ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察 第47話 「智略で南郡を取る(ちりゃくでなんぐんをとる)」

曹仁(そうじん)の計にはまり、南郡攻めで不意打ちを食らった周瑜(しゅうゆ)は、自身も毒矢を受けて落馬する。

劉備(りゅうび)は諸葛亮(しょかつりょう)の計に従い、曹仁が城を出て周瑜の陣を攻めている隙を突き、趙雲(ちょううん)に南郡の奪取を命じた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第47話の展開とポイント

(01)南郡(なんぐん)

曹仁(そうじん)らが南郡城を出て行ったあと、周瑜(しゅうゆ)らが入城する。

しかし城内には曹操軍(そうそうぐん)の兵士が潜んでおり、周瑜は不意打ちを食らう。その際、周瑜は矢を受けて落馬する。

(02)周瑜の軍営

周瑜の受けた矢に猛毒が塗られていたことがわかる。

ここで程普(ていふ)が周瑜に尋ねられ「(先の南郡の敗戦で失った兵は)5千ほどかと思われる」と答えていた。

(03)油江口(ゆこうこう) 劉備(りゅうび)の砦

劉備のもとに、曹仁が負けを装い呉軍(ごぐん)を南郡の城内に誘い込み、撃破したとの報告が届く。また周瑜が矢傷を負い、重篤で床に伏せっているとも伝えられる。

この時点で孫権(そんけん)の軍勢を呉軍と呼ぶのは、やはり違和感がある。仮に孫権が呉侯だったとしても、たかだか一県侯にすぎない。確かに呉侯国という国はあるわけだが、その軍勢を呉軍と称するのは、孫権が呉王に封ぜられるあたりまで待ったほうがよかったと思う。

(04)周瑜の軍営

曹仁が軍勢をひきいて軍営の前に現れ周瑜を罵る。周瑜は矢傷を押して陣頭に立つが、吐血して落馬。ここで周瑜は程普らに命じ、そのまま自身の死を装う。

(05)油江口 劉備の砦

劉備のもとに、周瑜がケガを押して戦(いくさ)に立ち、亡くなったとの知らせが届く。しかし、諸葛亮(しょかつりょう)は周瑜の芝居であることを見抜く。

諸葛亮は劉備に、南郡城の東に軽騎兵の部隊を送り、曹仁が城を離れた隙に奪い取るよう勧める。劉備は「仁義にもとる」と難色を示すが、最終的には諸葛亮に一任した。

(06)周瑜の軍営

曹仁が夜襲を仕掛けたものの、周瑜が生きているのを見て撤退する。

(07)南郡

周瑜が軍勢をひきいて到着したところ、すでに城には趙雲(ちょううん)が入っていた。これを見た周瑜は再び吐血して落馬し、みなに軍営に戻るよう命ずる。

(08)周瑜の軍営

程普が周瑜から状況を尋ねられ、自軍が曹仁と戦っている隙に諸葛亮が趙雲を遣わし、自ら兵馬をひきいて南郡を攻め取ったこと。

諸葛亮は陳矯(ちんきょう)を生け捕りにして曹仁の兵符を奪い、加勢の兵を集め、関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)にもそれぞれ別の城を奪わせたこと。

これにより南郡を始めとする荊州(けいしゅう)の3つの城が劉備の手中に落ちたことを伝える。

周瑜は吐血しながらも荊州の奪還を誓い、程普に命じて孫権に3万の援軍を求めるよう手配させる。

(09)襄陽(じょうよう)

劉備が襄陽へ入城する。

ここで劉備が張飛に「10万もの兵を擁する呉にとっては、わずか2万の兵しかおらぬわれらは敵ですらない」と言っていた。劉琦(りゅうき)の軍勢5万と江夏城(こうかじょう)はどうなったのだろうか? この分は自軍の勘定に入っていないのか?

(10)許都(きょと)

曹操のもとに、周瑜に大敗を喫した曹仁から処罰を乞う書簡が届く。だが曹操は罪を問うどころか、わずかな兵力で孫劉と渡り合った曹仁の戦いぶりを称える。

(11)柴桑(さいそう)

孫権のもとに周瑜から援軍を求める書状が届く。

孫権は状況を分析して荊州の奪還を先延ばしにし、ひとまず周瑜を撤退させたいと考える。その一方、周瑜が命令に従わない可能性を危惧する。

魯粛(ろしゅく)は孫権に、周瑜から兵符を取り上げ、江東(こうとう)で静養させるよう進言。しかし、孫権は周瑜から兵符を取り上げることに反対する。

そこで魯粛は孫権に、周瑜が撤退せざるを得ない一計があると進言する。

管理人「かぶらがわ」より

劉備、地盤を得る、だった第47話。それも一挙に荊州の三城ですよ。

周瑜は激高しすぎだとは思いますけど、それだけ諸葛亮が彼のイラ立つところばかりを突いている、ということなのでしょうね。
ドラマ『三国志 Three Kingdoms』の考察(全95話タイトル一覧)
『三国志 Three Kingdoms』の全95話のタイトル一覧です。各話のタイトルから1話ごとの考察記事へ飛べます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Three Kingdoms (4) 荊州争奪
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました