ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第67話 「劉備、益州を領す(りゅうび、えきしゅうをりょうす)」

214年、劉備は張魯(ちょうろ)のもとを離れて帰順した馬超(ばちょう)の働きもあり、ついに成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降す。

さらに漢(かん)の朝廷から正式に益州牧(えきしゅうぼく)として認められ、劉璋の旧臣たちを積極的に登用していく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第67話の展開とポイント

(01)葭萌関(かぼうかん)

張飛(ちょうひ)と馬超(ばちょう)が兵士にたいまつを持たせ、改めて一騎討ちを行う。その間に諸葛亮(しょかつりょう)が西門から葭萌関へ入る。

諸葛亮は劉備(りゅうび)が馬超を気に入っている様子を見て、彼を投降させるべく一計を案ずる。

(02)漢中(かんちゅう)

簡雍(かんよう)が楊松(ようしょう)を訪ね、劉備からの贈り物を届ける。そのうえで劉備が張魯(ちょうろ)を漢寧王(かんねいおう)に推挙する旨を伝え、出征中の馬超を陥れるよう頼む。

先の第30話(05)では簡雍の字(あざな)を「憲和(けんわ)」と字幕で紹介していたが、ここでは「憲和(けんか)」となっていた。

(03)馬超の軍営

馬超のもとに張魯から帰還命令が届く。

ここで馬岱(ばたい)が馬超に「あり得ない。曹操は荊州(けいしゅう)で孫権(そんけん)と交戦中。漢中を攻めるはずがありません……」と言っていた。この時点では関羽(かんう)が荊州を取り仕切っていたはず。荊州のどこで曹操と孫権が交戦していたという設定なのか? よくわからないセリフだった。

続いて馬超のもとに、またも張飛が現れたとの知らせが届く。馬超は馬岱に張魯への返書を書かせ、葭萌関を攻め落としてから帰ると伝えさせる。

(04)漢中

張魯のもとに馬超の返書が届く。馬超は返書の中で即時の帰還を拒否したうえ、武器や兵糧を求めてくる。

張魯は楊松を馬超のもとに遣わし、「戻らずともよいが、ひと月の間にこの3つを成せ」と伝えさせる。「蜀を取る」「劉璋の首を取る」「劉備を倒す」。この3つすべてを遂げねば兵糧を絶つというもの。

(05)馬超の軍営

楊松が馬超を訪ね、張魯の書簡を渡す。やむなく馬超は楊松に、すぐに戻ると張魯に伝えさせる。

(06)漢中

馬超が張魯の命令に従い葭萌関から撤退する。ところが張魯は、馬超がわずか3日ですべての軍勢を漢中に戻したことをいぶかる。

ここで再び楊松が馬超を讒言。張魯は関所を守る兵を増やしたうえ、馬超を城内に入れないよう命ずる。

(07)漢中の関所

葭萌関から引き揚げてきた馬岱が、武装した軍勢をひきいての通過を拒否される。

ここで出てきた関所。先の第25話(09)の沂水関(きすいかん)と同じものだと思う。使い回しか?

(08)馬超の軍営

馬超のもとに左腕を負傷した馬岱が戻る。

ここで馬超が馬岱に、馬超と張魯の娘との縁談を楊松が阻んだことを話していた。

馬超が進退窮まったところに諸葛亮が訪ねてくる。馬超は諸葛亮の説得を受け入れ、馬岱とともに劉備に帰順する。

ここで諸葛亮が馬超に「かつてイキョウ(?)で敗れ、冀城(きじょう)を失った。同様の失態を繰り返せば、将軍は天下に顔向けできません」と言っていた。ドラマではこのあたりのこと(馬超が関中〈かんちゅう〉で曹操に敗れ、漢中の張魯のもとに身を寄せるまで)に触れていない。なので、同様の失態と言われてもわかりにくいと思う。

(09)成都(せいと)

馬超が大軍をひきいて現れ、劉璋に開城を迫る。

劉璋のもとに、東門の兵士たちが投降し劉備軍が城内に入ってきたとの知らせが届く。

ここで劉璋が黄権(こうけん)に「親子2代で蜀を治めて20年余り……」と言っていた。劉璋の父である劉焉(りゅうえん)の時代も含めれば、もっと長く治めていたはずだが……。

(10)西暦214年 成都陥落

劉璋が開城し劉備に投降する。

黄権が劉備の説得を受け入れ登用に応ずる。これには、劉備が黄権に見せた龐統(ほうとう)の遺書も効いた。

龐統は遺書の中で黄権を「蜀随一の能臣」と評価し、劉備に黄権を恨むことなく登用するよう強く勧めていたのだった。

劉備は黄権を右将軍(ゆうしょうぐん)に任じ、蜀の民政をつかさどるよう命ずる。

(11)西暦214年 劉備 蜀を取る

成都に勅使が到着。

劉備は益州牧(えきしゅうぼく)に、関羽は盪寇将軍(とうこうしょうぐん)・漢寿亭侯(かんじゅていこう)に、張飛は征虜将軍(せいりょしょうぐん)・新亭侯(しんていこう)に、趙雲(ちょううん)は鎮遠将軍(ちんえんしょうぐん)に、黄忠(こうちゅう)は征西将軍(せいせいしょうぐん)に、馬超は平西将軍(へいせいしょうぐん)に、それぞれ任ぜられる。

このとき諸葛亮は勅使とともに正面に姿が見えたが、劉備の姿はなかったようだ。ずっと龐統の位牌の前に座っていたという設定なのだろうか? 勅使が詔(みことのり)を読み上げている場にいないのは失礼だろう。諸葛亮の立ち位置と向きも無礼だと思う。

また、例によって龐統の位牌の上部は読み取れなかった。

劉備が、法正(ほうせい)が作成して諸葛亮も承認した「チコクジョウレイ(治国条例?)」について、刑罰の軽減化と法の簡略化を否定したうえ諸葛亮に再提出を命ずる。

このあとナレーションが入っていた。「このとき諸葛亮は悟った。劉備はかつての主君ではなく、一国を治める真(まこと)の君主になったのだと」

(12)荊州 襄陽(じょうよう)

関羽のもとに劉備の使者が到着。荊州の兵士向けに黄金500キン(斤?)、銀千キン(斤?)、銅銭5千万、真綿1千斤、緞子(どんす)500斤などが届けられる。

『角川 新字源 改訂新版』(小川環樹〈おがわ・たまき〉、西田太一郎〈にしだ・たいちろう〉、赤塚忠〈あかつか・きよし〉、阿辻哲次〈あつじ・てつじ〉、釜谷武志〈かまたに・たけし〉、木津祐子〈きづ・ゆうこ〉編 KADOKAWA)によると、「緞子」は「練り糸で織った上等の絹織物。厚地で光沢がある」とあった。ならば「端(たん)」「匹(ひつ)」「疋(ひき)」といった長さの単位を使うべきで「斤」という重さの単位はふさわしくないと思うが……。

関平(かんぺい)が関羽に、劉備が「五虎大将軍(ごこだいしょうぐん)」を設け関羽を筆頭に置いたことや、関羽が漢寿亭侯に封ぜられたことを伝える。

関羽は五虎大将軍の中に帰順したばかりの馬超が含まれていることに不満を感ずる。そこで関平を成都へ遣わし劉備に書状を届けさせる。

ここで関羽は黄忠について「英雄である」と評価しており、馬超ひとりに不満を示したという設定になっていた。

なお、吉川『三国志』(第226話)では馬超を「亡命の客将」、黄忠を「すでに老朽の好々爺(こうこうや)」として、ふたりに不満を示したことになっている。そして『三国志演義』(第73回)では馬超を代々の名門であると認め、黄忠ひとりに不満を示したことになっていた。この三者の描かれ方の違いは興味深い。

(13)成都

劉備のもとに関羽の書状が届く。劉備は諸葛亮にも書状を見せ、関羽が馬超と腕比べをしたがっていると伝える。諸葛亮は関羽の真意を読み解き、一筆書いて関平に持たせると告げる。

(14)揚州(ようしゅう) 柴桑(さいそう)

魯粛(ろしゅく)が孫権に、劉備に荊州返還を要求するための使者として諸葛瑾(しょかつきん)を薦める。

孫権は一計を案じ、諸葛瑾の親類縁者をみな捕らえ牢に入れるよう命ずる。

管理人「かぶらがわ」より

またひとり、勇将馬超を加える劉備。馬岱のほうも結構やれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (5) 奸雄終命
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました