『三国志 Three Kingdoms』の考察 第33話「三顧の礼(さんこのれい)」

劉備(りゅうび)は、徐庶(じょしょ)から聞いた諸葛亮(しょかつりょう)に会うため自ら彼の住まいを訪ねるも、なかなか対面がかなわない。

そして、ようやく三度目の訪問にして対面を果たすと、劉備は諸葛亮に漢室(かんしつ)中興へかける思いを熱く語る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第33話の展開とポイント

(01)西暦207年 隆中(りゅうちゅう)

劉備(りゅうび)が関羽(かんう)・張飛(ちょうひ)らとともに諸葛亮(しょかつりょう)を訪ねる。

冒頭、心が洗われるような素晴らしい景色。

その道中、劉備は諸葛亮が作ったという民謡を歌う農夫から臥竜岡(がりょうこう)の場所を教えてもらう。

(02)臥竜岡

劉備が諸葛亮を訪ねたものの不在のため会えず。劉備は諸葛家の童子に諸葛亮への伝言を頼み新野(しんや)へ戻る。

この臥竜岡もなかなかのロケーション。

ここで劉備が童子に伝えていた現在の官爵は「漢(かん)の左将軍(さしょうぐん)・宜城亭侯(ぎじょうていこう)・豫州牧(よしゅうぼく)」だった。

(03)隆中

臥竜岡からの帰路、劉備は博陵(はくりょう)の崔州平(さいしゅうへい)と出会う。崔州平は劉備に茶を振る舞い川辺で語り合う。

(04)新野

12月に入り、なお諸葛亮の帰りを待ちわびる劉備。劉備が孫乾(そんけん)と話しているところへ昨夜、諸葛亮が戻ったとの知らせが届く。

(05)隆中

劉備が関羽や張飛とともに再び諸葛亮を訪ねる。

その道中で酒場から詩が聞こえ、劉備らは酒場に立ち寄る。そこで劉備は潁川(えいせん)の石広元(せきこうげん)と汝南(じょなん)の孟公威(もうこうい)に出会う。

ここでは、前に来たときにはなかった酒場が新装開店していた。あれほど山奥だと言っていたのに都合がよすぎる気もする。もとから酒場はあったのだが、前に来たときは気づかなかったことにしたほうが自然だったかも? まぁどちらにせよ苦しいか……。

(06)臥竜岡

劉備は庵(いおり)の中に入り諸葛均(しょかつきん)に会うが、またも諸葛亮は不在のため会えず。昨夜帰ってきたというのは諸葛均のことだった。

ここで諸葛均が劉備に自分のふたりの兄についても説明していた。「私は孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)の弟、諸葛均です。諸葛の家には兄弟が3人。長男が諸葛瑾(しょかつきん)、次男が諸葛亮です」と。つまり「ショカツキン」がふたりいるわけで、この紹介だけで「諸葛瑾」と「諸葛均」との違いまで視聴者に伝わるとは思えなかった。

劉備は紙筆を借り、諸葛亮に一筆残して帰る。

ここでは紙、竹簡、布の使い分けに触れておく必要がある。紙は後漢(ごかん)の宦官(かんがん)である蔡倫(さいりん)の発明とされており、この時点(207年)では発明から100年程度は経過しているはず。三国志を映像化する場合には扱いにくい問題のひとつだと思う。

ここまでのドラマでは竹簡や布ばかり登場しており、紙との使い分けがわかりにくかった。このシーンでは劉備が諸葛均に紙と筆を貸してくれと言っていたので、紙を借りたということなのだろうか?

劉備が立ち去ろうとしたところ、諸葛亮の舅(しゅうと)の黄承彦(こうしょうげん)がやってくる。

(07)新野

孫乾が劉備に、蔡瑁(さいぼう)が三月(みつき)分の兵糧を渡さないことや、行商人から買った馬200頭も襄陽(じょうよう)の軍に押さえられたことを伝える。

馬については、昨日(さくじつ)糜芳(びぼう)が500の兵を連れて取り戻しに行き、数十頭だけ取り戻せたとも。

亀甲(きっこう)を使い吉凶を占う劉備。その結果が大吉と出たことで、劉備は関羽と張飛を呼びみたび諸葛亮を訪ねると告げる。ふたりは不満を述べながらも劉備についていく。

このシーンでは雪がなかったので、年が明けて208年に入ったという設定だろう。

(08)隆中

劉備が道中で諸葛均と会い、諸葛亮が在宅であることを聞く。

(09)臥竜岡

劉備ひとりがアサン(諸葛家の侍童)の案内で中に入り、昼寝をしている諸葛亮の目覚めを立ったまま待つ。

これまでにも登場していた諸葛家の童子に名が設定されていたのは驚いた。

待ちくたびれた張飛が諸葛亮の庵に火を付ける。この火の勢いが収まったところで、諸葛亮が詩を吟じながら起きてくる。

このときは寝ている諸葛亮のすぐ近くでかなりの火が燃えていた。この設定で大丈夫なのだろうか?

諸葛亮が初めて劉備と対面し、関羽や張飛ともあいさつを交わす。諸葛亮は劉備を書斎に招き漢室中興の思いを聴く。

諸葛亮は劉備に荊州(けいしゅう)を取るよう勧め、その後に西蜀(せいしょく)へ勢力を伸ばすという考えを披歴する。

管理人「かぶらがわ」より

「諸葛亮、出たぁ!」だった第33話。押さえるべきポイントは押さえてあったので、この話はよくできていたと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

Three Kingdoms (3) 赤壁大戦
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました