ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第07話 「孫堅の死(そんけんのし)」

192年、孫堅は洛陽(らくよう)で見つけた伝国璽(でんこくじ)を懐に、国元への帰還を急いでいた。

ところが、それを阻もうとする劉表(りゅうひょう)の奇襲に遭い、重傷を負った末に船中で無念の死を遂げる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第07話の展開とポイント

(01)西暦192年 峴山(けんざん)の戦い

孫堅(そんけん)が劉表(りゅうひょう)の奇襲を受ける。孫堅は重傷を負い陸に上がることをあきらめ、ほどなく船中で亡くなる。

峴山の戦いの扱いや、孫堅が船中で亡くなるという設定は新味だった。

上陸してからの戦いで、孫策(そんさく)が劉表配下の黄祖(こうそ)を捕らえる。

孫策は黄蓋(こうがい)の進言を容れ、劉表に対し、孫堅の亡骸(なきがら)と捕虜にした黄祖との交換を申し入れる。その使者には孫権(そんけん)が選ばれる。

(02)荊州(けいしゅう) 襄陽(じょうよう) 劉表の軍営

劉表のもとに、孫策の使者として孫権がやってくる。孫権は劉表を説得して孫堅の亡骸を引き取り、和睦の話をまとめる。

ここでは孫権が9歳ということになっていた。しかし、190年の設定だった先の第4話(06)でも同じく9歳ということになっていたはず。まだ幼い孫権を切れ者に描きたいのはわかるが、こういう矛盾を見せられるとテンションが下がる。

(03)長安(ちょうあん)

董卓(とうたく)のもとに、孫堅が劉表の伏兵によって殺されたとの知らせが届く。

李儒(りじゅ)が董卓に帝位に即くよう勧める。そこで董卓は、即位の前段階として相父(しょうほ)を称し、朝廷の百官や諸侯の反応を見ることにする。

董卓は翌日に朝廷の百官を招いて宴を催し、みなの官位を引き上げると言い、李儒を司空(しくう)に任ずる。

(04)長安 郿塢(びう)

董卓の私邸に朝廷の百官が集まる。

ここで張温(ちょうおん)が登場し、字(あざな)が恵恕(けいじょ)との字幕が出た。これは同姓同名の人物を誤認したものだろう。

『三国志』には張温がふたり登場し、恵恕のほうは呉(ご)の孫権に仕えた人物である。蜀(しょく)への答礼使を務めたりもしており、活躍した時代が全然違う。ここで出てきた張温は、後漢(ごかん)末に三公を歴任した人物のほうである。

張温が董卓に帝位に即くよう勧める。そこへ入ってきた呂布(りょふ)が董卓に耳打ちし、張温は袁(えん)兄弟と通じていたとして処刑される。

さらに董卓は、張温の血が入った酒をみなに飲むよう強要する。

(05)王允邸(おういんてい)

呂布が貂蝉(ちょうせん)への贈り物を持って訪ねてくる。

ここでは呂布が王允邸を訪ねた名目が貂蝉の誕生日ということになっていた。誕生日まで設定していたとはなかなか仕事が細かい。深い意味はないのかもしれないが……。

王允が呂布の意図に気づき一計を案ずる。王允は呂布が帰ったあと貂蝉を呼び、呂布を好きになってほしいと頼む。

管理人「かぶらがわ」より

孫堅の死。いよいよ帝位に色気を見せる董卓。血入りの酒まで登場した第7話。

王允も動く。しかし、貂蝉(ドラマでは義理の娘という設定)を犠牲にする計略なんて、とても司徒(しと)のやることとは思えませんでした。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (1) 群雄割拠
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました