Three Kingdoms(3) 赤壁大戦

『三国志 Three Kingdoms』の考察 第37話「儒者たちとの舌戦(じゅしゃたちとのぜっせん)」

現状を打破すべく諸葛亮(しょかつりょう)は自ら江東(こうとう)へ乗り込み、劉備(りゅうび)と孫権(そんけん)の同盟関係を築こうとする。

ところが孫権配下の重臣たちの間では、曹操(そうそう)との戦を避けるべきだという意見が大勢を占めていた。

スポンサーリンク

第37話の展開とポイント

(01)西暦208年 江夏(こうか)

孫権(そんけん)配下の魯粛(ろしゅく)が劉表(りゅうひょう)の弔問と称しやってくる。

ここで魯粛に会う前、諸葛亮(しょかつりょう)が劉備(りゅうび)に、自ら江東(こうとう)へ赴いて孫権を説得する考えを示していた。

「この長江(ちょうこう)において、かつてない激しい戦(いくさ)を引き起こすのです」と。まぁこれはいいとして――。「孫権が勝てば、それに乗じ荊州(けいしゅう)を取り、曹操(そうそう)が勝てば江東を奪う。さすれば覇業を成せるでしょう」とも。

ちょっと待った! 孫権が勝った場合に荊州を取るのはともかく、曹操が勝った場合に劉備が江東を奪うのは難しいでしょ? 出廬を決めたときに語ったプランともまったく違うし……。

劉備は劉琦(りゅうき)と諸葛亮を伴い魯粛と会談する。魯粛は劉備に江東と手を組むよう勧め、これに応じて諸葛亮が江東行きを願い出、劉備の許しを得る。

この会談の中で諸葛亮が魯粛に「蒼梧(そうご)の太守(たいしゅ)と主君は旧知の仲。やむを得ぬ場合は蒼梧に参ります」と話していた。

(02)襄陽(じょうよう) 曹操の軍営

曹操がみなを集め、三月(みつき)軍を休ませて春の到来を待ってから100万の兵をひきいて長江を進み、孫権と劉備を討つことを宣言する。

この場で曹操は蔡瑁(さいぼう)に三月与えると言い、40万の水軍を調練するとともに8千の軍船を造るよう伝える。そして、5月10日にすべての水軍をひきいて洞庭湖(どうていこ)を出て、赤壁(せきへき)へ行くよう命ずる。

このあたりの曹操の発言からは、この時点で何月を想定しているのかよくわからず。

また、曹操は程昱(ていいく)に、自ら考えた孫権あての檄を書き取らせる。そして、この檄文を3千部書き写して竹筒に入れ、長江へ流すよう命ずる。

(03)長江

魯粛と諸葛亮が船中で語り合っていたところ、兵士が曹操の檄文を拾い上げて届ける。

ここで魯粛が曹操の檄文を読み上げるシーンがあった。どうやらこの檄文は紙に書かれているようだ。特殊加工をした紙という設定なのかもしれないが、ここは竹簡か布に書かれていたことにしたほうがよかったのでは?

(04)江東

魯粛と諸葛亮を乗せた船が到着する。

(05)柴桑(さいそう)

張昭(ちょうしょう)が孫権に、曹操との戦を避け朝廷に帰順するよう進言する。

ここでの張昭の進言の中に、こういうフレーズがあった。「江東の兵馬は、歩兵・水軍合わせても10万に足りず、われら江東52年の歩みの中で、兵士たちが戦った最も大きな戦は唯一、荊州の劉表との一戦なれど、決着はついておりません……」

「江東52年の歩み」って何だ? 孫家が江東を治めるようになってから、まだそれほどの年月は経っていないはずだが……。

張昭らが退出したあと魯粛は孫権に、曹操が許都(きょと)で編んだ黄金の鳥かご(朝廷を意味している)のたとえ話を持ち出し、曹操に降ってはならないと進言する。

その翌日、諸葛亮が孫権配下の重臣たちと舌戦を繰り広げ、次々に論破していく。1人目は張昭、2人目は虞翻(ぐほん)、3人目は顧雍(こよう)、4人目は姓名不詳。ここで黄蓋(こうがい)が現れ、諸葛亮を孫権のところへ案内する。

1人目に設定された関係かもしれないが、張昭が末席に座っていた。奥のほうから立ち上がり、諸葛亮を出迎える形にしても問題はなかったと思うのだが……。

孫権が諸葛亮と会談。この席で諸葛亮は孫権に、魯粛からたびたび注意されていたにもかかわらず、曹操の兵力は100万余りだと述べる。孫権は諸葛亮の無礼な発言を聞き席を立つ。

ここで孫権から意見を求められた諸葛亮が「10年前、董卓(とうたく)は天下を乱し、諸侯が台頭して参りました……」と話していた。董卓の死は192年のこと。このときは208年だろうから、10年前としてしまうと話が合わない。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

劉備と孫権をまとめて屠(ほふ)ろうとする曹操。いいタイミングで魯粛が来たので自ら江東へと乗り込む諸葛亮。

舌戦のシーンは誰だかわからない人物も発言していました。多くの登場人物が出てくるシーンでは何とか工夫して、できるだけ姓名の字幕を付けてほしかったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました