(8) 図南の巻

(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第209話 「遼来々(りょうらいらい)」

魏(ぎ)の皖城(かんじょう)を攻略した孫権(そんけん)は、余勢を駆って合淝(がっぴ。合肥)へ迫る。曹操(そうそう)はこの要地を張遼(ちょうりょう)に任せ、さらに副将として楽進(がくしん)と李典(りてん)を付けていた。 勝ちに驕(おご)...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第208話 「剣と戟と楯(けんとほことたて)」

曹操(そうそう)の勢力が漢中(かんちゅう)まで進出してくると、劉備(りゅうび)は諸葛亮(しょかつりょう)の進言を容れ、伊籍(いせき)を孫権(そんけん)のもとへ遣わし荊州(けいしゅう)3郡の返還に正式に応じた。 孫権は併せて伝えられた劉...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第207話 「漢中併呑(かんちゅうへいどん)」

曹操(そうそう)は蜀(しょく)を手にした劉備(りゅうび)の動きを封ずるべく、まずは漢中の張魯(ちょうろ)攻めを決断する。 曹操は自ら大軍をひきいて遠征に臨み、策を用い陽平関(ようへいかん)を突破すると、敵方の楊松(ようしょう)を内応さ...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第206話 「冬葉啾々(とうようしゅうしゅう)」

先に「魏公(ぎこう)」に封ぜられていた曹操(そうそう)だったが、彼の追従者たちからは「魏王」に爵位を進めるべきだという声が上がる。 このことはすぐに実現を見なかったものの、いよいよ不安を募らせた献帝(けんてい)は、皇后(こうごう)の父...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第205話 「臨江亭会談(りんこうていかいだん)」

広大な蜀(しょく)の地を手にした劉備(りゅうび)に対し、孫権(そんけん)も当然のごとく荊州(けいしゅう)返還問題の決着を迫る。 使いを命じた諸葛瑾(しょかつきん)が戻り、劉備が荊州のうち3郡の返還を認めたとの報告を受けると、孫権は官吏...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第204話 「成都陥落(せいとかんらく)」

李恢(りかい)の説得に応じ劉備(りゅうび)に降ることを承諾した馬超(ばちょう)。さっそく従弟の馬岱(ばたい)とふたりで成都へ行き、漢中(かんちゅう)から援軍が来ない旨を伝えたうえで、劉璋(りゅうしょう)に降伏を促してみたいと願い出て許される...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第203話 「馬超と張飛(ばちょうとちょうひ)」

またも隴西(ろうせい)で曹操(そうそう)に敗れた馬超は、馬岱(ばたい)や龐徳(ほうとく。龐悳)らわずか6、7名で漢中(かんちゅう)へたどり着き、張魯(ちょうろ)のもとに身を寄せる。 ほどなく張魯の許しを得た馬超が、漢中の兵馬をひきいて...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第202話 「西涼ふたたび燃ゆ(せいりょうふたたびもゆ)」

213年、先に曹操(そうそう)に惨敗を喫し、いずこともなく落ち延びた馬超(ばちょう)が隴西(ろうせい)諸郡の攻略を進め、その勢いを盛り返しつつあった。 しかし、冀城(きじょう)で降って許された楊阜(ようふ)は、従兄弟の姜叙(きょうじょ...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第201話 「金雁橋(きんがんきょう)」

雒城(らくじょう)の守りは固く、劉備(りゅうび)らが攻めても陥ちる気配はない。やがて城内の劉璋軍(りゅうしょうぐん)が反撃に転ずると、不意を突かれた劉備軍は敗走。だが、荊州(けいしゅう)から張飛(ちょうひ)が合流したことで何とか劉備は命拾い...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第200話 「草を刈る(くさをかる)」

蜀(しょく)に入っていた劉備(りゅうび)の増援要請を受け、諸葛亮(しょかつりょう)の指示で巴郡(はぐん)を経由し雒城(らくじょう)へ向かうことになった張飛(ちょうひ)。 だが、巴郡を守る厳顔(げんがん)は世に聞こえた名将であり、張飛の...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第199話 「破軍星(はぐんせい)」

涪城(ふじょう)を出たあと劉備(りゅうび)とふた手に分かれ、雒城(らくじょう)を目指していた龐統(ほうとう)。彼が「落鳳坡(らくほうは)」で無念の戦死を遂げたころ、ちょうど荊州(けいしゅう)では七夕の祭りが行われていた。 劉備が遠征中...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第198話 「落鳳坡(らくほうは)」

涪城(ふじょう)の劉備(りゅうび)のもとに、荊州(けいしゅう)から諸葛亮(しょかつりょう)の書簡を携えてきた馬良(ばりょう)が着く。 諸葛亮に対する劉備の揺るがぬ信頼ぶりを目の当たりにした龐統(ほうとう)は複雑な感情を抱き、あえて速や...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第197話 「短髪壮士(たんぱつそうし)」

雒城(らくじょう)郊外で奪取した敵陣に黄忠(こうちゅう)と魏延(ぎえん)を置き、ひとまず涪城(ふじょう)へ戻る劉備(りゅうび)。涪城では龐統(ほうとう)が留守を預かっていた。 漢中(かんちゅう)の張魯軍(ちょうろぐん)が葭萌関(かぼう...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第196話 「魏延と黄忠(ぎえんとこうちゅう)」

涪城(ふじょう)に入った劉備(りゅうび)は続いて雒城(らくじょう)を狙う。雒城は涪城と成都(せいと)の間に位置する要害だった。 雒城から出撃した劉璋(りゅうしょう)配下の冷苞(れいほう)と鄧賢(とうけん)に対し、劉備側では魏延と黄忠が...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第195話 「酒中別人(しゅちゅうべつじん)」

劉備(りゅうび)は劉璋(りゅうしょう)との間に戦端を開き、首尾よく涪水関(ふすいかん)を攻略する。 城内では勝利の祝い酒が存分に振る舞われ、劉備も大酔。そして翌朝に目覚めると、劉備は起き抜けに龐統(ほうとう)から皮肉を言われ、思わず怒...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第194話 「上・中・下(じょう・ちゅう・げ)」

葭萌関(かぼうかん)の劉備(りゅうび)のもとに、曹操軍(そうそうぐん)が南下を開始したとの情報が入る。 そこで劉備は龐統(ほうとう)の進言を容れ、孫権(そんけん)に助力するためいったん荊州(けいしゅう)へ帰る旨の書簡を送り、劉璋(りゅ...
2020.07.08 0
(8) 図南の巻

吉川『三国志』の考察 第193話 「日輪(にちりん)」

劉備(りゅうび)に嫁いでいた妹が南徐(なんじょ)へ戻ってくると、いよいよ孫権(そんけん)は荊州(けいしゅう)を突こうとするが、そこに曹操(そうそう)の大軍が南下を開始したとの知らせが届く。 そして曹操と孫権は濡須(じゅしゅ)で対峙。今...
2020.07.08 0
タイトルとURLをコピーしました