ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第19話 「曹操・劉備の暗闘(そうそう・りゅうびのあんとう)」

徐州(じょしゅう)の攻略と呂布(りょふ)らの処刑を済ませた曹操は、みなに許都(きょと)への帰還を告げる。

そして、いったんは劉備を徐州牧(じょしゅうぼく)に任じて留め置こうと考えたものの、彼が民心を集めている様子を見て危惧を抱き、翻意して許都へ同行させることにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第19話の展開とポイント

(01)徐州(じょしゅう)

曹操(そうそう)が貂蝉(ちょうせん)に様々な金品を贈り、身なりを整えて酒席に侍るよう伝えるが貂蝉は応じず。

(02)徐州の郊外

貂蝉が曹操の許しを得て呂布(りょふ)を葬る。

ここで貂蝉が布で呂布の顔を拭くシーンがあった。前の第18話(03)で呂布の処刑が斬首ではなく射殺だったのは、このシーンのためだったのかも?

(03)徐州

酒宴の席で荀彧(じゅんいく)が許褚(きょちょ)に、曹操が貂蝉のいる白門楼(はくもんろう)を訪ねようとしていることを伝える。

この第19話の冒頭で荀彧が曹操に、「さすが徐州城。中原(ちゅうげん)一の観でございますな」と言っていたことから、ここまでは下邳城(かひじょう)ではなく、徐州城に移っての話だと思っていた。

ところが、ここで白門楼の話が出てきた。この城楼は下邳城にあったはず。(01)から(03)については、場所の設定が徐州なのか下邳なのかよくわからなかった。

また、ここで荀彧が許褚に「張繡(ちょうしゅう)を覚えておいでか?」とも言っていたが――。このドラマでは曹操と張繡とのいきさつが省かれており、これだけでは何のことなのかわからないと思う。

おそらく曹操が張済(ちょうせい)の未亡人の鄒氏(すうし)に執心した件だろう。吉川『三国志』(第63話)と『三国志演義』(第16回)では197年の出来事として描かれている。なお、正史『三国志』には鄒氏の名は見えない。

(04)白門楼

貂蝉が曹操の前で七星剣(しちせいけん)を使い自害する? と同時に、この場に許褚も飛び込んでくる。

ここで貂蝉から尋ねられた曹操が七星剣の由来を語っていた。

また、ここで許褚が飛び込んできたタイミングと貂蝉の自害との兼ね合いが、イマイチわかりにくかった。貂蝉が七星剣で自害しようとしていたところへ、飛び込んできた許褚が斬りつけたということなのだろうか?

(05)徐州

曹操がみなに、2日後に許都(きょと)へ帰ることを告げる。

曹操が荀彧・郭嘉(かくか)・程昱(ていいく)の3人に、改めて劉備(りゅうび)の扱いについての意見を聴く。

荀彧はもはや殺す必要はないと言い、劉備を利用するよう勧める。郭嘉は、劉備を名ばかりの徐州牧(じょしゅうぼく)に任じたうえ信頼できる者を徐州に残し、劉備は小沛(しょうはい)に駐屯させるよう勧める。

荀彧と程昱も賛成したため、いったん曹操も郭嘉の進言を容れる。

曹操がこの3人に意見を聴いたことについては、先の第16話(04)を参照。

曹操は彼ら民の代表の前で、朝廷に陳情書のことを上奏し、天子(てんし)に劉備を徐州牧に任じてもらうつもりだと伝える。

しかし彼らが帰ったあと、曹操は劉備が徐州の民心をつかんでいることに激怒し、劉備を名ばかりの徐州牧に任ずる方針を撤回する。

翌日、曹操は軍勢よりひと足先に、劉備を連れて許都へ帰る。

(06)許都

献帝(けんてい)が曹操を丞相(じょうしょう)に任じたうえ、領地9千頃(けい)と民3万戸を授ける。

このとき号令係が、「大将軍(だいしょうぐん)曹操、上意を奉じて、謁見ー」と言っていた。

曹操は袁術(えんじゅつ)討伐の際、大将軍ではなくゴコク大将軍(護国大将軍?)に任ぜられていた(先の第16話〈01〉のこと)はず……。

しかも、そのさらに先の第13話(07)では、曹操が袁紹(えんしょう)を大将軍に任ずるよう上奏し献帝の承認を受けていた。このあたりの扱いがテキトーすぎる。

これを聞いた献帝は帝室の系譜を持ってくるよう命じ、劉備が自分の叔父(皇叔〈こうしゅく〉)にあたることを知る。

献帝はこの場で劉備を左将軍(さしょうぐん)に任じたうえ宜城亭侯(ぎじょうていこう)に封ずる。以後、劉備は劉皇叔と尊称されることになった。

ちなみに、ここで劉備の先祖として名が挙げられていた人物のうち、劉勝(りゅうしょう。漢〈かん〉の景帝〈けいてい〉の息子。中山靖王)と劉貞(りゅうてい。劉勝の息子。陸成侯〈りくせいこう〉)。そして、劉備の祖父の劉雄(りゅうゆう)と父の劉弘(りゅうこう)以外の名は正史『三国志』には見えない。

このドラマでは、劉勝、劉貞、劉昂(りゅうこう)、劉禄(りゅうろく)、劉恋(りゅうれん)、劉英(りゅうえい)まで読み上げたあと、「劉英のお子は劉不疑(りゅうふぎ)」だとし、劉恵(りゅうけい)、劉雄、劉弘、劉備とつないでいた。だが、これは吉川『三国志』(第77話)や『三国志演義』(第20回)とは異なっている。

吉川『三国志』では劉英までを挙げたあと、続きを「……」として省略し、劉雄、劉弘、劉備とつないでいた。

『三国志演義』では劉英のあと、劉建(りゅうけん)、劉哀(りゅうあい)、劉憲(りゅうけん)、劉舒(りゅうしょ)、劉誼(りゅうぎ)、劉必(りゅうひつ)、劉達(りゅうたつ)ときて劉不疑、劉恵と続け、劉雄、劉弘、劉備とつないでいた。

さらに、先の第13話(10)で劉備が徐州牧に任ぜられた際、併せて車騎将軍(しゃきしょうぐん)・ブギ侯(?)に封ぜられたことになっていた。

車騎将軍から左将軍になったのなら降格だし、ブギ侯は県侯なのだろうから、こちらも県侯から亭侯(宜城亭侯)になったのなら降格では?  いろいろな場面でテキトーな官爵を持ち出すと、後で話が合わなくなってくる。

(07)丞相府

程昱が曹操に帝位に即くよう勧める。また程昱は、策を講じて誰が天子に忠実で、誰が曹操に忠実なのかを見極めるようにも勧める。曹操は程昱の進言を容れ、2日後に許田(きょでん)で狩りを催すことを決めた。

(08)許宮(きょきゅう)

程昱が献帝に2日後の狩りの件を話し、参加の承諾を得る。

(09)許田

曹操が献帝の弓矢を借りて獲物(シカか?)を仕留め、みなの万歳を受ける。これを見た関羽(かんう)は無礼な態度に憤り剣を抜こうとしたものの、劉備が無言のまま制止する。

(10)丞相府

曹操が程昱に、許田でのみなの様子を尋ねる。程昱の話を聴いた曹操は、朝廷に忠実な者が少なからずいることを知り、自身が帝位に即くという話を封印する。

董承(とうしょう)と荀彧が不満そうだったというのはいいとして、関羽が剣に手をかけたことも程昱に見られたことになっていた。

(11)劉備邸

劉備のもとに勅使が来て、許田の狩りで体調を崩した献帝を見舞うよう伝える。

管理人「かぶらがわ」より

呂布が処刑されたあとの第19話にも、貂蝉を登場させるというのは新味でした。七星剣も効果的に使われていましたし……。

劉備が献帝に初めて拝謁するシーン。ここは見せ場には違いないでしょうが、(劉勝の末裔だという)劉備の出自については、個人的には怪しい部分が多いよなぁと感じます。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (2) 中原逐鹿
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました