ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第08話 「王允の離間の計(おういんのりかんのけい)」

王允は専横を極める董卓(とうたく)を除くべく、まずは彼の腹心である呂布(りょふ)との仲を裂こうと考えていた。

そこで王允は、自慢の養女である貂蝉(ちょうせん)に秘計を打ち明け、わざと彼女を董卓と呂布の両者に引き合わせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第08話の展開とポイント

(01)長安(ちょうあん) 王允邸(おういんてい)

貂蝉(ちょうせん)が呂布(りょふ)に自身の生い立ちを打ち明ける。

ここでは貂蝉の実の親が皇帝の親戚という設定になっていて新味。王允が山中で祭祀を執り行ったときの話や、貂蝉が王允の養女になるまでの話にもなかなか味があった。

呂布が貂蝉に求婚し、王允もふたりの結婚を許す。

呂布が帰ったあと王允は貂蝉に連環の計の詳細を話す。その後、王允は食事を取らずに寝込み、7日目になって貂蝉が計略を承諾する。

(02)万楽宮(まんらくきゅう)

朝議のあと、王允が董卓(とうたく)を自宅での酒宴に誘う。董卓は大いに喜び、この日のうちに行くと言いだす。

(03)王允邸

王允が董卓を貂蝉に引き合わせる。董卓は貂蝉の美しさを絶賛し、たちまち彼女の虜(とりこ)となる。

この酒宴の席で董卓が貂蝉の年齢を尋ねた際、王允が「17です」と答えていた。貂蝉は17歳という設定のようだ。

董卓は王允に、貂蝉を天子(てんし)の貴妃(きひ)にすることを約束。董卓が帰ったあと、貂蝉の話を聞きつけた呂布が乗り込んでくる。

(04)郿塢(びう)

呂布が董卓に、これまでの功績の褒美として貂蝉をいただきたいと願い出る。しかし董卓は、すでに貂蝉は天子の貴妃になることが決まったと言って聞き入れなかった。

管理人「かぶらがわ」より

第8話の主役は王允ですね。ドラマでは貂蝉を高貴な家の出としたことで軽薄ないやらしさが消え、人物像に深みを与えていると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
(1) 群雄割拠 Three Kingdoms
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました