ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第34話 「孫策、孤を託す(そんさく、こをたくす)」

江東(こうとう)において地盤を固めた孫策だったが、狩りの途中で刺客に襲われ、その傷が癒えぬまま急死してしまう。

弟の孫権(そんけん)が遺命を受けて跡を継ぎ、周瑜(しゅうゆ)を始めとする重臣たちも、孫策の霊前で若き孫権を支えることを誓う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第34話の展開とポイント

(01)臥竜岡(がりょうこう)

劉備(りゅうび)と諸葛亮(しょかつりょう)の対話が続く。

ここで諸葛亮が劉備の前で床に地図を広げ、西蜀(せいしょく)へ行っていたことを話していた。

劉備は出廬を懇願し、諸葛亮がこれに応ずる。

このあと、前の第33話(09)から続いていた「隆中対(りゅうちゅうたい)」についてナレーションでまとめていた。

(02)西暦200年 江東(こうとう)

狩りに来ていた孫策(そんさく)が刺客に襲われ重傷を負う。

ここでいきなり場面転換して8年もさかのぼった。これはわかりにくいのでは? あと、孫策を襲った刺客は5人か?

孫権(そんけん)のもとに孫策が重傷を負ったとの知らせが届く。

(03)呉郡府(ごぐんふ)

孫権が重体の孫策から江東の兵符を受け取る。

このあと孫権が膝(ひざ)を折っている群臣に「面(おもて)を上げよ」と声をかけるシーンがあった。「面を上げよ」と言っただけなのに、みなが(面を上げるだけでなく)立ち上がってしまうのはおかしいのでは? ここのセリフは「みな立つのだ」などとしたほうがより自然だったと思う。

孫策が妻の大喬(だいきょう)に別れを告げたあと亡くなる。

ここで孫策が大喬との会話の中で、息子の孫紹(そんしょう)のことにも触れていた。正史『三国志』には孫紹が登場するが吉川『三国志』や『三国志演義』には登場しない。ドラマで孫紹に触れていたのは新味だった。

(04)西暦200年 孫策死去

一部の家臣が大喬に江東を取り仕切るよう要請する。

ここで孫権ではなく、孫策の嫡男である孫紹が跡を継ぐべきだ、という意見もあったことに触れていたのも新味。

孫策の弔問に訪れた張昭(ちょうしょう)が、大喬に孫紹を連れて出ていくよう要請する。

ここで張昭が大喬との会話の中で「先君の孫策さまは、孫権さまに禅譲なさいましたが……」と言っていた。一地方にすぎない江東を治める孫家の家督を譲っただけなので、これを「禅譲」と表現するのはおかしいと思う。

また、ここで孫策の位牌が映っていたが、この時点で孫策に長沙桓王(ちょうさかんおう)という諡号(しごう)が贈られているのもおかしい。

(05)巴丘(はきゅう)

周瑜(しゅうゆ)のもとに孫策が亡くなったとの知らせが届く。

(06)呉郡府

孫権が周瑜に兵符を譲ろうとするが、周瑜はこれを拒む。

この(兵符まで譲ろうという)弱気すぎる孫権の設定はどうかと思う。

また、ここで孫権が周瑜に「将軍は文武に長け、父兄(孫堅〈そんけん〉と孫策)とともに戦ってきた……」と言っていた。このドラマでは周瑜が孫策に助力したのは孫堅の死後のこととして描かれており、兄(孫策)はともかく父(孫堅)も加えているのは引っかかる。先の第15話(05)を参照。

ここで孫堅の位牌らしきものが出てきたが、諡号の部分は読み取れなかった。

周瑜が程普(ていふ)・黄蓋(こうがい)・韓当(かんとう)らとともに、孫策の霊前で孫権への忠誠を誓う。

大喬が孫紹を連れ、船でどこかへ去る。

孫紹は赤ん坊という設定になっていた。それよりも、この大喬の去り方がどうも引っかかる。

(07)西暦208年 新野(しんや)

劉備の諸葛亮への傾倒ぶりに、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)が互いに不満を漏らす。

ここで張飛が関羽に「孔明(こうめい。諸葛亮のあざな)は俺より10(とお)も下だ」と言っていた。諸葛亮は181年生まれである。張飛のほうは正史『三国志』でもはっきりしないが、ドラマでは171年ごろの生年を設定しているようだ。

ここで劉備の話に戻った。孫策の死については挟みどころが難しい印象を受ける。

管理人「かぶらがわ」より

ついに諸葛亮が出廬した第34話。しかし、もし誰も隆中に迎えに来なかったら、諸葛亮はどうするつもりだったのでしょうか……。

そして孫策がこれほど早くに亡くならなければ、江東はまったく違った戦略を採っていたのでしょうね。大喬が孫紹を連れて去るという展開には、その後のフォローがほしかった。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (3) 赤壁大戦
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました