『三国志 Three Kingdoms』の考察 第31話「的驢、壇渓を飛ぶ(てきろ、だんけいをとぶ)」

荊州(けいしゅう)に居座る劉備(りゅうび)を目の敵とする劉表(りゅうひょう)配下の蔡瑁(さいぼう)は、あくまで彼を除くべく部将たちを動かす。

劉備は劉琦(りゅうき)のおかげで襄陽(じょうよう)から逃げ延びることができたものの、その行く手を壇渓の激流が阻む。

スポンサーリンク

第31話の展開とポイント

(01)襄陽(じょうよう)

蔡瑁(さいぼう)が部将たちに命令を下し、客殿に泊まっている劉備(りゅうび)を襲撃する手はずを整える。

ここで蔡瑁が「キョウ将軍」「ゴウ将軍」「ソウ将軍」という3人の姓を挙げて指示を与えていた。この3人についてはみなよくわからなかった。

(02)客殿

劉琦(りゅうき)が劉備を訪ね、蔡瑁が兵を動かしていることを伝えたうえ、すぐに新野(しんや)へ帰るよう促す。

蔡瑁らが客殿に乗り込んだものの劉備の姿はなく、すでに馬で去ったあとだった。蔡瑁は部屋の壁に荊州(けいしゅう)の乗っ取りをほのめかす詩を書き、劉備が書き残したように装う。

やがて劉表(りゅうひょう)が来てその詩を見たが、あとで詳しく調べるとして、蔡瑁に引き揚げるよう命ずる。

(03)襄陽

蔡瑁が蔡氏に劉備を取り逃がしたことを報告。蔡氏は蔡瑁に、怒ったせいで劉表の病がぶり返したと話し、薬に細工して回復を遅らせると告げる。

(04)新野

劉琦が劉備を訪ね、2日後の荊州の祭りに同席してほしいと頼む。劉備は張飛(ちょうひ)の反対を退け、護衛の趙雲(ちょううん)を連れて襄陽へ向かう。

(05)襄陽

劉備が城内でひとりの男に声を掛けられ、求めに応じて自分の馬を見せる。男は劉備の馬を見て的驢(てきろ)だと言い、災いをもたらすと忠告する。

劉備が災いを避ける方法を尋ねると、男は「急いでこの馬を仇に譲るのです。そして仇に災いをもたらしたあと、的驢を取り戻し乗ればよろしい。これですべて丸く収まるでしょう」と答える。

劉備はこの返答に呆れ、男と別れる。

劉琦が劉表に代わって取り仕切り祭りを催す。劉備と護衛役の趙雲も同席する。

その祭りの最中、蔡瑁が再び兵を動かして劉備を狙う。劉琦は劉備にこのことを伝え、裏門から逃げるよう強く促す。ちょうど趙雲がそばを離れていたため、劉備は単騎で裏門から城外へ逃げる。

(06)壇渓(だんけい)

劉備が的驢で壇渓を跳び、蔡瑁らの追手を振り切る。

この第31話のタイトルでは「的驢、壇渓を飛ぶ」としており、ここもそうしたほうがいいのだろうが、「飛ぶ」より「跳ぶ」のほうがふさわしい気もする。ちょっと抵抗してみた。

(07)水鏡の庵(すいきょうのいおり)

劉備が箏(そう。琴〈こと〉)の音に誘われ、とある庵を訪ねる。この庵に住んでいたのは水鏡先生で、水鏡先生は劉備に壇渓についての逸話を聞かせる。

また水鏡先生は劉備に酒食を振る舞い、劉備の陣営に軍師(ぐんし)が欠けていることを指摘したうえ、臥竜(がりょう)と鳳雛(ほうすう)の存在をほのめかす。

劉備は水鏡先生に助力を頼むが、年だからと断られる。しかし、水鏡先生は時期を待つようにとも告げる。

その夜遅く、徐庶(じょしょ)が水鏡先生を訪ねてきて劉備とも出会う。劉備は徐庶が先に襄陽で出会った男であることに気づく。劉備は徐庶も加え、水鏡先生とともに3人で語り合う。

ここで徐庶が新野で聴いた民謡として、「新野牧(しんやぼく)の劉皇叔(りゅうこうしゅく)、おいでになって民豊か」という一節を挙げていた。新野は南陽郡(なんようぐん)に属する一県にすぎない。新野令(しんやれい。新野県令)ならともかく新野牧というのはヘンだろう。

劉備が、水鏡先生の助言も得て徐庶を軍師に迎える。ほどなく趙雲が劉備の行方を捜し当て、庵に駆けつける。

(08)新野

徐庶がみなに、30日後に曹操(そうそう)が荊州の実力を測るための部隊を送り込んでくると告げる。関羽(かんう)らは徐庶の言葉をいぶかるが、劉備は徐庶の策に従い、みなに曹操軍への備えを命ずる。

(09)許都(きょと)

曹操が荊州の劉備攻めを決める。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

「的驢、跳んだよ――」だった第31話。劉琦は劉備の危機を呼び寄せたり、はたまた危機から救ったりと、つかみどころのないキャラですね。

劉備は水鏡先生の庵にたどり着けてラッキーでした。何と言っても徐庶の加入が大きい。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました