。

ここでは張遼がチュウ将軍、許褚がヘイ将軍ということになっていた。このふたりの将軍号もよくわからなかった。

管理人「かぶらがわ」より

衝撃的な厠での謁見と献帝の血詔。また、曹操が劉備を招いた梅園でのやり取りには緊迫感がありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました