ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第01話 「曹操、刀を献ず(そうそう、かたなをけんず)」

王允(おういん)から家宝の七星剣(しちせいけん)を借り受け、董卓(とうたく)を仕留めるべく相国府(しょうこくふ)へと乗り込む曹操。

一方、いち早く都を脱出した袁紹(えんしょう)は、十八鎮諸侯を束ねて反董卓連合軍として決起する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第01話の展開とポイント

(01)冒頭のナレーション

後漢(ごかん)末期の黄巾(こうきん)の乱平定に始まり、189年の劉辯(りゅうべん)の即位、董卓(とうたく)の都入り。劉協(りゅうきょう。献帝〈けんてい〉)の即位、董卓の専横に至るまでをナレーションで一気に解説。

三国志を映像作品や小説で扱う場合、どこから、どのように始めるかというのが、まず問題になる。このドラマでは189年を起点としていたが、これはアリだと思う。ここに至るまでの話もいろいろとおもしろいのだけど……。

(02)洛陽(らくよう) 長楽宮(ちょうらくきゅう)

董卓の専横ぶりを示す朝議のシーン。

宮殿の雰囲気がいい感じ。董卓役の役者さんもハマっていた。

董卓が退出したあと、続いて退出する袁隗(えんかい)らに、朝吏が王允(おういん)からの伝言を耳打ちする。ただ、曹操(そうそう)には伝えず。

(03)王允邸

王允が還暦を祝う宴という名目で朝廷の旧臣たちを招く。そこへ招かれていない曹操もやってくるが、王允は執事に命じて席を用意させる。

曹操は宴席で大言を吐き、いったんは追い出される。しかし宴が果てたあと、王允は曹操を別室に招く。

この場で曹操は董卓の暗殺を請け合い、王允から七星剣(しちせいけん)を借りる(というか、もらう?)。

(04)相国府(しょうこくふ)

曹操が董卓を暗殺するべく乗り込む。このとき曹操は董卓から呂布(りょふ)を紹介される。

董卓は曹操が良馬を持っていないと聞くと呂布に馬を選ぶよう命じ、曹操に贈ることにする。そのため呂布が董卓のそばを離れる。

董卓が曹操に、都から逃げていた袁紹(えんしょう)が十八鎮諸侯を束ねて蜂起したことを話す。

曹操は董卓が横になっている隙に行動を起こしたものの、七星剣の光が銅鏡に映ったことで董卓が目を覚ましたため、暗殺に失敗してしまう。

曹操は董卓に七星剣を献じその場をしのぐと、呂布が選んでくれた西涼(せいりょう)の汗血馬(かんけつば)に乗り洛陽から逃走する。

ここで呂布が曹操に、「1日に800里(り)を走る、西涼の汗血馬だ」と話していた。ただしここでは、1里を現代の何メートルに設定しているのかには触れていなかった。

董卓は呂布から、七星剣が王允の家に代々伝わる宝物だと聞かされ曹操の意図に気づく。

董卓はすぐに曹操を捕らえるよう命ずる。呂布は董卓から七星剣を授かり、兵をひきいて曹操の屋敷を襲撃し、残っていた家人を皆殺しにする。

管理人「かぶらがわ」より

曹操の都落ちまでを描いた第1話。董卓に限らず、それぞれの役者さんがいい感じでハマっており、続けて見ようと思わせるスタートでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(1) 群雄割拠 Three Kingdoms
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました