『三国志 Three Kingdoms』の考察 第71話「骨を削り毒を除く(ほねをけずりどくをのぞく)」

219年、関羽(かんう)は樊城(はんじょう)郊外で曹操(そうそう)配下の龐徳(ほうとく)と一騎討ちを行った際、左腕に毒矢を食らってしまう。

そしてほどなく矢傷が悪化したため、関羽は「華佗(かだ)」という名医の治療を受ける。

スポンサーリンク

第71話の展開とポイント

(01)西暦219年 樊城(はんじょう)の戦い

龐徳(ほうとく)が柩(ひつぎ)を用意したうえ、みなの前で翌日に関羽(かんう)と決戦することを宣言。

(02)揚州(ようしゅう) 柴桑(さいそう)

孫権(そんけん)が、曹操(そうそう)からの荊州(けいしゅう)への出兵要請についてみなの意見を聴く。

呂蒙(りょもう)は孫権に、今回は曹操と手を結び荊州を取るべきだと進言する。

しかし陸遜(りくそん)は孫権に、勢いづく劉備軍(りゅうびぐん)に敵対するのは不利だと言い、関羽の娘と孫権の息子との縁組みを提案する。

(03)荊州 関羽の軍営

関羽のもとに、曹操軍が樊城へ向かっているとの知らせが届く。曹操軍はその進路を7手に分けており総数は8万ほど。その先陣は30里(り)で関所に着くとのこと。関羽は大将が于禁(うきん)だと聞いて笑う。

諸葛瑾(しょかつきん)が関羽を訪ね、孫権の息子と関羽の娘との縁組みを申し入れる。

ところが関羽は大笑いし、「虎の子を狗(イヌ)の子などにやれるはずがあろうか?」と答えたうえ諸葛瑾を追い返す。

関羽は関平(かんぺい)に命じて精鋭を集めさせ、龐徳を討ったのち2日以内に曹操の援軍をすべて降し、樊城を攻め取ると伝える。

この方針を聞いた馬良(ばりょう)は、精鋭部隊をすべて呼び寄せると荊州が手薄になると諫め、陸口(りくこう)にいる呂蒙の水軍の動きに警戒を促す。

それでも関羽は孫権を侮って考えを変えず、川沿い20里おきにのろし台を築き、警備兵を置くことで対処しようとする。

(04)柴桑

諸葛瑾が孫権のもとに戻り、縁組みについての関羽の返答を伝える。

陸遜が孫権に偵察兵からの情報として、関羽が5万の精鋭を荊州から呼び寄せ、自ら曹操の援軍を討ちに出るようだと伝える。

孫権は陸口の呂蒙に、川を渡って荊州を攻めるよう伝えさせる。

(05)樊城の郊外

関羽が龐徳と一騎討ちを行う。関羽は龐徳を落馬させたものの、龐徳の放った毒矢を左腕に受けてしまう。

(06)関羽の軍営

関羽は自ら刺さった矢を引き抜くと、手当てを受けてすぐに周囲の地形を見に行く。

(07)于禁の軍営

関羽は于禁が谷に砦を築いているのを見て一計を案じ、関平に命じて筏(いかだ)と武器を準備させる。

関羽は罾口川(そうこうせん)に関を造らせ、雨を待ってその関を決壊させる。このため于禁の軍営は洪水に見舞われる。

(08)関羽の軍営

于禁が捕らえられ関羽の前に引き出される。関羽は于禁が助命を乞うのを見て荊州へ護送するよう命ずる。

同じく龐徳も捕らえられ、板に縛りつけられた状態で関羽の前に引き出される。龐徳は投降を拒んだため、関羽は周倉(しゅうそう)に処刑を命ずる。

このあたりは龐徳の奮戦ぶりがイマイチ描ききれていない感じだった。

関羽は馬良にこの勢いで追撃して樊城を陥すよう命ずる。馬良は何日か兵士たちを休ませるよう勧めるが、関羽は聞き入れなかった。

関羽が龐徳から受けた矢傷が悪化。馬良と関平は荊州へ戻るよう勧めるが、関羽は聞き入れようとしない。

『三国志演義』(第74回)では、一連の樊城がらみの戦いにおいて関羽は二度矢を受けており、一度目に龐徳から受けた矢は毒矢とはなっていない。華佗(かだ)に治療してもらったのは二度目に樊城で毒矢を受けたあとのこと(第75回)である。このドラマではやや龐徳を貶(おと)す設定になっていたと思う。

馬良が関平に、名医の華佗がこの近くに来ているらしいと話す。これを聞いた関平は自分で華佗を迎えに行く。

華佗が関羽の左腕を診察し治療方法を説明する。関羽は華佗の話に納得し、馬良と碁を打ちながら荒療治を受ける。

馬良が華佗に、関羽に傷の養生のために荊州へ戻るよう勧めてほしいと頼む。華佗が関羽にその話を伝えたところ、関羽が華佗に軍医として留まってほしいと頼む。

華佗は、戦(いくさ)の傷を治すのは本意ではないと明かし、少しでも多くの民を救うために自分の力を使いたいと述べる。

関羽はその思いに敬意を表したうえ、礼として黄金100両(りょう)を贈ろうとしたが、華佗は受け取らなかった。

華佗は傷の治療が済んでも養生が必要だと言い、むやみに怒らず100日は安静にしないともと通りにはならないと伝え、荊州へ戻るよう勧める。だが、やはり関羽は聞き入れなかった。

華佗は馬良に、関羽の矢傷は問題ないが、驕(おご)り高ぶる病のほうがずっと重く、自分にも治しようがないと告げて立ち去る。

(09)陸口 呂蒙の軍営

呂蒙が対岸に築かれた関羽ののろし台を見たあと突然倒れる。

(10)柴桑

孫権が陸遜を呼び呂蒙が病で倒れたことを伝え、代わりに指揮を執るよう頼む。ここで陸遜が、呂蒙の病は関羽を惑わせるための計だろうと話すと、孫権も呂蒙の計だと明かす。

陸遜は呂蒙の代わりを引き受けるが、関羽を斬って劉備の恨みを買わないように、とも進言する。孫権は陸遜の進言を容れ、荊州を取ったら守りに徹し、決して関羽を追撃しないようにと陸遜から呂蒙に伝えさせる。

(11)樊城

関羽が樊城攻めに加わる。そこへ呂蒙が病を患い、陸遜に大都督(だいととく)の代わりを務めさせているとの知らせが届く。

関羽は関平に命じ、荊州に残していた1万の精鋭を呼び寄せる。

(12)のろし台

呂蒙配下の精鋭が急襲し、のろし台を占拠。後方に待機していた呂蒙は長江(ちょうこう)を渡るよう命じ、荊州へ攻め入る。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

于禁らの援軍を水攻めで屠(ほふ)る関羽。助命を乞うた于禁と処刑された龐徳。そして華佗の荒療治。

そうしている間にしたたかな動きを見せる呂蒙。のろし台は効果なし。この時の関羽は周りが見えなくなっている感じでしたね。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました