ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第77話 「張飛、殺害される(ちょうひ、さつがいされる)」

221年、漢(かん)を簒奪(さんだつ)した魏(ぎ)の曹丕(そうひ)に対抗し、劉備(りゅうび)も蜀(しょく)で帝位に即く。

劉備は関羽(かんう)の仇(あだ)を討つべく、さっそく呉(ご)の孫権(そんけん)討伐に向かおうとするが、諸葛亮(しょかつりょう)や趙雲(ちょううん)らは難色を示す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第77話の展開とポイント

(01)成都(せいと) 李厳邸(りげんてい)

劉備(りゅうび)から意見を求められた李厳も帝位に即くよう勧める。

ここで李厳が劉備に「王が井戸だとすれば、天子(てんし)はさらに深い井戸だと言えましょう……」と言っていた。

劉備は李厳の話を聴き、帝位に即く決意を固める。そして李厳を蜀郡太守(しょくぐんたいしゅ)に任じ、諸葛亮(しょかつりょう)を補佐して蜀の政(まつりごと)をつかさどるよう命ずる。

(02)西暦221年 劉備 蜀漢(しょくかん)を建国

劉備が蜀で帝位に即く。

ここでナレーションが入っていた。「建安(けんあん)26(221)年4月、劉備は『蜀漢』を建国し、正式に帝位に即いた」と。

この場で劉備は初めての詔(みことのり)を下し、呉(ご)の討伐を命ずる。

(03)成都宮(せいときゅう)

趙雲(ちょううん)が劉備に呉への出兵を思いとどまるよう諫言。そこへ姿を見せた諸葛亮も趙雲に賛意を示し、ひとまず呉への出兵を見合わせるよう進言する。

劉備はふたりの意見を聴き、呉の討伐を見合わせる。しかし、討伐の準備だけは進めておき、その機をうかがうとも告げる。

ここで劉備が諸葛亮と趙雲に「文官の頭(かしら)は丞相(じょうしょう)で、武将の頭は子竜(しりょう。趙雲のあざな)である……」と言っていた。諸葛亮の丞相就任についての説明がなく唐突だったが、それ以上に趙雲が武将の頭だというのはどうなのか? この時点ではまだ張飛(ちょうひ)も健在だが……。

(04)建業(けんぎょう)

諸葛瑾(しょかつきん)が孫権(そんけん)に間諜(かんちょう)からの情報として、劉備が帝位に即き、呉の討伐を命じたことを伝える。

ほどなく孫権のもとに、諸葛亮が劉備を制し呉の討伐を止めたとの知らせが届く。

この時の孫権の冠(玉飾りが9旒〈りゅう〉ある)から、ドラマでは呉王(ごおう)の設定であると思わせるが……。

(05)閬中(ろうちゅう) 張飛の軍営

文官が張飛を訪ね、劉備が呉の討伐を見合わせたことを伝える。張飛は文官を問い詰め、諸葛亮が出兵に反対したことを聞き出す。

ここで張飛を訪ねた文官が誰なのかわからなかった。張飛配下の部将から「先生」と呼ばれていたので、それなりにエラい人物だと思われるが……。

ここでは張飛がしっかりと老けた感じになっていた。

(06)成都宮

張飛が劉備のもとに駆けつけ呉への出兵を懇願。劉備は諸葛亮を非難する張飛をなだめ、数日休んだら閬中へ戻り、軍を整えるよう伝える。

しかし、関羽(かんう)の仇(あだ)討ちについては少し考える時間がほしいと言い、張飛を失望させる。

劉備が李厳に、素早く兵を動かすことで呉を攻略したいとの考えを話し、意見を求める。

李厳は劉備に賛意を示したうえ、太傅(たいふ)の許靖(きょせい)と右将軍(ゆうしょうぐん)の黄権(こうけん)を交え3日間にわたって話し合った結論として。

仮に各郡県で実入りの6割の税を集め、男たちの3人に1人を徴兵できれば、この秋以降に新たに25万前後の兵と150万石(ごく)の兵糧を確保できるとの見通しを伝える。

喜ぶ劉備に李厳は、諸葛亮が6割の課税と3人に1人の徴兵に反対しているとも付け加える。

劉備は、詔を下して李厳に権限を授ける考えを示し、黄権とともに兵士25万と兵糧150万石を年内にそろえるよう命ずる。

(07)李厳邸

李厳が李豊(りほう)に、劉備の前で呉の討伐に賛同したことを話す。

前の第76話(10)ではセリフがなかったためか字幕での紹介もなかったが、このシーンではあった。やはり李厳の息子の李豊だった。

(08)丞相府

馬謖(ばしょく)が諸葛亮に、劉備が李厳らの上奏を容れ、6割の課税と3人に1人の徴兵に同意したことを伝える。

(09)閬中 張飛の軍営

張飛が、命令を果たせなかった范疆(はんきょう)と張達(ちょうたつ)を鞭(むち)打ち200回の刑に処す。

この時の命令とは、5日以内に3万の白旗と白衣をそろえる、というものだった。

鞭打ちが終わると張飛はふたりに改めて3日の猶予を与え、3万の白旗と白衣をそろえるよう厳命する。

ここで張飛の幕舎に入ってきた范疆と張達が、張飛のことを「大将軍(だいしょうぐん)」と呼んでいた。

その夜、范疆と張達は相談のうえ張飛の寝首を搔(か)く。

(10)成都宮

呉班(ごはん)が閬中から劉備のもとに駆けつけ、昨夜、范疆と張達が張飛を殺害し、その首級を持って呉に降ったことを伝える。これを聞いた劉備は倒れてしまう。

(11)建業

孫権が張飛の首を持ってきた范疆と張達を投獄。そして、成都の周囲に偵察兵を送り込むよう命ずる。

ここで范疆と張達が孫権のことを呉王と呼んでいた。

(12)成都宮

劉備と文武百官が張飛を弔う。

ここで張飛の位牌が出てきたが上部の左側の3文字は読み取れなかった。右側には「漢(かん)」とあるようだ。

この件について、FC2ブログ時代(2011年3月~2015年4月)に藝蘭急行さんからコメント欄でご助言を頂いた。ここは「西郷侯」となっているとのこと。どうもありがとうございます。

管理人「かぶらがわ」より

関羽に続く張飛の死。正史『三国志』にもあるので仕方ないのですが、ここまでの活躍からするとあまりにもあっけない最期でした。

ですが、これは范疆と張達だけが悪いわけじゃないですよ。張飛の態度にも非があったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (6) 天下三分
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました